代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

5徳のカップ

写真 2019-07-17 12 56 08.jpg

 

今週も水曜日です

 

しかし梅雨が長いですね

久しぶりの太陽が眩しい

 

その眩しい太陽が少し映り込んでいる

代官山店レジ前の棚よりお届けします

 

写真 2019-07-17 12 49 55.jpg

 

台所道具がひしめくこのエリア

 

毎日の料理に欠かせないもの

絶対に必要ではないけどあると便利なもの

 

大小さまざまなツールが並んでいます

 

写真 2019-07-17 12 52 03.jpg

 

中央右寄り

ふんわりと存在感を放つ金色のカップ

 

初めて見るのにそんな気がしない

理由は定かでないが懐かしさすら感じる

 

それがマッコリカップ

 

写真 2019-07-17 12 53 21.jpg

 

名前に一切の捻りなし

マッコリをぐいぐい呑むためのカップです

 

ブログを遡ると

http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20180131

 

昨年の1月にはもう入荷してきていました

 

淡々と売れていたのですが

近頃はどうやら、本来の使い方以外の用途でブレイク

 

Google先生にマッコリカップ、使い方と質問すると

 

 

写真 2019-07-17 14 18 42.jpg

 

マッコリではない様々が入った画像

 

登山のお供、山頂でのカフェブレイク

 

お料理の下ごしらえ

 

具を入れたカップを直火にかけ簡単おつまみにする猛者

 

 

写真 2019-07-17 13 03 54.jpg

 

直径、約12cm

深さだいたい5cm

 

卵を溶く

 

切った野菜を一旦入れる

 

ボウルを使う程じゃないけどちょっと何か混ぜる

 

書いていくとイメージ湧いてきます

 

朝のお弁当作りとかに最強なのでは

いえ、お弁当派でなくてもかなり便利なのでは

 

写真 2019-07-17 12 54 48.jpg

 

重ねられて

フックに引っ掛けてもおけます

 

本来はこちらで飲むべきものであるところのマッコリ

 

身体を温めてくれる

お腹を満たしてくれる

人間関係を円滑にする

仕事の活力になる

悪酔いしない

 

5つの徳を持つお酒だ、という説

 

発酵食品は健康にも良いですしね

 

そしてまた

マッコリカップにも5徳あり

 

マッコリを美味しく飲む

アウトドアに連れていく

調理の下ごしらえに

いえ、なんなら調理に

 

4つか・・

4徳でした

 

先日、焼肉屋さんへ行きまして

ちょうど飲んだのです

 

メニューに「瓶(かめ)マッコリ」とあり

飲みきれるかな??とお店の方に聞いたら

 

「お隣の方が飲まれているあれです!」

 

とこっそり言われてお隣のテーブルをチラ見

 

そこには確かに、壺というか瓶というか

まあそんな容器に入ったマッコリがありました

 

こう、柄杓のようなものが入った姿で

それですくって飲むような感じで

 

同じものを頼んで待つこと暫し

「どうぞ〜」と運ばれてきたのは

 

写真 2019-07-13 20 01 37.jpg

 

YA.KA.N

 

ロックスター風に英字で書いちゃうよ

 

瓶、 瓶どこいった

柄杓は!!

 

だって瓶マッコリ、お隣と我々ぐらいしか飲んでないのですよ

 

そもそも瓶、足りてなくない?

 

瓶マッコリって打ち出すからには

もうちょい数あった方がよくなくない?

 

食器屋の悪いくせで

備品の発注数について思うなど

 

さておき

 

やかんになみなみ入ったマッコリは充分に美味しく

 

確かに身体を温め、お腹を満たし

人間関係も円滑にしてくれたのでした

 

さすが5徳!

 

てな感じで今週もそろそろ結びますが

4徳のマッコリカップもよろしくどうぞ

 

今週末にはいよいよ梅雨明けの気配

夏が来ますね

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

- comments(0) trackbacks(0)
鈍く光るは

写真 2019-07-10 14 05 09.jpg

 

こんにちは、今週も水曜日です

 

暫く雨もしくは曇天が続いていましたが

今日は少しだけ太陽が顔を出していました

 

梅雨明けはいつになるのでしょうね

 

今日は、久しぶりに入荷した月日工藝さんから

 

写真 2019-07-10 14 05 51.jpg

 

真鍮のティースプーン ¥2400

 

細く繊細な柄の先に

まんまるの月の様なフォルム

 

この丸い部分の名前ってご存知ですか?

つぼ、と呼ばれているそうです

 

写真 2019-07-10 14 08 41.jpg

 

これがつぼである

ピンは合っていない

 

吾輩は猫である風にどうぞ

 

この鈍い金色

 

打ち付けてある凹凸感

 

見れば見るほど月ではないですか

 

写真 2019-07-10 14 07 23.jpg

 

こちら裏側

 

疲れたの?よしよし..と

そっと肩に、いやつぼに手を掛けたくなる愛おしさ

 

このスプーンはとても華奢なのですが

何かとてもどっしりとした、芯の強さみたいなものを感じるんです

 

ちなみに、ティースプーンですが

柄の細さを活かしてマドラーのようにも使っても

 

写真 2019-07-10 14 03 42.jpg

 

硝子と真鍮の組み合わせは

どこか夏っぽいような気がして好きです

 

シュワ―ッとした飲み物をクイっとね

氷をカランカランと混ぜたりしながら

 

このティースプーンの他に

実はきちんとマドラーもあるのですが

それはまた今度ご紹介します

 

他にも、手仕事の細やかさを感じられる楊枝や

トレーなどもあります

 

あ!

写真 2019-07-10 16 05 05.jpg

これも入荷していました

 

コーヒーフィルターホルダー

お久しぶりです

 

コーヒーも好きだ、真鍮もっと好きだ!な方に

 

真鍮の良さのひとつに経年変化がありますが

使い続けている中で鈍く光るようになってきます

 

パッと見て金色ではなくなってきた頃

その静かさがとても美しいなと私は思っています

 

ちなみに、湿気や塩分により表面が青緑っぽくなることがありますが無害です

 

気になる時は歯磨き粉やクレンザーを

柔らかい布に少量つけて磨くと元の輝きに戻ります

 

雨が続くことですし

家にある真鍮を磨いたりするのもいいですね

 

使い込んで深い色になっていたものが

鮮やかに光るのを見るのもまた良し

 

梅雨明けまであと少し

もう暫くは雨を楽しみましょう

 

それではまた来週!

プレスかとう

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
半夏生ず

写真 2019-07-02 12 16 29.jpg

 

旧暦の七十二候で言うところの「半夏生ず」

 

読み方はハンゲショウズ

 

ちょうど今ぐらい

7月の初めの頃をこう呼ぶのだそうで

 

夏至 末候 半夏生ず

 

この頃までに田植えを終わらせなければ

半夏半作といって秋の収穫が半分になるぞ、と

 

田植えを終わらせる目安にしていたそうです

 

お米は勿論好きなのですが

湿度が高くなると、同じ曲線で上昇するのが麺類欲

 

麺類欲、ってなんか大げさですかね

 

写真 2019-07-02 12 15 41.jpg

こちらは先日の昼食

 

みょうが(野菜室にあった)

わかめ(水で戻した)

なめこ(味噌汁にしようとしていたが暑くて作らなかった)

じゃこ天(お酒のアテにしようとしていたのを焼いた)

ねぎ(刻んだ)

ごま(常備)

 

何もないなぁと思いながら作りはじめましたが

あれこれのせてみたら良い感じに

 

写真 2019-07-02 12 19 45.jpg

 

混ぜて食べると、そこには夏がありました

 

当たり前なんですが

お蕎麦って和陶器と合う

 

素麺はガラスに盛りたいけれど

蕎麦ならきりっと白や青の器を使いたい

 

写真 2019-07-03 13 24 22.jpg

 

少したわんだ形のサラダボウル

 

野菜は勿論ですが

これに蕎麦を入れてみたい

 

二人前の麺を茹でてどさっと盛って

薬味をじゃんじゃん入れて食べる時とかに

 

写真 2019-07-03 13 25 40.jpg

 

横顔が美

 

佇まいが涼し気であるのも重要

 

 

写真 2019-07-03 13 26 07.jpg

 

フチの鉄錆が効いています

 

薄茶色の十割蕎麦、もしくは

蕎麦サラダも可

 

写真 2019-07-03 13 30 05.jpg

 

蕎麦猪口なら

 

古染に金継ぎのようなあしらいのこれ

 

持つと少し重さのある

それでいて小さめな

 

見た目にも重厚感のあるものが気分です

 

蕎麦屋での一杯がどうにも好きなので

家で食べる蕎麦タイムにもその気分を味わいたく

 

写真 2019-07-03 13 27 36.jpg

 

最近入荷してきていたこちら

 

これに、板わさを数切れ

もしくは出汁巻

 

御新香とわさび漬けでもいいや

 

写真 2019-07-03 13 27 47.jpg

 

味の濃いものをほんの少し

見た目にも鮮やかな感じに盛って

 

きりっと冷やした大吟醸でもあれば

 

 

 

(最&高)

 

 

 

(すぐにでも食べたい)

 

 

 

(お腹空いたな)

 

 

 

心の声と共にどんどん改行してしまった

 

今日も食べちゃおうかな

 

ヘルシーさ、喉越しの良さなど

お蕎麦の良さはいろいろあるのですが

 

身体にこもった余分な熱や湿気を取り

クールダウンさせる効果もあるので

梅雨時期の食事としてたいへん理にかなっている

 

写真 2019-07-03 13 36 43.jpg

 

そこに、ねぎや生姜、みょうがなど

薬味と言われる香り野菜を加えれば最強

 

実は冷えていることの多い梅雨時の身体を

温めることで水分の代謝を促し、むくみを解消してくれます

 

美味しく食べて、水はけのよい身体を心掛ける

 

体調を崩しがちな季節こそ

日々の小さな工夫の積み重ねが効いてくる

 

作るモチベーション

食べるエネルギー

 

ささやかに器で気分転換しながら

この過ごしにくい季節を楽しみましょう

 

それではまた来週!

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
えっちらおっちら

写真 2019-06-26 17 46 33.jpg

 

こんにちは

 

朝から暑くてびっくりしませんでした?

もう夏?

 

さて、少し前にふんわり告知していた企み

 

本日から代官山店、川崎店の両店舗にて

アーティフィシャルフラワーYocchima(ヨッチマ)の展開がスタートしています

 

 

写真 2019-06-26 17 50 07.jpg

 

これは川崎店

 

お店の広さを生かして

リースタイプだけでなく卓上に置けるタイプや

キャンドルホルダー等もラインナップ

 

写真 2019-06-26 17 50 07 (1).jpg

 

そのままギフトに出来るものもあります

1680円〜とちょっとした贈り物にぴったり

 

 

代官山店は、店内に少しづつ

 

写真 2019-06-26 17 44 53.jpg

 

ユーカリのスワッグタイプ

涼し気で良い感じ

 

玄関とか、ドアの前に付けるの程よいサイズ

 

写真 2019-06-26 17 43 04.jpg

 

例えば

 

お手洗いと浴室が似たようなドアだったりすると

来客の時にわかりにくい

 

そういう時に「お花の飾ってあるほう」とか言えると便利

 

製作者の方に伺って「なるほど!」と思った使用例でした

 

アーティフィシャルフラワーについては

先日の投稿でも少し書いていますが

 

良さをひとことでいうならば?と尋ねたところ

 

「お手入れいらず、どこにでも飾れる」とのこと

 

このどこにでも飾れるっていうのがポイントで

 

例えばお見舞いに行く時

 

生花だと、花瓶はあるかな?

水換えるの大変かな?とかあるじゃないですか

 

水の無い場所でも飾れるのとても便利

 

写真 2019-06-26 17 39 40.jpg

 

ちなみに、Yocchima(ヨッチマ)とは

製作者の方の小さな頃の呼び名だそうです

 

ヨ、にアクセント

 

発音的に近いのは

えっちらおっちら、のえっちらですかね

 

小さな頃って不思議な呼び名が存在しますよね

名前の一部が独自進化を遂げたような

 

ちなみに、私の幼少の友「くみこ」は

 

くみこちゃん→くみこたん→みこたん→タンタン

と最終的に元の名前を完全に失った形で、今もタンタンと呼ばれています

 

すっかり大人になってしまった今でも

地元での呼び名って幼い頃のままだったりしますね

 

ちょいとノスタルジー

うれし恥ずかしー

 

そんな感じで

 

yocchima さんの作品はこちらかも見れますYO

https://www.instagram.com/yocchima2019/

 

よろしくどうぞ

 

それではまた来週!

プレスかとう

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
それでも緑が好き

写真 2019-06-19 14 38 59.jpg

 

梅雨の晴れ間

雨の後には木々が艶々と

 

植物にとっては過ごしやすい季節なのでしょう

 

紫陽花も見ごろを迎えて

鮮やかな紫はこの季節ならではの美しさです

 

さてさて

 

写真 2019-06-19 14 35 49.jpg

植物といえば、の最近の人気者

 

ガーデニングや日々の花生けに重宝しそうな鋏です

 

写真 2019-06-19 14 46 47.jpg

ステンレスに真鍮メッキ

 

手にすると程ほどに重い

 

この重さが割と大切だったりしませんか?

力を込めやすいというのか

 

枝を切る時に手元が跳ねないの大切です

 

あと持ち手のカーブが美

 

写真 2019-06-19 14 36 48.jpg

 

フォルムは普遍的なのに

鈍く光る金色であるというだけで

印象がだいぶモダンになる

 

入口付近でも存在感を放っております

 

写真 2019-06-19 14 40 54.jpg

 

 

華道で使う鋏には

つる手、わらび手なんてありますが

 

家で使うとき大切なのは、手馴染みと使いやすさ

あとは気分が上がるか否かでしょうか

 

ちらみにこれはつる手の方です

写真 2019-06-19 14 36 23.jpg

 

並んだ姿はどことなくあれを連想しますね

 

プレッツェル

 

美味しいですけど

食べすぎるとけっこう塩気の強めな

 

そこも好きですけれど

ええ、お腹なら空いていますが話を戻します

 

部屋に花を飾ると生活空間が華やぐ、というほかに

 

毎日水を替えて少しづつ切り戻し

バランスを整える楽しさもあります

 

頂いた花束だったり

自分で選んできた数本の花も

 

短くなって組み直すとまた違う見え方になったりして

 

写真 2019-05-30 9 09 48.jpg

 

少し前に、こんな鮮やかな花束を頂きました

 

「自分ではきっとピンクを選ばないでしょうから」と

 

贈り物は、その人に似合いそうな物

好きな物を贈りたいと考えていますが

 

花だけはそれを裏切ってもいいものだなぁなんて

 

こうして行儀悪く床に広げながら

毎朝束ね直しては、あぁ綺麗な色だと

 

その数日、その少しの時間ではあっても

やはり花って素晴らしいと思うに充分だったのでした

 

やっぱり花が好き

植物が好き

 

なのでこうした植物周りの道具も

やっぱり楽しいなあと思う6月の水曜日です

 

それではまた来週!

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
we are what we eat

写真 2019-06-11 19 07 56.jpg

 

梅雨です

ここ数日は少し肌寒いですね

 

昨日、久しぶりに土鍋で玄米を炊きまして

 

最近はあまり家でお米を食べないので

炊き方を忘れたんではと思いましたが平気でした

 

玄米はとにかく吸水が命

欲をいうと丸一日くらい水につけておきたいところ

 

土鍋玄米派のみなさま

蓋を開けた時にこのぷつぷつとした穴を見るとほっとしませんか?

 

写真 2019-06-11 19 08 28.jpg

 

ちなみに、2合の玄米に600ccの水

弱火で45分、そのまま蒸らして20分

 

と、2行で完結する方法で炊いています

 

突撃かとうの晩ごはん

 

写真 2019-06-11 19 22 09.jpg

せりのナムルと出汁巻

せせりとズッキーニを焼いて

 

玄米ごはん、ミョウガとあおさの味噌汁

梅干しとちりめん山椒

 

タイトルにも書きましたが

 

we are what we eat

私たちは食べたもので出来ている

 

シンプルで分かりやすく

そして的確な言葉だなと思います

 

きちんとした食事をしているだけで

だいたいのことは上手くいく

 

サプリをいくら飲んでも

機能的な化粧品をいくら肌に与えても

健康である、ということには敵わない

 

きちんと食べていれば、それでオッケー

と私の中のローラも言っています

 

写真 2019-06-12 13 06 20.jpg

 

急に宣伝ぽくなってすみません

 

昨日、ちりめんじゃこを取り分ける時

このスパイススプーンの良さを改めて感じまして

 

写真 2019-06-12 13 07 36.jpg

 

愛する小さきものシリーズ

 

改めて便利なんです

食卓QOLがかなり向上する

 

写真 2019-06-01 18 14 24.jpg

 

少し前に、家に人が集まった時

蒸し豚を作ったのですが

 

柚子胡椒や粒マスタードなど

練状の薬味をちょんちょん、と載せるのに

 

これ以上の適役はないだろうオブザワールド

 

ちなみに

 

〜オブザワールドは

ごく近しい人との間だけで流行っていまして

 

何でもない言葉尻につけるだけで

ちょっとだけ人をイラっとさせる不思議

 

写真 2019-06-12 13 35 13.jpg

そんな便利オブザワールドのスパイススプーン

 

長さは約8cm

Bicライターより少しだけ背が高いです

 

それではまた来週!

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
夏へのたくらみ

写真 2019-06-05 12 53 03.jpg

 

入梅の候

はっきりとしないお天気が続きます

 

湿度は苦手なものの

 

暑くもなく寒くもなく

湿度のおかげで肌も潤うこの季節が割と好きかもしれない

 

さて本日はお店にて楽しい打ち合わせ

 

写真 2019-06-05 14 27 14.jpg

 

ちらっ

 

久しぶりのあの方です

YPKさん

 

なんかメモ取ってる

 

写真 2019-06-05 14 27 36.jpg

 

今度は電卓叩いてる

 

さて何の企みでしょう

 

写真 2019-06-05 12 53 27.jpg

じゃん

 

これは、アーティフィシャルフラワーといいます

 

YPKさんは長らくこのお花に纏わる仕事をしたのち

今年から個人で製作活動をスタート

 

アーティ、アー、アーティフィ、、と

噛んでしまい最初は名前を言えなかった

アーティフィシャルフラワー

 

造花の一種で、特に精巧に造られたものを指します

 

生花のようなリアルさと

劣化しにくく、メンテナンスいらずで

 

じわりじわりと人気が高まっているのです

 

写真 2019-06-05 12 54 40.jpg

 

例えば

 

この季節、お部屋でも楽しみたい紫陽花

 

もこもこっとしたあのシルエットはとても魅力的なんですが

水揚げが難しく、高価なこともあってなかなかハードルが高い

 

加えて、切り花だと頭が重たくて大きな花瓶でないと支えきれない・・

 

そういう時はアーティフィシャルフラワーを

 

写真 2019-06-05 15 55 06.jpg

 

あとは、花を贈りたいけれど

形として残るものがあれば尚いいな、という時にも

 

その時その時、一瞬の美しさのある生花の良さ

持続性のある、長く穏やかに楽しめる造花の良さ

 

バランスよく、用途に応じて選べたら

それは素敵な事ではないかな、と

 

写真 2019-06-05 16 28 22.jpg

 

そんな思いから、夏に向けて新しい企てがスタート

 

生花が悪くなりやすくなる夏場は

実はアーティフィシャルフラワーの本領発揮な季節だそう

 

詳細は改めてお伝えしますが

代官山と川崎の両店でご紹介できそうです

 

カミングスーン

どうぞお楽しみに!

 

それではまた来週

プレスかとう

 

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
Thanks DADDY

写真 2019-05-29 12 56 16.jpg

 

母の日が終わればやってくる父の日

今年は6月16日ですよ

 

いつも直前になってしまうお薦めを

今年は少し早めにお届け

 

先週末は、急に夏のような気温に

 

「無理、絶対無−理ー!」となったのは

私だけではない筈なのですが

 

この蒸した空気の中で選ぶとつい

涼感重視になってしまう

 

加えて

 

グラス類は外さないという

これまでの記憶があるのですが

 

もしかすると

自分の父がお酒好きだからかもしれません

 

今年のリコメンドいくつか

 

写真 2019-05-29 12 54 37.jpg

えくぼグラス 

L 1944円 S 1620 円

 

丸みがあるけれど

どこか男性的でもあります

 

写真 2019-05-29 12 55 19.jpg

 

ランダムな気泡と

 

ちょうど指が当たる所の「えくぼ」がチャームポイント

 

Sサイズは、少し大きめの酒グラスに

Lサイズはロックカップかな

 

次はこちら

 

写真 2019-05-29 12 54 23.jpg

 

以前、そば猪口をご紹介していた

オパールグラス 

 

今年はタンブラーもあります

 

これはぜひ麦茶とかビールとか

色の濃いものを注いでみてほしい

 

くっきりと柄が浮かび上がります

 

写真 2019-05-29 12 59 20.jpg

 

このオパールガラスは

明治・大正時代頃に盛んに使われた技法

 

骨灰という特殊な原料を加えたガラスに

急速な温度変化を与えると、このような発色になります

 

懐かしのかき氷カップは

この技法が使われた代表格だったり

 

骨董屋さんなんかでたまに見かけますよね

 

少しレトロ

どこかノスタルジーがある

 

懐かしい!という声を聞けるかもしれません

 

写真 2019-05-29 13 00 22.jpg

 

最後はちょっと変わり種を

 

乾隆ガラス

けんりゅうと読みます

 

広義に中国の清時代のガラスを指すようですが

特に乾隆時代に優れた物が多く作られました

 

高い手技を必要とすることから

今では手掛ける工房も僅かだそうで

 

写真 2019-05-29 12 53 36.jpg

 

駆け抜けている馬は

エナメルのような質感で浮かび上がり

 

背後の草原を思わせる部分は擦りガラスのよう

 

層を重ね、モチーフを削り出す

エッチングの様な技法で作られています

 

写真 2019-05-29 12 55 52.jpg

 

ぐるぐると馬が駆け巡っている

 

走馬灯..?

これは馬好きの父へ贈り物候補

 

ちなみに

 

金魚柄は背景が水藻風で

海の生物は流れるような水の動きが

 

背面のテクスチャーもそれぞれ違うんです

細部まで作り込んである

 

遥かな地の伝統工芸品をお父様へ

 

このシリーズは5400円〜と

決してお安くは無いのですが

手に取ればムムムと納得で出来るのではと

 

写真 2019-05-29 13 43 33.jpg

 

こちら店主の飼い金魚

名前は金太郎

 

そんな店主のお気に入りはもちろん金魚柄だそうです

 

写真 2019-05-29 13 01 52.jpg

 

今日、ふと外を見たら

お客様に写真を撮られていた看板

 

最近こまめに書き換えられております

 

こちらもご注目を

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

- comments(0) trackbacks(0)
5月を健やかに過ごす3つのハック

写真 2019-05-22 10 01 16.jpg

 

5月も後半

 

大きな連休も終わって

日常が戻ってきた所でしょうか

 

4月から新しい生活が始まった人に限らず

なんとなく疲れが出やすい今日この頃

 

朝、だるいなーという時

 

ミネラルウォーターに

新鮮なレモンをこれでもか!と絞って

 

写真 2019-05-22 10 02 18.jpg

今朝のレモン水

 

なぜ急に画像が正方形に?

自分にもわかりません

 

疲労にも色々な種類があるので

一概には言えないのですが

 

食べること、そしてお酒も好きで(私です)

特に思い当たるフシはないけれどだるいな〜という場合

肝臓が疲れていることが多いそうです

 

肝機能の回復や、体内をアルカリに保つなど

レモンの効能に若干の期待をしつつ

 

単純にシャキッとして気分がいい

というのが一番の理由だったりもするのですが

 

フレッシュなレモンの香りで目を覚まし

ついでに肝臓も元気に

 

柑橘の香りは、憂鬱を吹き飛ばしてくれる効果もありますし

 

写真 2019-05-22 13 22 19.jpg

 

水分を補給したら

しばしの深呼吸タイムを

 

巷は瞑想ブーム

 

マインドフルネスという言葉も

随分と市民権を得ましたよね

 

ピラティスを始めて4年になりますが

一番役に立っているのは呼吸法だったり

 

まず身体の中の空気を全部出し切るように吐く

 

ぎゅっと力の入った横隔膜の力をふぅ...と抜くと

自然に肺へ空気が入ってくる

 

呼吸が深くなるだけで余計な力が抜けて

いくばくか身体も軽くなるような

 

写真 2019-05-22 13 31 10.jpg

アロマレコルトのソリッドパフューム

 

お薦めの香りはHerbal

パチューリ、ローズマリー、レモングラス

 

手首に軽く擦り込み

香りを吸い込むように深呼吸をするとあら不思議

 

奥さん、なんだか気分が整うじゃないの

 

(志の輔師匠風に読んでね)

 

パチューリは、グラウンディング

気持ちをどっしりと落ち着かせてくれる効果が

 

ローズマリーは、交感神経のスイッチ

さてやるか!という気分にしてくれます

 

レモングラスは、リフレッシュ

眠気を覚まして明るく

 

朝にぴったりなブレンド

 

このソリットパフューム

全成分が天然の植物由来なのも嬉しい

 

さて気分が整ったら

 

写真 2019-05-22 9 26 32.jpg

 

温かいスープで朝食を

 

と言っても

 

冷蔵庫にあった人参をピーラーで薄く剥いて

しめじとえのきを入れて

 

茹でた豆にトマトピューレ、コンソメで整えただけの

なんちゃってミネストローネです

 

ポイントは豆

 

写真 2019-05-22 9 26 39.jpg

 

豆です

豆食べてたらなんとかなる

 

あと茹でた卵いれると最高

半熟で願います

 

ルーチンだったパンとコーヒーから

ちょっと気分を変えて

 

温かいスープでエンジンをかけたら

なんとなく今日はいい感じになりそうだな、なんて思う

 

かとうのハックは、レモン、深呼吸、豆

2つが食べ物なあたりに本質が出ますね

みなさんのハックはなんでしょう

 

これやっといたらなんだか健やか〜

みたいなコツが2つ3つあるだけでも

ちょっと気持ちが楽になりませんか

 

5月もあと少し

 

小さく気分転換しながら乗り切りましょう

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
今年のかご

写真 2019-05-15 14 42 42.jpg

 

毎度おなじみの風景

 

初夏の風に乗って

今年もカゴのシーズンが始まります

 

しかしあれですよ

 

寒くもなく暑すぎもせず

風の通り抜けるこの季節の尊さよ

 

写真 2019-05-15 14 00 58.jpg

 

お向かいの庭にも可憐な花が咲いています

 

許されるならば

日がな一日こうして花を眺めていたい

 

花の匂いを胸いっぱい吸い込んで昼寝でもしていたい

 

もちろん許されるわけもないのでブログ書きます

 

写真 2019-05-15 13 58 13.jpg

 

今年のかごは、いつもよりも

「BAG然」としているの多め

 

持ち手が丸いタイプとか

浴衣などにも合いそうな四角い形や

 

どちらも個人的なお気に入りですが

縦長に丸いハンドルって、ちょっと新鮮ではないでしょうか

 

浴衣ではないのですが

 

今日お買い物にいらしたお客様が

淡い黄色の着物に、透けるグリーンの絽の羽織をお召しでした

 

素敵ですねと声を掛けたら

 

「本当はもう少し先に着るべきなんだけどねぇ」

 

と前置きしてから

 

「今日のお天気にはいいかな?と思って!」とウインク

 

好きになってしまうのでやめて下さい!!と心で叫びましたね

 

着物の世界には素材や織り、柄など

季節ごとに決まりがありますよね

 

けれど、確かに今日のお天気に

黄色と重なったグリーンはとても綺麗でした

 

こういうのはきっと賛否両論あるでしょうし

バランスがとても難しいのだろうなと思いつつ

 

きりりとしたお客様の佇まいと洒落に

終始うっとりしていたのでした

 

話が逸れました

こちらも入荷

 

写真 2019-05-15 13 58 38.jpg

 

メキシコのお買い物かごであるところの

メルカドバッグ

 

ビニールなので、汚れてもすぐに拭けたり

アウトドアで海や山へ行くにも便利

 

写真 2019-05-15 13 59 23.jpg

 

お財布と携帯とポーチ入れて

ちょっとそこまで、みたいな時にも

 

というか

 

メルカドバッグよりも目が行ってしまう

派手なスニーカーで出勤したことを深く反省しています

 

先ほどのバッグの持ち手もですが

今年はなんとなく丸いフォルムが人気ですよね

 

写真 2019-05-15 14 53 56.jpg

 

イヤリングやピアスも

サークルモチーフが豊作

 

みんなまーるく生きたいのでしょうか

 

良いことだと思います

私もそうありたい

 

現在、夕方の18時

夕方になってもまだ外が明るい

 

あっという間に季節が変わりそうですが

新緑の薫るこの短くて鮮やかな時間を存分に

 

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

- comments(0) trackbacks(0)
| 1/45 | >>