代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

父の日2020

 

父の日、もうすぐですね

今年は6月21日の日曜日です

 

このところの東京は随分と蒸し暑く

そろそろ梅雨入りとの噂

 

そうそう

 

夏バテを防ぐには

今の時期にしっかり汗をかくようにすると良いそうです

 

そうすることで、身体が少しづつ夏を受け入れていく

準備期間のようなものでしょうか

 

さて、今年も贈り物のおすすめをいくつか

 

写真 2020-06-10 15 09 15.jpg

 

真鍮と木がコンビになっているカードケース

 

不覚にも美味しそうに撮れてしまった

どことなく涼菓のように見えるの私だけでしょうか

 

これはですね

 

木目がとにかく優しい

 

あと名刺交換の時、スッ..とこれが胸元から出てきたら

ちょっといけてる

 

あと、なんか持っている人まで優しく見えます

 

「その名刺ケース、木なんですか?」

 

「木づいた?」

 

みたいな洒落たやり取りの出来そうなお父様に

 

写真 2020-06-10 14 58 48.jpg

 

真鍮が経年変化していくのも美

 

歳を重ねてますます良くなる

という心もこめて

 

 

写真 2020-06-10 15 02 31.jpg

 

手を洗う回数も

その手を拭く回数も増えている今です

 

手が荒れやすくなっているのは

自分だけではありません

 

お父さんも例に漏れず

カサカサハンドのはず

 

タオルハンカチとハンドクリーム

今年は有りなんではないかと

 

柚子の香りなら男性からしていても違和感なし

むしろしていて欲しい

 

柚子香る父

 

風薫る5月みたいに言いました

写真 2020-06-10 14 51 52 (2).jpg

 

父の日といえば擦り込みのように

 

酒器だのビールグラスだの

全父がお酒飲む前提でお勧めして来た私ですが

 

こればかりは仕方ありません

酒豪の家系に生まれていますので

 

ちなみに、これを書く前

過去の父の日記事を読み返していたのですが

 

なぜか自分の父の写真なども載せてたりして

すっかり忘れていました

 

暇で暇で仕方ない方はどうぞ

父の日アーカイブ

 

今年のお薦めは銅カップです

熱伝導で、冷たいものを更に冷たく

 

冷酒好きならおちょこ

ビール好きなら細長いタンブラー

 

お酒を嗜まない方も大丈夫

 

背の低いカップは

アイスコーヒーを飲んでも抜群ですから

 

写真 2020-06-10 14 52 34.jpg

 

昔ながらの喫茶店では

 

こんな銅のカップでアイスコーヒーを飲ませてくれますよね

 

あの感動をおうちで

 

 

 

写真 2020-06-10 15 05 05.jpg

 

最後はキャンパーマグと

陶器のドリッパー

 

気持ちいいぐらいの逆光でお届けしています

 

写真 2020-06-10 15 05 48.jpg

 

山歩きが趣味だったり

 

アウトドア好きだったり

 

またはおうちでも拘りの豆でコーヒーを淹れるような

 

そんな父上にどうでしょうか

または、お父さんを日々頑張っているご主人へ

 

感謝の気持ちが何より大事

でもそれを形で表すのもやはり大切

 

ということで、皆さまお忘れなく

 

さて、先週お知らせしましたが

 

この裏日誌も残りあと2回

来週は何を書こうかしら

 

先週の記事に温かいコメントを下さったお客様

 

嬉しかったです

帰り道の成城石井であぶなく泣くところでした

 

公開して30分以内に連絡をくれた

AllegoryのOBガールズ達よ

 

いつもアクセスを伸ばしていたのはあなた達でしたか

 

という訳で、その他温かいお言葉頂き

全てありがたく思っています

 

ならびに

 

水曜日はあと2回ありますので

まだ間に合いますyo

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) -
夏の定番

写真 2020-05-27 13 24 00.jpg

 

あと5日後には6月になる

 

そりゃ温かいはずですよ

今日なんてクーラー入れちゃいましたからね

 

気温上昇に比例して高まるのは、麺欲

ここ最近で素麺解禁された方も多いのではと

 

私は昨晩、ざる蕎麦始めました

 

写真 2020-05-27 12 55 30.jpg

 

冷たい麺を美味しく食べたい

 

となると欲しくなるのは硝子の器

 

今年も夏の定番のガラスたちが入荷しています

 

写真 2020-05-27 13 23 13.jpg

 

ダイヤカットのガラスに金色の縁取り

 

これ、ガラス部分はトルコ製

フチの部分の加工は日本でしています

 

イスタンブールの風を感じるかどうかはあなた次第

 

なおゴールドといっても派手な感じではなく

光の角度できらっと主張するような繊細なものです

 

今年はリクエストの多い大き目のクープ皿も

 

写真 2020-05-27 12 55 04.jpg

 

ちょうどいい深さもあって、径は約21cm

 

冷製パスタやお蕎麦

茹でた素麺を盛ってもよい

 

写真 2020-05-27 13 19 35.jpg

 

このお皿にはフレッシュなトマトとバジル

モッツァレラのカッペリーニをのせたい

 

というか、いま食べたい

 

シンプルなので、和洋中伊どれもいけます

 

写真 2020-05-27 14 48 43.jpg

 

個人的なお薦めは小さめのオーバル

 

果物とか水菓子とか

チーズケーキ

 

はい、チーズケーキも食べたい

 

ちなみにお値段もかわいいです

 

小さなボウルは1000円以下から

クープ皿も1760円

 

家族分を揃えるにもリアリティある価格

 

もう1つちなみに

 

今日、写真がなんか違うな。。

とお気づきの方いたりします?

 

いつものLEICAではなく

はたまた携帯でもなく

 

お店のCanon EOSデビューしました

 

練習もせずぶっつけ本番で撮ったので

色々あれですが

 

ピンが甘いのはいつもですのでご容赦ください

 

今日たぶん一番うまく撮れたのこれ

 

九州のソウルフード

スタッフDさんから頂きました

 

九州に2年ほど暮らした私にとっても

ややソウルフード

 

そんなDさん本日お誕生日

ハッピーバースデー!

 

というわけで

 

Allegory HomeTools 代官山本店は引き続き

12:00〜18:00の短縮営業中です

 

雨の日はお休みします

 

お店の営業についてはSNSから

 

それではまた!

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) -
耐熱陶器の簡単レシピ/スパイスと煮る生姜シロップ

L1020489.JPG

 

5月20日水曜日

曇りのち曇りの東京です

 

家時間が長いので、何か作ろうと思いつつも

 

色々な料理家さんやレストランが

惜しみなくレシピを公開していたこの頃

 

そちらを眺めたり作ったり

恩恵を存分に享受するに甘んじていたところ

 

驚くほどあっという間に時が過ぎていまして

 

L1020477.JPG

 

美しい高知の生姜を手に入れて我に返りました

 

ジンジャーシロップでも作ろうと

もちろんスタック鍋

 

カレーで使ったスパイスもあるし

 

L1020481.JPG

 

【材料】

 

生姜・・・大を2個(画像参照)良く洗ってスライス

 

砂糖・・・甜菜糖やきび砂糖などがおすすめ 100g

(甘いのが好きでしたら150gくらい)

 

レモン・・半分を絞る、又はレモン汁大さじ1

 

スパイス適量

 

・乾燥唐辛子2本はへたを切り中の種を出す

・シナモン2本

・クローブ、コリアンダー、カルダモン少々

 

↑あったものを使いましたが、全部でなくても良いです

ただしクミンやターメリックだとカレー風味つよくなるかも

 

写真の砂糖は、ボリビアの原料糖

精製されていない素朴な甘さ

 

ある料理人が、砂糖ならこれだっ!

と仰っていたのを真似っこしています

 

L1020482.JPG

 

シナモンは手で折り

スパイスも軽く潰してから鍋底へ

 

ピンが甘いですね

そういうとこだよ(我へ)

 

 

L1020483.JPG

 

スパイスに被せるように

 

生姜→砂糖→生姜

ミルフィーユ状に

 

生姜と砂糖の全量が入ったら

水200ccを注ぎ、はちみつを加えて火にかけます

 

L1020484.JPG

 

弱火で15分

 

あまりぐつぐつしないように控えめに煮ます

蓋はしなくて大丈夫

 

全体がはちみつみたいな色になったら

火を止めてそのまま冷ましておく

 

粗熱が取れたらレモンを加えて混ぜ、ざるで濾します

 

ガーゼでぎゅっと絞ったら更に完璧

なお、手はべたべたになります

 

 

L1020497.JPG

 

潔くボトル型の容器に入れた方が使いやすいんですけど

 

生姜とスパイスも瓶に少し残しておくと

気分が上がる派なもので保存瓶はWECKです

 

炭酸で割ってジンジャーエール

 

温めた牛乳や豆乳に入れてチャイ

 

朝はヨーグルトに

 

L1020493.JPG

 

甘さ控えめにしたので

足りない時は蜂蜜で調整を

 

なぜ甘くしないかというと

 

豚肉と玉ねぎを炒めて

シロップ+オイスターソースやナンプラーで味付けすると

エスニックなポークジンジャーに

 

調味料的な使い方も広がる

 

ハイボールにもいいと思う

 

L1020504.JPG

 

今朝は寒かったので甘酒に入れて

 

湿度のある時は熱を逃がし

寒い時は身体を温める

 

生姜ってすごくないですか

いつ食べても身体が喜ぶ

 

温でも寒でもシロップならお好きにどうぞ

 

さて最後に

 

さりげなく大切なことを言います

 

我らがアレゴリーホームツールズ代官山本店

今月でOPENから12年を迎えることができました

 

日頃のご愛顧に心からの感謝を

 

じつは裏日誌も今日でひっそり500投目

 

先日、裏日誌を楽しみにお買い物をしている、と

レジにてコメント下さったお客様

 

温かいひと言には

いつだって心の中からノーベル賞を送っています

 

12年目も宜しくお願い致します

501投目も温かく見守って下さい

 

代官山本店は引き続き

12:00〜18:00の短縮営業中です

 

雨の日はお休みします

 

お店の営業についてはSNSから

 

それではまた!

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) -
カラフルの誘惑

写真 2020-05-13 13 30 20.jpg

 

5月13日 水曜日 快晴

 

気温29℃

 

もう夏なのと独りごとを言いながら

これを書いています

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか

わたしは元気に過ごしております

 

季節が1つ、進んだようですね

 

5月の風に乗ってか乗らずか

カラフルな器を手に取る方が増えてきた今日この頃

 

写真 2020-05-13 13 10 14.jpg

アニーベンシリーズ

 

イエロー・グリーン・ピンク

攻めた三色展開です

 

写真は26cm径のプレートLのイエロー

 

月のようなグレープフルーツのような

優しくてフレッシュなお皿

 

26cmってけっこう大きいです

 

これ大き目だなって思っても22cmとか

攻めているのは色展開だけではない模様

 

がっつりメインも大盛りパスタも安心

 

テーブルの真ん中に色のあるお皿があると

食卓が華やかに、そして元気になります

 

ビタミンパステルとでも呼びたい軽やかな色

 

写真 2020-05-13 13 31 32.jpg

 

ファンシーかと思いきや

柔らかさはあっても甘々な感じではない

 

ここでスタッフDさん渾身のPOPを紹介します

 

「パンケーキ」

 

写真 2020-05-13 13 09 46.jpg

 

 

立体感

 

 

写真 2020-05-13 13 09 54.jpg

 

粉ものが似合う

 

ホイップクリームも抜群でしょうね

 

このパンケーキ、なんか見覚えがあるなあと

過去の写真をものすごく遡ったら

 

あった

 

R0018515.JPG

 

厳密には

 

DさんのPOPに少しだけ似た

低クオリティのパンケーキがあった

 

http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20140331

 

見覚えあるとかすいませんでした

 

人は勝手に過去を美しく上書きするのだと知る2020年の春です

 

写真 2020-05-13 13 30 12.jpg

 

さておき

おうち時間にも慣れてきて

 

手持ちの器にも飽きてきた

 

何か新しいうつわが欲しいけど

さてどんなのがいいかなという時に

 

✔盛付けを考えて楽しくなるものがいい

 

✔ちょっと元気の出るのが欲しい

 

✔朝食を食べる習慣をはじめた

 

などが当てはまる方には特にお薦めです

 

Allegoryのインスタフィード

タグをつけて下さっている方の中にも

 

ちらほらとカラフルなお皿が増えています

 

写真 2020-05-13 13 34 58.jpg

 

 

爽やかな季節に相応しい

元気な色

 

代官山店にてスタンバイしております

 

Allegory Hometools 

 

代官山本店は引き続き

12:00〜18:00の短縮営業中です

 

雨の日はお休みします

 

お店の営業についてはSNSから

 

それではまた

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) -
耐熱陶器の簡単レシピ/米麹に漬けたささみの菜花和え・後編

L1002112.JPG

 

今週も水曜日です

 

先週に続き

耐熱陶器の簡単レシピ/米麹に漬けたささみの菜花和え・後編

をお届けする予定でしたが

 

 

カメラのメモリーを見て呆然

データがない

 

朝の光で撮影した画像が

 

ない

 

L1002012.JPG

 

バウルーの画像ならあった

 

27枚もあった

 

嘘だと言ってよ

エイプリルフールでしょ

 

と一人二役しましたがないものはない

 

やるせないけれど自分以外に犯人がいない為

文章で補足します

 

まあ、作り方は前回でほぼ完結していたし

完成画像も載せてあるから...

 

 

original.jpg

 

色鮮やかになった菜花とささ身を

ざっくりと混ぜ味を馴染ませる

 

熱々を召し上がって下さい

ささみが驚くほどしっとり柔らかいんです

 

これまでの扱いごめん、と

謝罪の気持ちが芽生えるほどの柔らかさですから

 

残りはスタックカップで保存し翌朝の朝食へ

 

塩麹でしっかり味がついているので

冷えてもご飯のお供によい

 

この辺の写真がね

あったんです先週まではうぅぅ

 

温かいごはん、味噌汁、納豆などが並ぶ

クラシックな朝ごはん風景の写真がぁぁぁ

 

いくら探してもないものは無いので

 

代わりにというか

過去のレシピの中から2つリンクを貼ります

 

少し時間をかけて作るレシピ

長く家にいる時、手を動かしていると少しは気持ちが紛れる(かも)

 

自家製ツナ

http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20150624

 

パプリカのマリネ

http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20141008

 

L1002113.JPG

Allegoryのonlineshop でも

 

耐熱陶器などのをお買い物して頂くと

こんなレシピカードを同封しています

 

お買い物に出掛けられない時に

 

気晴らしにお皿を一枚とか

会えない友人に誕生日プレゼントを贈りたいとか

 

そういう時にご利用下さい

 

今日知ったのですが

 

L1002107.JPG

 

黒板の側面にも、ため吉がいました

 

L1002108.JPG

 

L1002110.JPG

 

頬のあたりの模様(チャームポイント)

も描いてほしかったみたいですよ

 

L1002109.JPG

 

ネームバッチみたいなのは何だろ

 

落ち着かない毎日が続きますが

食べることを休まず

 

L1002101.JPG

 

私はですね

 

玄米は2日水に浸すと美味しく炊けるよ!

と聞いたのでやってみようかなと

 

少し手のかかるものを仕込んで

明後日くらいに小さな愉しみを作る

 

できることは少ないですが

手を動かすことは止めずにいたいなと思います

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) -
耐熱陶器の簡単レシピ/米麹に漬けたささみの菜花和え・前編

original.jpg

 

冒頭から謝罪します

カメラを忘れました

 

この冬よく食べていた簡単なレシピを、と

iphoneとカメラの二刀流で撮影していたんです

 

調理中はうまくカメラで撮れないのでiphone

盛り付けた様子はLEICAでと

 

ですので今日は完結しません。

先週のN野さん風に言うと、しまへん

 

で、ささみ

ささ身とも言う

 

この冬わたしに突如訪れたささ身ブーム

 

IMG_0788.JPG

 

どうもパサパサするような気がして

これまであまり積極的に取り入れてこなかったささ身

 

ならしっとりさせればいいじゃない

 

と久しぶりにアントワネット発動し、手を伸ばしたのが米麹です

 

両面に米麹をまんべんなく塗り、半日休ませる

朝にやっておけば夜にはしっとり

 

IMG_0790.JPG

 

スタック鍋にオリーブオイルをひいて

加熱と同時にささみを並べる

 

IMG_0791.JPG

 

蓋をして弱めの火でじっくり焼き目をつけていきます

 

蓋はコセール5号のですね

ずると言われてもいい、2つ持っている特権です

 

どういうこと?という方はこの辺を読んでみて下さい

http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20171206

http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20190327

 

油を熱してからささ身を入れると

まるで悪夢のように油跳ねするのでお気をつけて

 

弱火からじっくりいくのが賢明です

 

IMG_0795.JPG

 

たまに開けて焦げないように様子をみながら

ひっくり返して両面を焼き

 

トングでざくざくと身をほぐしていく

この時点でまだ中は火が通っていなくてOK

 

同時進行でこちらを

 

IMG_0793.JPG

 

菜花は洗っておきます

 

春は苦みのもの

 

山菜、筍、クレソンやせりも

旬のもの、苦みを感じる野菜をたっぷり取るのが吉です

 

冬の間にため込んでいた毒素を排出し

身体を活性化させ、流れ良くする為

 

菜花は、蒸しても美味しいし

オイルでソテーにしても、味噌汁に入れてもいい

 

年明けから見かけるようになると

つい買ってしまう野菜のひとつ

 

IMG_0799.JPG

 

 

そう蓋からはみ出る位にたっぷりの菜花を

 

IMG_0798.JPG

 

少し待つと鮮やかな色になります

 

さて次は?と思わせた所で

冒頭の理由で来週に続きます

 

何をかくそう、書いている自分が一番消化不良でありますが

 

ここは先週に引き続き、N野メモでお別れします

 

IMG_0869.jpg

 

テープは予想通り2時頃になくなり

待機テープがいい仕事しました

 

気配りはナイス

しかし、何をぐりぐりと消したのかが気になるでごわす

 

それでは来週につづく

 

プレスかとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品 時々レシピ comments(0) -
巣籠のお供に

写真 2020-02-26 14 55 07.jpg

 

三寒四温

 

春を感じさせたかと思えばぐっと冷える

わがままお天気に翻弄される2月もあと少しです

 

花粉は飛んでいる

ウイルスもある

 

どうも外に出る気持ちが消失しがちな時もある

 

そういう時は素直に巣籠りを楽しむのも吉です

 

オジヤ鍋で、具沢山の味噌汁でも作るとか

免疫を強化するなら、生姜たっぷりで卵とじうどんとか

 

きちんと食べてきちんと寝ていれば割とうまくいく

リズムを崩さないことがとても大切だと思います

 

写真 2020-02-26 14 56 14.jpg

 

巣籠には視界に入る美観も重要

 

花を生けましょう

部屋に生花があるだけで、精神衛生は劇的に向上します

 

いけてるガラスベースを手に入れて

花のある暮らしレッツゴー

 

アンバー色のガラスには

ヴィヴィッドなチューリップなんて素敵

 

数本投げ入れても抜群ではないでしょうか

 

写真 2020-02-26 15 09 53.jpg

 

やっぱお酒飲みたいよなぁ、という私

いえオーディエンスの皆さまは

 

せめてマッコリはどうでしょうか

乳酸菌だからちょっと罪悪感少ない

 

アルコールは花粉症の症状、悪化させますからね...

分っていてもビール美味しいんですけれども

 

マッコリカップ再入荷してました

 

後ろのトングがなんかシャッッ!と躍動してますね

欠品していたピーラーもあります

 

料理に集中するのも良し

黙々と手を動かす作業ってストレス解消にもなる

 

写真 2020-02-26 13 48 32.jpg

香りも忘れずに

 

鼻も気持ちもスッキリ、ならティートゥリー

ゆったりと気分を落ち着けたい時はイランイラン、など

 

オイルランプで温めると柔らかく香り立つのでお薦めです

 

色々と心がざわつく事の多い今日この頃ですが

必要以上に振り回されず、落ち着いて過ごしたいなと

 

写真 2020-02-26 13 46 20.jpg

 

うがいと

 

写真 2020-02-26 13 46 58.jpg

 

手洗いはしっかりと

 

あ、手洗いならこれを

写真 2020-02-26 13 47 45.jpg

 

オランクオランの石鹸 KAYU PUTHI

 

カユプテ、とかカユプティとか呼ばれている

ユーカリやティートゥリーの近縁種です

 

抗菌、殺菌作用のある植物

手洗いの頻度が高い時は、せめて香りも楽しめると嬉しい

 

という訳で、家なら家を楽しみつつ

しっかり食べて、眠ってよろしくどうぞ

 

それでも飽きちゃったなァ、という方は

こちらをどうぞ

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

商品 時々レシピ comments(0) -
耐熱陶器の簡単レシピ/ラム肉と新たまねぎのクミン炒め

写真 2019-04-05 17 54 27.jpg

 

こんにちは

今週も水曜日です

 

にしても今日の寒さは一体..

 

一度はお別れしたウルトラライトダウンに

再び手を出してしまいました

 

今年の寒暖差はなかなか手ごわいので

皆さまどうぞご自愛下さい..

 

このまま結んでしまいそうだけど

レシピ、レシピでした

 

久しぶりにロティのグリルキャセロールで

ラム肉と新たまねぎのクミン炒め

 

写真 2019-04-05 17 43 41.jpg

先週、店を閉めた後に代官山のピーコックに寄ったら

ラム肉が売っておりまして

 

しかも20%オフ

赤いシールって人を高揚させます

 

鶏や豚、牛と比べるとスーパーでの遭遇率が低いラム肉

見かけるとつい手を伸ばしてしまうのは私だけでしょうか

 

ラム肉と言えば思い出すのが

 

中国・東北地方料理を食べられる

神田「味坊」のラム肉のクミン炒め

 

それ食べたさにしばしば神田遠征する程にはファンなのですが

 

時折衝動的に食べたくなり

且つ神田へ行かれない時に発動するのが「おうち味坊」

 

完全に自己流なのでお店の味とはいかないのですが

それらしい味でもある程度の欲は満たされるもので

 

 

写真 2019-04-05 17 52 01.jpg

 

ラム肉250gに酒大1、醤油小1、塩小さじ半分くらい

紹興酒があれば入れると味が深くなります

 

あとは好きなだけクミンシードを混ぜてもみ込み

冷蔵庫に入れておく

 

クミンは大さじ1くらい

私は大さじ2杯近く入れているかもしれない

 

最低でも30分は寝かせたい

 

私は朝出掛ける時に入れておき夕飯までそのままです

 

写真 2019-04-05 18 01 54.jpg

 

たまねぎ1つは串切り

にんにくもスライスしてまとめてラップしておきます

 

ここまでしておけばあとは夜炒めるだけ

 

写真 2019-04-05 20 49 54.jpg

 

グリルキャセロールに胡麻油とにんにくを入れ

ゆっくり熱を入れます

 

写真 2019-04-05 20 54 12.jpg

 

たまねぎ投入

 

ゆっくり炒めていきます

 

写真 2019-04-05 21 05 31.jpg

 

あれ、急に完成図なぜ

 

お肉を加えて炒めている画を取り忘れました

でも大丈夫

 

たまねぎが柔らかくなったら

あとは漬けてあったお肉をいれて炒めるだけです

 

味見をしてみて、足りなければ醤油か塩で調整で

パクチーをもさっとのせたら完成

 

 

写真 2019-04-05 21 05 52.jpg

 

パクチーが多すぎてラムの存在が無ですが

ちゃんとあります

 

油跳ねがちょっとあっても、そこはご愛敬にて

 

炒め物をしたら、フライパンも洗って食べたお皿も洗って

流しが大混雑!となりがち

 

グリルキャセロールだと炒めたままをテーブルに出せる

 

当たり前なんだけど、地味に助かるのですよね

 

ちなみに

 

臭みがあるからラムはちょっと...的な意見を

たまに聞くのですが

 

クミンの香りが苦手で無ければ

これは割と食べやすいのではないかなーと

 

ラムはお肉の中でも抜群にヘルシーと言われていますよね

 

ラムの脂肪は他のお肉と比べて融点が高く

44度?まで上がらないと溶けないのだそう

 

人間の体温を平均36度としてラムは融点がそれより高いので

脂肪として吸収されにくいから、ということみたいです

 

今日覚えたてのラム知識を披露した所で今週も終わります

 

、ロティグリルキャセロール

Onlineショップから

 

最近リニューアルが完了して

お買い物がしやすくなりました

 

よろしくどうぞ

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
蒸すは正義

写真 2019-03-27 9 36 23.jpg

 

新元号の発表まであと5日

みなさまいかがお過ごしでしょうか

 

本日お店へ来ましたところ

明らかに桜を意識した装いの店主が

 

 

奥に見えるさくら色の「かすみ」シリーズ

この色ですよね、着てるのは

 

弊店の春スポットとナイスなリンク

 

しかも

 

写真 2019-03-27 12 05 47.jpg

 

足元はコバルトなグリーン

ペールトーンが過ぎる

 

曰く「お向かいさんに寄せた」

 

確かにお向かいはしろといろいろ(いロいロ)さんですが

 

春だからでしょうか

春だからでしょうね

 

さて

 

写真 2019-03-27 9 11 54.jpg

 

最近、春の野菜を蒸して食べるのが地味にブーム

 

キャベツ、菜の花、マッシュルーム、タマネギ

ざくざく切ってオリーブオイルを引いたスタック鍋へ

 

写真 2019-03-27 9 15 04.jpg

 

キャベツの芯に近い部分

タマネギは下に

 

隙間を埋めるようにマッシュルームを

 

最後に菜の花で蓋

 

写真 2019-03-27 9 18 39.jpg

 

白ワイン100mlくらい1を回しかけ

 

最後に追いオリーブオイルを

 

写真 2019-03-27 9 20 00.jpg

 

この画像を見て、アッと思った方

 

違和感を覚えたならば

熱心な4th-market ファンでしょう

 

既視感を感じたならば

この裏日誌を読みこんでいるはず

 

写真 2019-03-27 12 21 42.jpg

 

右 スタック鍋

左 コセール5号鍋

 

 

両方持っている人だけが出来る

「鍋蓋スイッチ」

 

ぱっ

 

写真 2019-03-27 12 22 03.jpg

 

鍋の中身がこんもりしている時

スタック鍋にコセール鍋の蓋を使うというあれです

 

両方持っている人だけに許される贅沢

 

逆(向かって左)は今の所やったことがないですが

勿論モジュールはぴったりでした

流石の4th-marketです

 

中火で待つこと10分

写真 2019-03-27 9 36 23.jpg

 

湯気って尊い

 

塩すら振らずに

白ワインと野菜の水分のみ

 

なのになぜこんなに甘いんだろう

 

熱々は正直そのまま食べるだけでも充分なのですが

 

写真 2019-03-27 9 36 43.jpg

 

ちょっと何か付けても美味です

 

右、以前にも紹介したアルル塩

左、豆乳のタルタルにほぐした明太子を和えたもの

 

しかし「めんたい」って

言葉からまるごと博多を体現していますよね

 

 

写真 2019-03-27 9 39 42.jpg

 

春は浄化の季節

 

苦みのある野菜は

冬に蓄えた余分なものを排出してくれるそうで

 

そもそも野菜は食物繊維が豊富ですし

オリーブオイルもしっかり摂るのでお通じも良くなります

 

身体がなんとなく重いな〜と感じている方は

野菜たっぷりの献立もたまにはどうぞ

 

写真 2019-03-20 12 51 33.jpg

 

今週末は東京の桜も満開になるとか

 

ふと見上げるだけでもでも

色とりどりの花々があって心が和みます

 

お花見がてら、お散歩がてらに

どうぞお出かけ下さい

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
春の色いろ

写真 2019-03-13 16 12 46.jpg

 

時候の挨拶はもはや、春ですねではなく

花粉、すごくないですか?になりつつある

 

3月も真ん中です

しかし今日も飛んでますね

 

花粉症の方がせめても爽やかに過ごせるように

今日は淡い色のうつわを

 

以前にも何度かご紹介した有田焼のterraシリーズ

 

好評につき色や形が欠けがちだったのですが

再入荷して充実しております

 

写真 2019-03-13 16 10 32.jpg

 

緑、青、白

控えめなのに豊かな色

 

コンセプトになっている有田の自然を想います

 

私はオーバルのプレートのブルーを使用しておりまして

 

写真 2019-02-07 10 15 39.jpg

 

って、

完全にお皿よりものっている物に目がいくやつ

 

オンザディッシュは

お向かいシロといロいロさんのフレンチトーストです

 

写真 2019-02-07 10 11 10.jpg

メープルシロップは別添え

 

これを、たらーりとかけて頂く背徳感といったら

 

 

写真 2019-02-07 10 14 35.jpg

 

お皿の話をしていたんでした

 

メープルシロップがかかっていると心が乱されるので

掛ける前の写真で精神を落ち着けます

 

そう、お皿

お皿の話をしていたんですよ

 

このオーバルがなかなか優秀でして

 

ちょっと大きめのサイズだとか

立ち上がったフチが持ちやすくて受けています

 

誰に?わたしに

 

写真 2019-03-13 16 08 50.jpg

プレートもよいのですが

最近このマグが地味に気になる

 

家で温かい飲み物や白湯時(SY)を飲む時

ちょっと大きめのマグが便利で

 

写真 2019-03-13 16 09 36.jpg

 

terraのマグは容量350ml

 

良い

 

300以上は入ると良いよねぇ、と思っていたので

50ml超えてきていて、良い

 

このブルーは、河原で拾った小石の色

 

写真 2019-03-13 16 09 45.jpg

 

個体差はあるのですが

こんな風に、本当に石のような質感なのです

 

こんなにきれいな石を拾った経験はない私ですが

名前から連想する有田の風景にはきっと

こんな石があるのだろうなと思います

 

写真 2019-02-07 10 15 59.jpg

 

フレンチトーストは厚切り

ぜひ春は涼し気な色のお皿でどうぞ

 

しロといロいロさんのパンを

春の色いろなお皿にのせて

 

ロが多めでよろしくどうぞ

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
| 1/11 | >>