代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

やっぱり こういうのが いちばん いい

L1002075.JPG

 

お世話になっているフードスタイリスト

飯島奈美さんから新刊を頂きました

 

沢村貞子の献立

料理・飯島奈美

 

映画女優として活躍した

沢村貞子さんの「献立日記」を元に

飯島さんがお料理を

 

気取らない(それでいて最高の)日々の献立に

沢村さんの文章がところどころ添えられています

 

L1002077.JPG

 

サイン入りでした

店主の役得

 

これまでに飯島さんが手掛けたCMや

映画「海街Diary」「タニタの社員食堂」

NHKドラマ「ごちそうさん」などなど

色々な場面でAllegoryの食器を使用頂いています

 

飯島さんの本にはいつも

何気ない毎日の食卓が楽しく

それでいて少し格上げされるような

優しい閃きが詰まっています

 

この本にも、ちょっとしたひと手間やコツ

出汁の取り方、揚げ物の上手な揚げ方

 

どんな道具が使いやすいかなども

 

初心者にとっては分かりやすく

けれどお料理をよくする人にも嬉しいヒントが載っています

 

やっぱり こういうのが いちばん いい

 

タイトルにお借りしたのは帯に書かれていた言葉です

ひらがなだけで、こんなにも説得力が

 

家にいる時間が増えそうなこの頃なので

じっくりお料理に向き合うのも手だなと

 

お知らせついでにもうひとつ

 

1人暮らしの毎日がもっと楽しく、の

とりぐらさんにて代官山本店を取材して頂いております

 

しかも豪華2本立て

 

https://gakumado.mynavi.jp/torigura/enjoy/interior/FxYer

 

https://gakumado.mynavi.jp/torigura/enjoy/interior/Nzu3C

 

とりぐら、って

 

「とりぐら」

からの名前なんですね

 

勝手にぐりとぐら的なイメージで固定されてました

 

ボリューム大でまとめて頂いているので

こちらもお家時間のお供にどうぞ

 

L1002066.JPG

 

今日お店に来たら

看板が描き替えられておりました

 

実に春っぽい色合い

 

L1002067.JPG

 

桜並木を歩む後ろ姿がうっすらと見えます

 

店名も桜の花びらで描かれているんですよ

細部!

 

L1002068.JPG

 

ニット帽被っている男性

もしかして店主ですか?続投??

 

そして、この小さな恋のメロディを思わせる図案

思わせぶりですね

 

あれでしょうか、匂わせ

巷で騒がれている...

 

ちなみに、黒板をかいてくれている画伯から

本日残されていたメモがこちらになります

 

L1002071.JPG

 

 

補充できてまへん

 

軽めに謝罪した後につづく、かたじけない

 

幕末かな

 

どうかお気に召さるな

補充ならしました

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

 

 

 

 

かとうのつれづれ comments(0) -
花を一輪

L1001945.JPG

 

この花、懐かしいなと

名前を調べたらムラサキツメクサでした

 

シロツメクサの仲間でしょうか

小さな頃よく編んだ思い出が

 

L1001939.JPG

 

試験管にドライフラワーが1輪

 

スッとした佇まいのインテリアが入荷しています

 

 

L1001944.JPG

 

実験器具っていいですよね

 

試験管のストイックさと

台座の金属とのコントラストが利いています

 

なお、本日は全ての写真をライカでお届けしております

 

補助輪付きで練習してたのが

いよいよ公道へ出ます、みたいな

 

違うかもしれない

まあいいや

 

丁度というか、タイミングというか

夕方、お客様に声をかけて頂いたんです

 

写真いつも見てます!と

ありがたい恥ずかしいでも嬉しい

 

あの時私がちまちまと加工していたのはこちらです

 

そして見せて頂いた自作のお料理があまりに美味しそうで

写真の腕を磨きたい、と刺激を受けたのでした

 

カメラについて色々教えて下さりありがとうございました

お料理する男性は間違いなくモテます!

 

全く試験管と関係なくなってしまった

 

L1001937.JPG

 

先週少し書きましたけれど

やはり花があると落ち着く

 

視界に一輪あるだけで

少しほっとしませんか

 

忙しくてお花とか買ってる暇はない!

という方には、ぜひ先程のドライフラワー入りのオブジェを

 

L1001943.JPG

 

ドライフラワー派には

ブラスのフレームがついたディスプレイケースを

 

ばさり、と束で入れるとお部屋のアクセントになるのではと

 

L1001935.JPG

 

ほんのりブルーとグリーンの色がついたガラスベース

 

低い方は、今ならパンジーをカラフルに飾ってもいいし

背の高い方は、つるのあるグリーンだけ挿しておいても様になる

 

L1001934.JPG

 

水が入るとほら

 

微妙な色のニュアンスが感じられて美です

ほとんど透明、でも少し色がある

 

曇りのないグラス

澄んだ水

 

眺めているだけで

心が少し穏やかになるような気がします

 

春を待ちながら

部屋にも心にも花を

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

かとうのつれづれ comments(0) -
SOUP STOCK KATO

L1001699.JPG

 

寒かったり暖かかったり、忙しい毎日です

みなさまいかがお過ごしでしょうか

 

わたしの最近はですね

タイトルそのまま、スープと共にあります

 

 

写真 2020-02-05 10 03 16.jpg

 

右・A大根とごぼうを出汁で煮たもの

左・B人参としめじを少しの塩で煮たもの

 

どちらも火を通しながらうっすらと下味をつけておく

人参としめじが出汁ベースでないのは洋風にも使えるから

 

具沢山の味噌汁ならABを合わせて味噌を溶く

 

写真 2020-02-05 10 17 20.jpg

 

スープとか言ってるけど味噌汁じゃないか

いいえこれは MISO SOUP

 

そう、そしてM久保さんのお米へのアンサーブログ

ではない

 

写真 2020-02-11 7 53 23.jpg

 

キャベツとセロリにBを加えて

コンソメと少しのカレーパウダー

 

食欲がない時はスパイスを使います

 

写真 2020-02-03 8 36 13.jpg

食べ終わりそうな写真で失礼

 

炒めたマッシュルーム、ほうれん草、ラビオリを

Bに入れて豆乳クリーム煮

 

ベースのスープがあると帰って20分くらいで支度できる

 

私は何年やっても料理のスピードが上がらない病のようでして

一から仕込もうとすると道のりが果てしないのです

 

写真 2020-02-09 14 25 09.jpg

 

もはやスープではないブロッコリーの存在感が大きい

 

キャベツは千切りにして軽くマリネ、コンソメで煮ておく

大根はあく抜きして水煮

 

写真 2020-02-12 9 32 43.jpg

 

残っていたしめじと大根を合せて鴨の肉団子とスープに

 

大根を少しだけ洋風に食べるのも

この冬はまっております

 

以前は色々な野菜を塩で煮たスープをどん!と作って

味付けを変えながら食べるみたいなのをよくしていました

 

今年は素材ごとに分けて数種をストック

 

合わせても単体でも、そこに何か加えても

自由度の高い保存方法がしっくりきています

 

常備菜というほどでもないけれど

スープストックがあるとちょっと安心

 

耐熱陶器を使うと、温めるのも食べるのも1つで楽

 

ちなみに、耐熱陶器ではないですが

L1001704.JPG

 

このマグカップでか!!とたまに噂されているこれは

スープカップです

 

カフェオレとか飲んでも良いですけどね

沢山飲みたい方はね

 

 

L1001699.JPG

 

ソーサーは下に敷いても良いし

冷めないように蓋にしておくこともできる

 

 

L1001702.JPG

 

もちろん今週もLEICAトレーニング

孤独な自主練を続けています

 

ピントはどこ行った

 

今日は、大量に茹でてしまったブロッコリーを

オイルと大蒜でゆっくり蒸し煮にしようかな

 

スープじゃないじゃん

 

耐熱陶器はオンラインからもご覧いただけます

 

立春は過ぎたものの、寒さはまだ続きます

耐熱陶器の本領発揮の季節ですよ

 

それではまた来週

 

プレスかとう

 

かとうのつれづれ comments(0) -
年末によせて・2019

写真 2019-12-25 13 53 40.jpg

 

メリークリスマス!!

 

リアルタイムで読んで下さっている方が

果たしてどの位いらっしゃるのかはさておき

 

もういちど、Merry Christmas !!

 

久しぶりにクリスマスが水曜日

気持ちだけはトナカイのカチューシャをつけて仕事をしました

 

気持ちだけです

エアカチューシャ

 

メリクリ言ってますが

今年も残すところあと1週間

 

本日の店内も

 

お正月へ向けて和陶を吟味される方

年越しに鍋をしたいと土鍋を真剣にご覧になる方

 

 

仲睦まじいカップル

 

 

仲睦まじいカップル。。

 

 

仲睦まじいカップル。。。

 

 

こんなにも皆さんデートするのかという

 

後半ただのやっかみですね

さて今年最後の更新は

 

アレゴリーのSmall Good Things

竹の菜箸をご紹介したいと思います

 

写真 2019-12-25 13 54 41.jpg

 

このところ、Allegoryで菜箸といえばこれ

 

国産・竹素材

 

竹は熱に強く丈夫なので

料理中でも熱くなりにくいです

 

 

箸先には細い溝があり

引っ掛かりが良くなっています

 

これがあるだけで使い心地が違う

 

春雨とか蒟蒻とか

つるんとした形状のものをが永遠に掴めない辛さを防ぎます

 

写真 2019-12-25 13 54 15.jpg

 

持ち手側にはねじり

 

指先がここにファインFIT

痒い所に手が届くがすごい

 

つい先日、23歳の女の子に

 

「やばみ」という言葉の使い方について学んだのですが

 

それに倣うと

 

届きみがやばみ

となります

 

全然使いこなせてない

むしろ使う時ちょっと緊張してる

 

写真 2019-12-25 13 53 40.jpg

 

そんな、使い心地がやばみなお箸

 

お値段は594円

 

丁度いいでしょう

ちょうどいいんです

 

新年を迎える準備に新しいお箸を揃える方は多いですが

ついでに菜箸もどうぞ

 

写真 2019-12-25 13 51 37.jpg

 

今日は寒いなぁと孤独にタイピングしていたら

お向かいさんが「メーリークリスマス!」と

 

いちごのサンドイッチを持って現れたんですが何なの好きになってしまうのでやめて欲しいやっぱ止めないでほしい

 

人の姿をした天使ですね

心の中でノーベル賞を送ります

 

という訳で私の元へもサンタは来ました

 

写真 2019-12-25 12 39 20.jpg

 

年末に立ち寄ってくれた友人もありがとう

 

ニュアンスカラー満載の彼女が購入したのは

グレージュ(先週の記事参照)のホーローのお弁当箱

 

これを保存容器にしたり

バターケースにするのだそうです

 

いいですねぇ

 

決められた使い方に囚われずに

それぞれの生活と使い勝手に合わせて自由に使ってほしい

 

料理も器も「こうでなければ」を取り払うと

もっと気楽で楽しめると思います

 

さてそろそろ閉店時間

年末年始のAllegory HomeToolsは

 

代官山店 12/31〜1/2まで休業

 

川崎店 12/31 18:00閉店・1/1休業

 

となります

 

2019年も1年間ありがとうございました

 

つつがなく今年も年末の挨拶ができることを

何よりも有難く、うれしく思います

 

皆さま素敵なクリスマスを

そして良いお年をお迎えください

 

それではまた2020年に!

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) -
過日の客人

写真 2019-10-04 17 39 55.jpg

 

こんにちは

 

一週間てあっという間ですね

 

しかも、私は昨日22日(火)が祝日であることを

前日の夜まで全く忘れていまして

 

なんだか今週は月曜日が2回来たような

不思議な気持ちで水曜日を迎えております

 

先週の水曜日、お店には

りえさん @r_kurumikeikaku が遊びに来てくれました

 

少し前に別のお仕事でご一緒していまして

ケータリングの卓上で活躍していたAllegoryの器を確認

 

かいらぎは果物を盛っても様になるのが良いところ

写真 2019-10-04 17 39 05.jpg

 

これはベビーキウイだったかな?

葡萄のような食感でした

 

元気いっぱいの右手の指が何指なのか気になる

親指、又はクレイジーケンバンド風に人差し指でしょうか

 

ちょうど今週末はイベントが控えているそうで

器などを買い足しに

 

写真 2019-10-16 16 43 48.jpg

 

貫入好きが伝わるセレクト

 

上の小さいのはあれです

少し前にご紹介した小さいコンポート

 

写真 2019-10-16 16 44 05.jpg

 

どんな風に使われるのか楽しみ

 

私は、りえさんの作るおやつのファンであるのは勿論

彼女が日常を切りとる視線と、生活に向き合う姿勢がとても好きなのです

 

写真 2019-10-16 16 53 22.jpg

 

写真を撮るふりをして動画

 

「動画ーーーー!」と言っているところ

 

りえさんは現在、店舗を構えずに

イベントで焼き菓子を販売したり

ケータリングなどを中心に活動されていて

 

近々だと、今週末26日

http://www.geckou.com/

クリスマスリースのワークショップでの、おやつ担当や

 

草加のファームハウスchaviさん

https://www.instagram.com/chavipelto/

での収穫祭では、会場のデコレーションも手掛けるそうです

 

こちらは焼き菓子の販売はありませんが

美味しそうな野菜やお米など、食いしん坊はきっと楽しいはず

 

写真 2019-10-23 9 13 52.jpg

 

今日の朝食は、りえさんから帰省土産で頂いた

海苔の佃煮をお供に

 

街のシューレ https://www.schule.jp/ というお店のもの

 

感想はですね、まずシンプルに美味しい

ごはんですよがここまで洗練された味になるのか

 

高松へ行きたくなります

 

地元・豊島の海苔で作られていると知り

更に豊島美術館へも行きたくなります

 

ちなみに

 

 

これは店主が帰省するとたまに買ってきてくれる

青森土産のイギリストースト

 

青森土産の...イギリストースト

まず名前に困惑したのですが

 

工藤パンという地元のパン屋さんの名品をラスクにしたもの

 

ちなみに製造は東京です

 

ディスってません

 

 

忠実にパンの形をしていて愛らしい

そして砂糖がじゃりじゃりっとして美味しい

 

ちなみにイギリストーストは青森県民のソウルフードだそう

 

青森 工藤パン と検索すると沢山情報が出てきて楽しいです

https://dailyportalz.jp/kiji/igirisu-toast_in_aomori

 

ディスってません

ただ思い出しただけです

 

それではまた来週!

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
半夏生ず

写真 2019-07-02 12 16 29.jpg

 

旧暦の七十二候で言うところの「半夏生ず」

 

読み方はハンゲショウズ

 

ちょうど今ぐらい

7月の初めの頃をこう呼ぶのだそうで

 

夏至 末候 半夏生ず

 

この頃までに田植えを終わらせなければ

半夏半作といって秋の収穫が半分になるぞ、と

 

田植えを終わらせる目安にしていたそうです

 

お米は勿論好きなのですが

湿度が高くなると、同じ曲線で上昇するのが麺類欲

 

麺類欲、ってなんか大げさですかね

 

写真 2019-07-02 12 15 41.jpg

こちらは先日の昼食

 

みょうが(野菜室にあった)

わかめ(水で戻した)

なめこ(味噌汁にしようとしていたが暑くて作らなかった)

じゃこ天(お酒のアテにしようとしていたのを焼いた)

ねぎ(刻んだ)

ごま(常備)

 

何もないなぁと思いながら作りはじめましたが

あれこれのせてみたら良い感じに

 

写真 2019-07-02 12 19 45.jpg

 

混ぜて食べると、そこには夏がありました

 

当たり前なんですが

お蕎麦って和陶器と合う

 

素麺はガラスに盛りたいけれど

蕎麦ならきりっと白や青の器を使いたい

 

写真 2019-07-03 13 24 22.jpg

 

少したわんだ形のサラダボウル

 

野菜は勿論ですが

これに蕎麦を入れてみたい

 

二人前の麺を茹でてどさっと盛って

薬味をじゃんじゃん入れて食べる時とかに

 

写真 2019-07-03 13 25 40.jpg

 

横顔が美

 

佇まいが涼し気であるのも重要

 

 

写真 2019-07-03 13 26 07.jpg

 

フチの鉄錆が効いています

 

薄茶色の十割蕎麦、もしくは

蕎麦サラダも可

 

写真 2019-07-03 13 30 05.jpg

 

蕎麦猪口なら

 

古染に金継ぎのようなあしらいのこれ

 

持つと少し重さのある

それでいて小さめな

 

見た目にも重厚感のあるものが気分です

 

蕎麦屋での一杯がどうにも好きなので

家で食べる蕎麦タイムにもその気分を味わいたく

 

写真 2019-07-03 13 27 36.jpg

 

最近入荷してきていたこちら

 

これに、板わさを数切れ

もしくは出汁巻

 

御新香とわさび漬けでもいいや

 

写真 2019-07-03 13 27 47.jpg

 

味の濃いものをほんの少し

見た目にも鮮やかな感じに盛って

 

きりっと冷やした大吟醸でもあれば

 

 

 

(最&高)

 

 

 

(すぐにでも食べたい)

 

 

 

(お腹空いたな)

 

 

 

心の声と共にどんどん改行してしまった

 

今日も食べちゃおうかな

 

ヘルシーさ、喉越しの良さなど

お蕎麦の良さはいろいろあるのですが

 

身体にこもった余分な熱や湿気を取り

クールダウンさせる効果もあるので

梅雨時期の食事としてたいへん理にかなっている

 

写真 2019-07-03 13 36 43.jpg

 

そこに、ねぎや生姜、みょうがなど

薬味と言われる香り野菜を加えれば最強

 

実は冷えていることの多い梅雨時の身体を

温めることで水分の代謝を促し、むくみを解消してくれます

 

美味しく食べて、水はけのよい身体を心掛ける

 

体調を崩しがちな季節こそ

日々の小さな工夫の積み重ねが効いてくる

 

作るモチベーション

食べるエネルギー

 

ささやかに器で気分転換しながら

この過ごしにくい季節を楽しみましょう

 

それではまた来週!

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
それでも緑が好き

写真 2019-06-19 14 38 59.jpg

 

梅雨の晴れ間

雨の後には木々が艶々と

 

植物にとっては過ごしやすい季節なのでしょう

 

紫陽花も見ごろを迎えて

鮮やかな紫はこの季節ならではの美しさです

 

さてさて

 

写真 2019-06-19 14 35 49.jpg

植物といえば、の最近の人気者

 

ガーデニングや日々の花生けに重宝しそうな鋏です

 

写真 2019-06-19 14 46 47.jpg

ステンレスに真鍮メッキ

 

手にすると程ほどに重い

 

この重さが割と大切だったりしませんか?

力を込めやすいというのか

 

枝を切る時に手元が跳ねないの大切です

 

あと持ち手のカーブが美

 

写真 2019-06-19 14 36 48.jpg

 

フォルムは普遍的なのに

鈍く光る金色であるというだけで

印象がだいぶモダンになる

 

入口付近でも存在感を放っております

 

写真 2019-06-19 14 40 54.jpg

 

 

華道で使う鋏には

つる手、わらび手なんてありますが

 

家で使うとき大切なのは、手馴染みと使いやすさ

あとは気分が上がるか否かでしょうか

 

ちらみにこれはつる手の方です

写真 2019-06-19 14 36 23.jpg

 

並んだ姿はどことなくあれを連想しますね

 

プレッツェル

 

美味しいですけど

食べすぎるとけっこう塩気の強めな

 

そこも好きですけれど

ええ、お腹なら空いていますが話を戻します

 

部屋に花を飾ると生活空間が華やぐ、というほかに

 

毎日水を替えて少しづつ切り戻し

バランスを整える楽しさもあります

 

頂いた花束だったり

自分で選んできた数本の花も

 

短くなって組み直すとまた違う見え方になったりして

 

写真 2019-05-30 9 09 48.jpg

 

少し前に、こんな鮮やかな花束を頂きました

 

「自分ではきっとピンクを選ばないでしょうから」と

 

贈り物は、その人に似合いそうな物

好きな物を贈りたいと考えていますが

 

花だけはそれを裏切ってもいいものだなぁなんて

 

こうして行儀悪く床に広げながら

毎朝束ね直しては、あぁ綺麗な色だと

 

その数日、その少しの時間ではあっても

やはり花って素晴らしいと思うに充分だったのでした

 

やっぱり花が好き

植物が好き

 

なのでこうした植物周りの道具も

やっぱり楽しいなあと思う6月の水曜日です

 

それではまた来週!

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
we are what we eat

写真 2019-06-11 19 07 56.jpg

 

梅雨です

ここ数日は少し肌寒いですね

 

昨日、久しぶりに土鍋で玄米を炊きまして

 

最近はあまり家でお米を食べないので

炊き方を忘れたんではと思いましたが平気でした

 

玄米はとにかく吸水が命

欲をいうと丸一日くらい水につけておきたいところ

 

土鍋玄米派のみなさま

蓋を開けた時にこのぷつぷつとした穴を見るとほっとしませんか?

 

写真 2019-06-11 19 08 28.jpg

 

ちなみに、2合の玄米に600ccの水

弱火で45分、そのまま蒸らして20分

 

と、2行で完結する方法で炊いています

 

突撃かとうの晩ごはん

 

写真 2019-06-11 19 22 09.jpg

せりのナムルと出汁巻

せせりとズッキーニを焼いて

 

玄米ごはん、ミョウガとあおさの味噌汁

梅干しとちりめん山椒

 

タイトルにも書きましたが

 

we are what we eat

私たちは食べたもので出来ている

 

シンプルで分かりやすく

そして的確な言葉だなと思います

 

きちんとした食事をしているだけで

だいたいのことは上手くいく

 

サプリをいくら飲んでも

機能的な化粧品をいくら肌に与えても

健康である、ということには敵わない

 

きちんと食べていれば、それでオッケー

と私の中のローラも言っています

 

写真 2019-06-12 13 06 20.jpg

 

急に宣伝ぽくなってすみません

 

昨日、ちりめんじゃこを取り分ける時

このスパイススプーンの良さを改めて感じまして

 

写真 2019-06-12 13 07 36.jpg

 

愛する小さきものシリーズ

 

改めて便利なんです

食卓QOLがかなり向上する

 

写真 2019-06-01 18 14 24.jpg

 

少し前に、家に人が集まった時

蒸し豚を作ったのですが

 

柚子胡椒や粒マスタードなど

練状の薬味をちょんちょん、と載せるのに

 

これ以上の適役はないだろうオブザワールド

 

ちなみに

 

〜オブザワールドは

ごく近しい人との間だけで流行っていまして

 

何でもない言葉尻につけるだけで

ちょっとだけ人をイラっとさせる不思議

 

写真 2019-06-12 13 35 13.jpg

そんな便利オブザワールドのスパイススプーン

 

長さは約8cm

Bicライターより少しだけ背が高いです

 

それではまた来週!

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
夏へのたくらみ

写真 2019-06-05 12 53 03.jpg

 

入梅の候

はっきりとしないお天気が続きます

 

湿度は苦手なものの

 

暑くもなく寒くもなく

湿度のおかげで肌も潤うこの季節が割と好きかもしれない

 

さて本日はお店にて楽しい打ち合わせ

 

写真 2019-06-05 14 27 14.jpg

 

ちらっ

 

久しぶりのあの方です

YPKさん

 

なんかメモ取ってる

 

写真 2019-06-05 14 27 36.jpg

 

今度は電卓叩いてる

 

さて何の企みでしょう

 

写真 2019-06-05 12 53 27.jpg

じゃん

 

これは、アーティフィシャルフラワーといいます

 

YPKさんは長らくこのお花に纏わる仕事をしたのち

今年から個人で製作活動をスタート

 

アーティ、アー、アーティフィ、、と

噛んでしまい最初は名前を言えなかった

アーティフィシャルフラワー

 

造花の一種で、特に精巧に造られたものを指します

 

生花のようなリアルさと

劣化しにくく、メンテナンスいらずで

 

じわりじわりと人気が高まっているのです

 

写真 2019-06-05 12 54 40.jpg

 

例えば

 

この季節、お部屋でも楽しみたい紫陽花

 

もこもこっとしたあのシルエットはとても魅力的なんですが

水揚げが難しく、高価なこともあってなかなかハードルが高い

 

加えて、切り花だと頭が重たくて大きな花瓶でないと支えきれない・・

 

そういう時はアーティフィシャルフラワーを

 

写真 2019-06-05 15 55 06.jpg

 

あとは、花を贈りたいけれど

形として残るものがあれば尚いいな、という時にも

 

その時その時、一瞬の美しさのある生花の良さ

持続性のある、長く穏やかに楽しめる造花の良さ

 

バランスよく、用途に応じて選べたら

それは素敵な事ではないかな、と

 

写真 2019-06-05 16 28 22.jpg

 

そんな思いから、夏に向けて新しい企てがスタート

 

生花が悪くなりやすくなる夏場は

実はアーティフィシャルフラワーの本領発揮な季節だそう

 

詳細は改めてお伝えしますが

代官山と川崎の両店でご紹介できそうです

 

カミングスーン

どうぞお楽しみに!

 

それではまた来週

プレスかとう

 

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
5月を健やかに過ごす3つのハック

写真 2019-05-22 10 01 16.jpg

 

5月も後半

 

大きな連休も終わって

日常が戻ってきた所でしょうか

 

4月から新しい生活が始まった人に限らず

なんとなく疲れが出やすい今日この頃

 

朝、だるいなーという時

 

ミネラルウォーターに

新鮮なレモンをこれでもか!と絞って

 

写真 2019-05-22 10 02 18.jpg

今朝のレモン水

 

なぜ急に画像が正方形に?

自分にもわかりません

 

疲労にも色々な種類があるので

一概には言えないのですが

 

食べること、そしてお酒も好きで(私です)

特に思い当たるフシはないけれどだるいな〜という場合

肝臓が疲れていることが多いそうです

 

肝機能の回復や、体内をアルカリに保つなど

レモンの効能に若干の期待をしつつ

 

単純にシャキッとして気分がいい

というのが一番の理由だったりもするのですが

 

フレッシュなレモンの香りで目を覚まし

ついでに肝臓も元気に

 

柑橘の香りは、憂鬱を吹き飛ばしてくれる効果もありますし

 

写真 2019-05-22 13 22 19.jpg

 

水分を補給したら

しばしの深呼吸タイムを

 

巷は瞑想ブーム

 

マインドフルネスという言葉も

随分と市民権を得ましたよね

 

ピラティスを始めて4年になりますが

一番役に立っているのは呼吸法だったり

 

まず身体の中の空気を全部出し切るように吐く

 

ぎゅっと力の入った横隔膜の力をふぅ...と抜くと

自然に肺へ空気が入ってくる

 

呼吸が深くなるだけで余計な力が抜けて

いくばくか身体も軽くなるような

 

写真 2019-05-22 13 31 10.jpg

アロマレコルトのソリッドパフューム

 

お薦めの香りはHerbal

パチューリ、ローズマリー、レモングラス

 

手首に軽く擦り込み

香りを吸い込むように深呼吸をするとあら不思議

 

奥さん、なんだか気分が整うじゃないの

 

(志の輔師匠風に読んでね)

 

パチューリは、グラウンディング

気持ちをどっしりと落ち着かせてくれる効果が

 

ローズマリーは、交感神経のスイッチ

さてやるか!という気分にしてくれます

 

レモングラスは、リフレッシュ

眠気を覚まして明るく

 

朝にぴったりなブレンド

 

このソリットパフューム

全成分が天然の植物由来なのも嬉しい

 

さて気分が整ったら

 

写真 2019-05-22 9 26 32.jpg

 

温かいスープで朝食を

 

と言っても

 

冷蔵庫にあった人参をピーラーで薄く剥いて

しめじとえのきを入れて

 

茹でた豆にトマトピューレ、コンソメで整えただけの

なんちゃってミネストローネです

 

ポイントは豆

 

写真 2019-05-22 9 26 39.jpg

 

豆です

豆食べてたらなんとかなる

 

あと茹でた卵いれると最高

半熟で願います

 

ルーチンだったパンとコーヒーから

ちょっと気分を変えて

 

温かいスープでエンジンをかけたら

なんとなく今日はいい感じになりそうだな、なんて思う

 

かとうのハックは、レモン、深呼吸、豆

2つが食べ物なあたりに本質が出ますね

みなさんのハックはなんでしょう

 

これやっといたらなんだか健やか〜

みたいなコツが2つ3つあるだけでも

ちょっと気持ちが楽になりませんか

 

5月もあと少し

 

小さく気分転換しながら乗り切りましょう

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
| 1/10 | >>