代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

Holy Day Mood

写真 2019-11-13 12 06 00.jpg

 

気がつけば11月も半ば

 

2019年も残り50日を切ったのご存知でしょうか

私は先ほど数えてみて知りました。あと49日!

 

今日はお店の取材がありまして

 

ライターさん「アレゴリーさんはいつOPENされたんですか?」

 

私「ええと、、2009年の、、5月ですね」

 

 

ライターさん「ということは、、?」

 

 

私「、、、ということは、、、!

 

 

揃って「10周年、でしたねぇ」

 

 

と、すっかり10周年が記憶の彼方だったあなたも私も

2019年は平等にあと49日です

 

さて

 

お店にはホーリーなムードを携えて

クリスマスオーナメントが入荷してきました

 

写真 2019-11-13 12 04 00.jpg

 

 

星のガーランドや

 

 

写真 2019-11-13 12 07 34.jpg

 

 

シンプルなヒンメリタイプ

 

 

写真 2019-11-13 12 25 35.jpg

 

 

木と金属を組み合わせるとシック

 

 

写真 2019-11-13 12 04 34.jpg

 

Yocchimaさんのスワッグも冬らしいものに

 

オーナメントがあるだけで

いつものお店が随分華やかになりました

 

ツリーを置くほどではないけれど

部屋に少しクリスマスムードが欲しい、という時は

 

写真 2019-11-13 12 30 05.jpg

 

マグネットフックにオーナメントを1つどうぞ

 

これだけでもなかなか気分は出ます

あとはご自身の盛り上がりに比例して数を増やしてください

 

例えばこういうオーナメントや

花を飾るとかもそうなんですが

 

なくても全然困らないし

お腹が空いても腹の足しにはならないんだけど

 

季節を感じる何か1つ

視界にあるだけで日常は驚くほど潤います

 

潤うと思います

 

潤うんじゃないかな..

 

昨今、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)

生活の質の向上を、なんてよく耳にしますが

 

自分の手の届く範囲に

何かしらのごきげんを置いておくこと

 

小さくも楽しいムードを自分で作ること

 

そういうささやかな積み重ねの先に

今よりも少し良いと思える暮らしがあれば良いなと

 

写真 2019-11-13 12 46 13.jpg

 

前出のマグネットも然り

公共料金の支払い表を留める時

 

アルパカや鳥にちょっと和む

好きな真鍮の質感に触れて、いいじゃんと思う

 

そういう時間が、雑貨の尊さであるなと感じるのです

 

小さなホリデームード

暖かな時間のお供にどうぞ

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
壺のある食卓

写真 2019-10-16 13 12 52.jpg

 

今週も水曜日

 

東京は今日の朝、ぐっと気温が下がりましたね

気がつけば10月も半ばです

 

毎年この季節に思うのは

秋がどんどん短くなるなということ

 

気候の変化が著しいこの頃で

心のざわざわする事も多いですが

 

美味しくご飯を食べられることと

お店を元気に営業できる有難みを改めて感じつつ

今日も裏日誌を書いています

 

写真 2019-10-16 13 07 30.jpg

 

ひっそりとこっそりと

 

しかし息の長い人気を誇っている小さな壺に

これまたひっそりと新作が入荷しています

 

写真 2019-10-16 13 08 25.jpg

 

向かって右・・今までの平壺

向かって左・・新しい壺(少し丸い)

 

梅干しとか昆布の佃煮とかじゃことか

ご飯のおとも的なのを入れるのに丁度な大きさ

 

写真 2019-10-16 13 09 13.jpg

 

蓋の仕様も少し違いますね

 

この形状

初見から懐かしさの溢れる感覚ありませんか

 

しかもその懐かしさは

日本昔話レベルまで遡る

 

いやそこまで遡るともう知らないけど

 

冷蔵庫を開けた時にこの壺が見えると

安心感があるのは確かなんです

 

あとご飯を美味しくします感ががすごい

 

写真 2019-10-16 13 12 59.jpg

 

壺って、漢字も魅力的です

書くの地味に難しいですが

 

何がそんなに惹きつけるのか気になって

いつものWikipediaさんに尋ねたら

 

一般的に丸い袋状で、通常は器体に頸の部分を伴う開口部(口縁部)や注ぎ口を持ち、人間が一人で運搬可能な大きさの器のこと

 

とのこと

 

人間が1人で運搬可能

そんな定義が

 

壺を身近に感じる情報をありがとうございます

 

さて、秋も深まり

炊き立てご飯の美味しい季節

 

ご飯のお供の、そのまたお供に壺を

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
小皿豆皿

JUGEMテーマ:キッチン雑貨

写真 2019-08-28 13 05 05.jpg

 

今週も水曜日です

 

秋雨前線さまのおかげで随分と過ごしやすくなりました

みなさまいかがお過ごしでしょうか

 

最近の私は、クーラーをつけずに眠ることのできる喜びを噛みしめております

 

そろそろ台所仕事の楽しくなる秋が来ますね

 

さて、今日はこちら

 

写真 2019-08-28 12 21 01.jpg

 

奥の什器が売れたので新しいレイアウトになっている

和陶のコーナーからお届けします

 

近ごろですね

小皿・豆皿がとても充実しているのです

 

そうです

 

愛してやまない小さきもの

 

写真 2019-08-28 13 06 16.jpg

 

小さいのに高台のあるシリーズ

 

手前・これに少しだけもずく酢など入れると

自宅が料亭になったような気分を味わえたりします

 

ぜひお試しを

 

奥・以前から折に触れて提案している

皿on皿のような使い方にとても向いています

 

あと和菓子やマカロンを1つ、優雅に乗せると

それぞれが可愛さを引き立て合ってwinwinな関係になります

 

写真 2019-08-28 13 07 37.jpg

 

なんていうか

お供え物感もあるので

一五夜にはぜひ白玉をどうぞ

 

直径は約11.5cmです

 

食器棚になかったタイプのお皿ではないかと

 

写真 2019-08-28 12 29 53.jpg

 

小さき珍味入れ&ピッチャー

 

こちらもバリエーションが揃いまして

つい並べたくなります

 

小さいものって、単体でも可愛いのに

集まると威力が増すのがすごい

ミニモニ的な

 

写真 2019-08-28 12 32 14.jpg

 

酒盗、チャンジャ、梅水晶など

小さなお盆に3種くらいのせて

 

お酒飲みさんに

 

煮豆、梅干し、じゃこ山椒

 

これはお米好きの方に

 

小さく色々、は見た目の愉しさだけでなく

色々な栄養を偏らずに摂取できて健康的です

 

小皿豆皿

略してこまめ

 

別に略さなくてもいいか

 

お値段うれしい300円台から

プチギフトにもどうぞ

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
鈍く光るは

写真 2019-07-10 14 05 09.jpg

 

こんにちは、今週も水曜日です

 

暫く雨もしくは曇天が続いていましたが

今日は少しだけ太陽が顔を出していました

 

梅雨明けはいつになるのでしょうね

 

今日は、久しぶりに入荷した月日工藝さんから

 

写真 2019-07-10 14 05 51.jpg

 

真鍮のティースプーン ¥2400

 

細く繊細な柄の先に

まんまるの月の様なフォルム

 

この丸い部分の名前ってご存知ですか?

つぼ、と呼ばれているそうです

 

写真 2019-07-10 14 08 41.jpg

 

これがつぼである

ピンは合っていない

 

吾輩は猫である風にどうぞ

 

この鈍い金色

 

打ち付けてある凹凸感

 

見れば見るほど月ではないですか

 

写真 2019-07-10 14 07 23.jpg

 

こちら裏側

 

疲れたの?よしよし..と

そっと肩に、いやつぼに手を掛けたくなる愛おしさ

 

このスプーンはとても華奢なのですが

何かとてもどっしりとした、芯の強さみたいなものを感じるんです

 

ちなみに、ティースプーンですが

柄の細さを活かしてマドラーのようにも使っても

 

写真 2019-07-10 14 03 42.jpg

 

硝子と真鍮の組み合わせは

どこか夏っぽいような気がして好きです

 

シュワ―ッとした飲み物をクイっとね

氷をカランカランと混ぜたりしながら

 

このティースプーンの他に

実はきちんとマドラーもあるのですが

それはまた今度ご紹介します

 

他にも、手仕事の細やかさを感じられる楊枝や

トレーなどもあります

 

あ!

写真 2019-07-10 16 05 05.jpg

これも入荷していました

 

コーヒーフィルターホルダー

お久しぶりです

 

コーヒーも好きだ、真鍮もっと好きだ!な方に

 

真鍮の良さのひとつに経年変化がありますが

使い続けている中で鈍く光るようになってきます

 

パッと見て金色ではなくなってきた頃

その静かさがとても美しいなと私は思っています

 

ちなみに、湿気や塩分により表面が青緑っぽくなることがありますが無害です

 

気になる時は歯磨き粉やクレンザーを

柔らかい布に少量つけて磨くと元の輝きに戻ります

 

雨が続くことですし

家にある真鍮を磨いたりするのもいいですね

 

使い込んで深い色になっていたものが

鮮やかに光るのを見るのもまた良し

 

梅雨明けまであと少し

もう暫くは雨を楽しみましょう

 

それではまた来週!

プレスかとう

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
えっちらおっちら

写真 2019-06-26 17 46 33.jpg

 

こんにちは

 

朝から暑くてびっくりしませんでした?

もう夏?

 

さて、少し前にふんわり告知していた企み

 

本日から代官山店、川崎店の両店舗にて

アーティフィシャルフラワーYocchima(ヨッチマ)の展開がスタートしています

 

 

写真 2019-06-26 17 50 07.jpg

 

これは川崎店

 

お店の広さを生かして

リースタイプだけでなく卓上に置けるタイプや

キャンドルホルダー等もラインナップ

 

写真 2019-06-26 17 50 07 (1).jpg

 

そのままギフトに出来るものもあります

1680円〜とちょっとした贈り物にぴったり

 

 

代官山店は、店内に少しづつ

 

写真 2019-06-26 17 44 53.jpg

 

ユーカリのスワッグタイプ

涼し気で良い感じ

 

玄関とか、ドアの前に付けるの程よいサイズ

 

写真 2019-06-26 17 43 04.jpg

 

例えば

 

お手洗いと浴室が似たようなドアだったりすると

来客の時にわかりにくい

 

そういう時に「お花の飾ってあるほう」とか言えると便利

 

製作者の方に伺って「なるほど!」と思った使用例でした

 

アーティフィシャルフラワーについては

先日の投稿でも少し書いていますが

 

良さをひとことでいうならば?と尋ねたところ

 

「お手入れいらず、どこにでも飾れる」とのこと

 

このどこにでも飾れるっていうのがポイントで

 

例えばお見舞いに行く時

 

生花だと、花瓶はあるかな?

水換えるの大変かな?とかあるじゃないですか

 

水の無い場所でも飾れるのとても便利

 

写真 2019-06-26 17 39 40.jpg

 

ちなみに、Yocchima(ヨッチマ)とは

製作者の方の小さな頃の呼び名だそうです

 

ヨ、にアクセント

 

発音的に近いのは

えっちらおっちら、のえっちらですかね

 

小さな頃って不思議な呼び名が存在しますよね

名前の一部が独自進化を遂げたような

 

ちなみに、私の幼少の友「くみこ」は

 

くみこちゃん→くみこたん→みこたん→タンタン

と最終的に元の名前を完全に失った形で、今もタンタンと呼ばれています

 

すっかり大人になってしまった今でも

地元での呼び名って幼い頃のままだったりしますね

 

ちょいとノスタルジー

うれし恥ずかしー

 

そんな感じで

 

yocchima さんの作品はこちらかも見れますYO

https://www.instagram.com/yocchima2019/

 

よろしくどうぞ

 

それではまた来週!

プレスかとう

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
母の日2019

写真 2019-05-08 12 08 06.jpg

 

さて、間もなく令和最初の母の日

 

今年もまとめます

 

「直前でも大丈夫、Allegoryで選ぶ母の日ギフト」

 

NAVERさんがまとめてくれるといいんですが

自分でまとめますね

 

まずは個人的なお薦めを

 

写真 2019-05-08 12 06 09.jpg

 

ハンドクリームと、自然素材のスクラブ

 

栄養を与えることは大切

古い角質を取り除いてターンオーバーを促すのはもっと大切

 

という訳で、全身に使えるスクラブを一緒に

 

お風呂や夜の台所仕事を終えた後に

ささっと手の甲に湿布してくるくるマッサージを

良く流したらクリームで保湿

 

忙しい日々に、ほんの数分

自分を慈しむ時間をどうぞ

 

”今日くらいはお皿も僕が洗うよオプション”も

お付けすると喜ばれるのではないでしょうか

 

和ハッカとお砂糖など成分の99.8%が自然由来

某人気のヘアメイクさんもこれ、絶賛していました

 

ハンドクリームはホワイトムスクの香り

こちらもオリーブオイルや米発酵液配合のナチュラル処方

 

って、最初から飛ばしすぎて長いな

サクサク行きます

 

次は店主のお薦めから

(そこはサクサク行くなって突っ込まれそう)

 

写真 2019-05-08 14 56 39.jpg

1947年創業、ハニーウェアの

ごくシンプルなホーローミルクパン

 

日常でちょっと必要な時の小回り感が良いのだ!

 

と店主は申しておりました

 

写真 2019-05-08 14 39 12.jpg

 

カラバリも良い感じ

持ち手が少しずんぐりしてるのがまた持ちやすいんです

 

確かに、ミルクパンは

あると便利なパンNo1であると私も思う

 

3つ目、台所からもうひとつ

 

写真 2019-05-08 12 08 59.jpg

 

業務用の包丁研ぎ

 

3色に分かれている溝はそれぞれ

荒砥ぎ、中砥ぎ、仕上げ研ぎ

 

順を追って刃を通していくだけで

いつもの包丁の切れ味が増します

 

夏のトマトをスッパリと食べたいお父さんは

どうぞこれを献上して下さい

 

ファンタジーはいらない

欲しいのはリアルである!という母上にも

どうぞこれを奉納してください

 

4つ目

 

写真 2019-05-08 14 56 04.jpg

 

ボトルに木のスティックを挿すタイプのルームフレグランス

 

使い終わった後も花が残るので

そのままふんわり香りながら飾っておけます

 

カーネーションもいいけれどたまには違う物もなぁ

でもやっぱお花捨てがたいなぁ、という方はこちらどうぞ

 

写真 2019-05-08 14 55 36.jpg

色もシック

 

香りもカモミール&柚子とかシーソルト&ジャスミンとか

ちょっと捻りの効いた組み合わせ

 

香り繋がりで

 

写真 2019-05-08 12 05 33.jpg

 

シンプルなアロマディフューザーも良きかな

 

これはですね

まず小さいのがいい

 

手のひらにもスッと載るサイズ

あと余計な装飾がなく、軽い

 

エッセンシャルオイルのお薦めはゼラニウム

薔薇のような香りも持つハーブ

 

女性特有の色々な問題を和らげて

ホルモンのバランスを取ってくれるので

まさに女性の為のオイル

 

シンプル主義のお母様へ

ナイトランプにもなりますよ

 

と、今年はこんなラインナップにて

 

写真 2019-05-08 12 07 34.jpg

 

母の日は12日(日)

まだ間に合います

 

贈り物は物ではなく気持ち

でも気持ちはどうぞ具体的に

 

お母様へも、奥様へも

パートナーへ送っても全然良いのではと

 

日頃の感謝をこめた小さな労りは

きっと思う以上に女性を包み、元気にすると思います。ョ

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
平成最後の

写真 2019-04-24 13 45 33.jpg

 

ご存知でしたか?

今日は平成最後の水曜日です

 

おぉーー

 

誰もいないので自分で歓声も担当

一人二役も板に付いております

 

さてさて

 

瑞浪の磁器を集めた「うつくしいうつわ展」

 

先週も概要をお伝えしましたが

 

写真 2019-04-24 13 42 12.jpg

 

ラインナップも揃い

ただいま充実しております

 

写真 2019-04-24 13 43 50.jpg

 

先週、miyamaさんのインスタグラムをご紹介したのですが

 

私としたことが

大切な部分を見落としていました

 

Allegoryでの企画展をご紹介いただいている

この日の投稿

 

文章を読み進めていくと最後の4行

 

 

個人的に

 

毎週!

 

愉しみに!!

 

とは

 

ご担当者は人間の姿をした天使ですか?それ以外考えられませんよね

 

 

ちなみに、2018年11月19日の投稿も胸が熱くなります

 

Allegoryでも長らくお取り扱いのあるトーストプレートの開発秘話

 

恐れ多くも下記一部引用致します

 

”自身のパンが好きでしょうがないと言う想いだけに従って、こんな機能が限定された皿が売れる訳がないよと言う白米好きなおじさんたちの冷ややかなプレッシャーに抗いながら、誕生にたどり着いたと言う経緯”

 

普段やらないフォントの級数アップ&斜体からも

私の胸アツ度合いを感じて下さい

 

しかも結びにこれです

 

”更に加えると、その女性スタッフが陶芸の専門学校を卒業する2003年に卒業制作として制作したのが、このトーストプレートの前身です。”

 

何なんですか、泣かせる気ですか

 

そんな経緯は露にも知らなかった私ですが

このプレートは長年愛情を持って販売してきました

 

パン好きの友人への贈り物にしたことも1度や2度ではなく

 

と、すっかり企画展の商材を超えて

miyamaさんを壮大にPRするだけのブログになってきたので話を戻しますね

 

写真 2019-04-24 13 44 33.jpg

 

今日もつやつや、むきたまご肌の磁器たち

 

このイメージフォトをコーディネートした方にも

この場をお借りして勝手にお礼を申し上げたい

 

個人的に麺類史上最強と思っているのは

夏のすだち蕎麦、冬のてんぷら蕎麦、年中鴨せいろ

 

3つ挙げてる時点で

最強という言葉を使うのは間違ってるんですが

とにかく、すだち蕎麦は最高&最強

 

つやつやの磁器にすだち

 

Q)これ以上の組み合わせがあるでしょうか

 

A)いいえありません

 

引き続き店に一人なのでまたも二役です

 

そんな訳で「うつくしいうつわ展」

 

GW中も元気に開催しておりますので引き続き宜しくどうぞ

 

あっ

 

写真 2019-04-17 14 58 13.jpg

 

先週なにやら軒先でごにょごにょとしていたお向かいさん

 

 

もっと楽しそうにして下さい!って言ったら

 

写真 2019-04-17 14 58 16.jpg

 

いいの頂きました

 

この時選んでいたものが

店内に使われているとのことで確認

 

写真 2019-04-24 12 27 29.jpg

 

 

あったあった

 

写真 2019-04-24 12 27 52.jpg

 

縦にも横にも置けるディスプレイシェルフ

 

写真 2019-04-24 13 03 25.jpg

 

これですね

 

写真 2019-04-24 12 29 15.jpg

 

あとはワイヤーのコンポートも確認

 

写真 2019-04-24 12 30 13.jpg

 

かごにベースに

色々とありがとうございます

 

今週末からはいよいよGW

代官山店へお越しの方は、ぜひおやつタイムをお向かいで

 

川崎店は同じフロアにある

箱根ベーカリーさんや丸福コーヒーさんなどでブレイクタイムを

 

ちなみに、令和1日目

5/1は何をかくそう水曜日

 

張り切ってお店番致します

パレードついでにぜひお立ち寄り下さい

 

大型連休のみなさんも、小型連休のみなさんも

お仕事のある方も

 

楽しい5月をお迎えください

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
しロといロいロさん、OPEN

写真 2019-01-23 11 53 40.jpg

 

今日もうららかな代官山です

 

リニューアルの為に暫くお休みされていた

お向かいのcoccaさん

 

カフェ併設の新しい空間で本日OPEN!

 

しロといロいロ(しろといろいろ)

https://www.sirotoiroiro.com/

 

「パンとエスプレッソと」さんとのコラボ業態で

coccaさんのファブリックとパンが並ぶお店に

 

写真 2019-01-23 11 49 58.jpg

 

お店に入って右手にはファブリック

左手にはパンのショーケースがあります

 

2階はイートインスペース

 

写真 2019-01-23 11 51 36.jpg

 

光のたっぷり入る空間で

購入したパンやドリンクを頂けます

 

パンを温めるためのトースターもありました

 

写真 2019-01-23 11 52 12.jpg

 

窓からの眺め

視線を落とすともれなく幣店が見えます

 

 

写真 2019-01-23 11 51 49.jpg

 

これは...!

 

Allegoryアイテムもちら&ほら

 

ボトルベース

こんな風に使って下さい!なディスプレイ

 

欲しくなってしまった方

安心して向かいにどうぞ

 

写真 2019-01-23 12 31 14.jpg

 

しロといロいロさんをお手本に

それぞれ別のお花を生けるもよし

 

色違いの同じお花を一輪づつ、なんてのも良し

 

あとは、店内の各所にあるこちらも確認

 

写真 2019-01-23 11 53 07.jpg

 

写真 2019-01-23 11 50 42.jpg

 

あれです

CP最強のあれ

 

写真 2019-01-23 12 37 18.jpg

 

ブラスのカードスタンド

 

パンのショーケースや店内商品

いろいろな場所でご使用いただきました

 

写真 2019-01-23 12 34 03.jpg

 

えぇ、もちろん買いました食べました

 

写真 2019-01-23 12 34 36.jpg

 

たまごとアヒージョ仕立てのブロッコリーのサンド

そしてクロワッサン

 

クロワッサンは既にお腹の中ですが

サクッサクで中はしっとりで、あと3つ食べたい

 

写真 2019-01-23 11 55 12.jpg

 

徒歩5秒の場所で買えるなんて危険すぎる

 

とはいえ私はとても嬉しいのです

 

AllegoryがOPENした頃

「この通りにどんなお店が出来ると嬉しいだろうか」

 

という話をよくしていたのですが

「パン屋さん花屋さん」が二強でした

 

願えば叶うというのは少し本当です

 

写真 2019-01-23 11 45 44.jpg

 

代官山は、お店が点在している割に

ちょっと休憩、ちょっと甘いもの、な空間が少なく

 

お店で「どこかお茶出来るお薦めはありますか?」と聞かると

いつも答えに詰まっていたのですが

 

もう安心

 

3秒で行けます

 

私も安心

 

3秒で美味しいパン...

 

皆得、私得なお向かいさん

ぜひ足をお運びください

 

写真 2019-01-23 11 46 21.jpg

 

しロといロいロ 

 

11:00〜19:00

(パンとエスプレッソとは9:00〜18:00LO)

 

東京都渋谷区恵比寿西1‐31‐13

https://www.sirotoiroiro.com/

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
渋谷ストリーム再び

写真 2018-11-07 20 36 38.jpg

 

四日市へ行く数日前

密かに渋谷ストリームへもアゲインしていたのでした

 

CHICKEN KITCHEN に続いて

 

オリジナル製作も含め店内の器をまるっと納入させて頂いた

TEPPAN KITCHENさんへ

 

製作事例を撮影するM久保さんに同行してきました

 

「~へ行ってみた」本家M久保さんによる

詳細レポートはこちら→「TEPPAN KITCHENさんへ行ってみた

 

お店のコンセプト、メニュー、納入したうつわ

全てを網羅した情報満載のブログとなっております

 

裏日誌では本家で書ききれない

むしろ書かれないと言った方が正しいこぼれ話を

 

写真 2018-11-07 20 26 14.jpg

 

「鐵板台所」と書いて「テッパンキッチン」と読む

 

レポートにもあるように無国籍なムードのお店です

 

 

写真 2018-11-07 20 25 07.jpg

 

無国籍感よりも先にまず

私のiphoneの限界を感じてしまう写真であります

 

アスパラ豚巻き、鶏ささみ梅、しいたけ肉詰め

 

定番的なメニューの中に紛れつつ

 

もち海苔、さつまいもバター、モッツァレラチーズのベーコン巻

 

とピンポイントで加藤のお腹も押さえてきます

 

とにかくメニューが豊富!

 

写真 2018-11-07 20 07 05.jpg

ドリンク類も豊富

ノンアルコールも色々なバリエーションがあり

 

お酒を飲まないけれど居酒屋へは行きたい

 

もしくはお酒を飲む人も飲まない人も同じように愉しみたい

 

色々なニーズにも対応してくれます

 

レモンサワーも美味しゅうございました

ええ、こちらはしっかりアルコール入り

 

写真 2018-11-07 20 26 16.jpg

黙々と仕事に励む隊長

 

ここ2回ほど同行させて頂きましたが、いやはや頭が下がる

 

運ばれてきた熱々を、まずは黙々と撮影です

寄りながら引きながら様々な角度から押さえてゆく

 

 

写真 2018-11-07 20 27 56.jpg

 

待ち時間に若干の手持無沙汰を感じた私は

OGS原さんを撮影してみる

 

黒七味を手にしている

OGS原さんは川崎店のスタッフ

 

裏日誌には初登場

ちなみに好きな食べ物は麺類だそうで

 

阿部さんの"ケチャップ"を超える答えはハードル高いです。。。」

とのこと

 

大丈夫です、あれから数年経つけど誰も超えられてないから

 

メニューの撮影をひとしきり終え

食事を始めた一行の興味はこちらに

 

写真 2018-11-07 21 16 34.jpg

 

M久保隊長のブログでも触れられていましたが

豊富なメニューが柱をぐるり

 

壮観です

 

このメニューを自分が書いたらどれに近いか、という流れに

 

私は中央右寄りの「しいたけ」ですかね

 

字の上手さではなく、紙一杯に書いてしまうあたりに親近感

 

幼少より習字を嗜んでいましたが

昔から主題が大きすぎて名前を書く場所を見失うタイプでした

 

M久保隊長は「ホタテバター」

 

写真 2018-11-07 21 16 43.jpg

 

曰く「どのくらいで書こうか悩んだ挙句、小さめにまとめるタイプ」

 

と自己分析

 

いや、名前が書けるスペースあって羨ましいですが

 

 

そしてOGS原さんは

 

「きなこアイスクリーム」

写真 2018-11-07 21 16 55.jpg

 

「あまり考えずに書き始めて最後が収まらなくなるタイプですね」とのこと

 

例えが上手い

 

あと結果収まってるからオッケーだと思う

 

網羅されたメニュー且つ人生の縮図でもある柱周り

 

そして我々の関心は

きなこアイスクリームの横に主張する

 

「女の豚平焼き」へと続く

 

(ちなみに男の豚平焼きというメニューは無い)

 

女3名の団体としては食べずに帰れまい

 

写真 2018-11-07 20 41 06.jpg

 

ちなみに、お皿的には

 

縁は濃色で図柄は薄いブルーという

密やかに濃淡がついているのがこだわりポイント

 

メニューによって色々な図柄のお皿が出てくるので飽きません

 

写真 2018-11-07 20 41 56.jpg

 

アボカド、トマト、チーズ入り

 

ボリュームはあるけれどさっぱりしていて

確かに女性が好きな味と食感

 

美味しかったです

 

しかし「男の料理」とか「男の生き様」とか

男の~というネーミングが総じてダイナミックさを表すように思うんですが

 

「女ののど自慢」に代表される「女の~」というタイトルって

 

なんとなく人生の深淵

ひいては業の深さを連想させる気がするのは私だけでしょうか

 

いや、だから何?って言われるとどうもないんですがなんとなく

 

そして楽しい会は過ぎ

帰り際、恒例の光る階段での記念撮影

 

へ向かうOGS原さんの後ろ姿

 

写真 2018-11-07 22 43 03.jpg

 

黒いロングコートに白のソックスで風を切っていく

 

銀河鉄道999のメーテルのようです

 

さあ行くんだーその顔を上げてー

 

(「上げて―」は「あーァげてー⤴」が正解)

 

銀河に見えなくもないイルミネーションを背景に

脳内再生されるゴダイゴ

 

 

写真 2018-11-07 22 43 48.jpg

新しい旅に出掛ける訳ではなく

これから帰るのですが

 

そういえばあの歌

 

はっきりと日本語の歌詞で始まるのに

サビでいきなり滑らかな英語になるの戸惑ったの私だけでしょうか

 

幼心になかなか強烈で

未だに耳にするとハッとしてしまうんですが...

 

自分のギャラクシー観をお伝えした所で今日は終わります

 

ちなみに歌詞を調べていたら「男の光」という一文を発見

なんとなしに今回の内容にリンクするような

 

男は船、女は港

誰かがそんなことを言ってましたね

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
New & New

写真 2018-10-03 12 19 00.jpg

 

マスタードにモスグリーンにネイビー

秋らしい色の器が続々と入荷してきています

 

美濃から届いた小皿2種

 

写真 2018-10-03 12 10 20.jpg

 

プリーツというシリーズ名は

スカートのひだの様に見えるから

 

確かに

 

写真 2018-10-03 12 11 55.jpg

 

かと思うと

 

古いお菓子のモールド型のようでもある

 

写真 2018-10-03 12 21 54.jpg

 

マドレーヌ焼けそうじゃないですか?

 

MILLEのマスタードみたいなこのスモーキーな黄色

今までありそうで無かった気がする

 

小皿としてはもちろん

 

写真 2018-10-03 13 07 34.jpg

 

キートレーにしたりとか

 

写真 2018-10-03 13 13 26.jpg

 

アクセサリー置きにしたりとか

 

インテリアにも良さそうなサイズと質感

 

どれも深みがある色だからか

あまり「豆皿においた感」出ないのがいい

 

写真 2018-10-03 12 22 51.jpg

 

醤油皿や箸休めを盛るのにちょうどなサイズ

食後に一口、フルーツを出すなんて時にも最適かなと

 

さて、新しい器が入荷した代官山店に

新しいスタッフが加わりました

 

写真 2018-09-19 21 33 06.jpg

 

よく食べる娘をお父さんが見守っている訳ではなく

歓迎会です

 

ちなみにお好み焼き屋さんで歓迎していた訳でもなく

 

写真 2018-09-19 21 09 30.jpg

 

鉄板焼きです

 

恵比寿にある不愛荘(ぶあいそう)さん

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13126988/

 

アレゴリー外販部門のお客様でもあるこちら

 

看板の出ていないお店

マンションの1室にあります

 

初めて伺ったのですが

旬の食材をおまかせで提供するスタイル

 

肉厚なハマグリや鱧

まぐろの頬肉、そしてとびきりの和牛

 

焼き雲丹おこげのイクラ掛け

 

一同、出てくる度に悶絶

 

なんなんですか

私の好きな物どうして全部知ってるんですかと聞きたい

 

写真 2018-09-19 21 11 14.jpg

 

和牛を絡めて食べるタレには

鬼おろしとうずらの卵

 

それぞれ食べ方に工夫があり

次はどんな風に出てくるのだろうと待つのも楽しい

 

口福な歓迎会でした

 

写真 2018-09-19 21 33 31.jpg

 

ぼやけていても可愛さがわかってしまう

ニューフェイスのIYDさん

 

漢字で書くと一発で本人に直結してしまいそうな珍しい苗字

 

なのでなんとなく伏字

知りたい人は本人に聞いてみて下さい

 

好きな野菜は茄子

肉より魚が好き

でも好きな食べ物は餃子

 

ちなみに双子だそうです

 

双子って憧れません?

中学の同学年には双子が3組いたのですが

 

彼らがたまたま集まっていると

ちょっとそこだけ異空間な感じに

いつもこっそりワクワクしていました

 

新しい人が加わると

お店にも新しい風が吹くような気がする

 

新しい器も新しい人も

併せてよろしくどうぞ

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
| 1/10 | >>