代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

ホームパーティ男子 2012・冬

 

これを書いているのは12月25日
世の中は絶賛クリスマスな訳ですが

「メリークリスマス!」と陽気に店に入ってきたら
ストックと店を仕切るカーテンがレールごと頭上に落ちてくるという

どんなクリスマスプレゼントなんだろうか
こんばんは、水曜当番です

先日ホームパーティ男子宅で冬の鍋を食す会があったので
今日はその話でも

12番目のうつわ男子でもあるところのシェフより
http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20120507

「今回はピェンロー鍋をやりますです」
とういうインフォが来たのが数日前


ピ、ピェンロー
イントネーションは「ェ」強めで合ってますでしょうか

とにかく未知・・!

という訳で
「そもそもどこの国の料理だろう」という思いと共に迎えた当日

シェフの自宅へ行くとそこには大量に刻まれた白菜の山
そして大人の頭より大きな白菜が1つと半

シェフ曰く「白菜が信じられないほどおいしい鍋だそうです」

「ひとり白菜二分の一個はいけるそうなので、用意しました」

ほんとに?たまたま今日の白菜が当たりで
こんなに大きな玉だというのは想定外なのでは・・

そう思いながらいい感じに使いこまれてきたコセール8号鍋を覗くと

しいたけに次ぐしいたけ
時々、昆布

部屋中に立ちこめる椎茸の香り

「椎茸嫌いな人居たらどうしましょうね」
という会話が聞こえたけど、もし苦手なら軽く気絶するレベルかと

こんなにも椎茸を近くに感じたの、私は初めてです



ピェンロー鍋とは一体何か

ざっくりいうと中国の家庭料理のような鍋料理で
具は白菜と豚・鶏肉・春雨だけの実にシンプルで素朴な鍋です

感じで書くと「扁炉」
扁とはささやかな、とか素朴なという意味だそうで

シェフがとある筋からの情報で「この鍋がうまいらしい」というコトで
戴いてみる運びとなったわけです

少ない具材でシンプルな鍋、というのは
以前クレソンと豚肉の常夜鍋というエントリーを書きましたが
こういう野菜をシンプルに食べる鍋に目が無いので興味深々


ピェンローについて熱く語るシェフ

この方の「うまいもの、未知のもの」に対するアグレッシブさ
私は完全にリスペクトしております

シェフが説明してくれた手順は以下のような感じ


椎茸と昆布で取った出汁に、白菜の白い部分(根元)を入れて
弱火で20分間煮る

肉を入れた上に白菜の青い部分(葉)をかぶせしんなりするまで煮る

おたま一杯のごま油を回しかけ、更に弱火で20分

春雨をいれて蓋をし、白菜がくたくたになった頃に更にごま油を回して完成



味付けは?と思った方
鋭い

味付けは、取り分けた後にめいめいが塩と七味で行います
他に柚子胡椒などもお好みで



立ち上る湯気、立ちこめる椎茸の香り

メンバー全員椎茸が好きで本当によかった


 

最後にのせた春雨がうまみを吸ってぷるぷるに
シンプルだけどいくらでも食べられるおいしさでした

弱火でコトコト煮ることでじっくり白菜に火が通り
ほんとうにとろとろで飲み物のよう

じっくり温めたスープは濁らず澄んだ黄金色でした

初めて耳にしたピェンロー鍋でしたが
これからの寒い冬に何度も食べたいと思える優しい味でした

急に写真のテンション変わっていますがどうぞ気になさらず

鍋を待つ間に、とシェフの用意してくれた山盛りのポテトサラダ
そして見覚えのある器たち

ピシッと全員同じうつわも良いですけど
こういう風に色んな色、素材、形を混ぜて使うのってすごく好きです

4th-marketはプロダクト全般に同じような空気があるので
シリーズが違うものを並べてもあまり違和感がないんです

なんてちょっと宣伝



ちなみに、シェフの使っているコセールの土鍋に
ひとまわり大きいサイズの9号が加わりました
http://allegory-hts.shop-pro.jp/?pid=53042555

8号と比べると、気持ち大きい
3、4名で囲むならこのサイズも良いのではないかと

あ、いつのまにかがっちり宣伝してた・・
てへぺろ!

てな訳で、初食のピェンロー鍋
とにもかくにも美味でした

年末年始はとりわけ外食や暴飲暴食が増える時期
疲れた胃を休めてくれるこんなお鍋はいかがでしょう

ちなみに、やはり大玉すぎる白菜は食べきれず
今日現在我が家の冷蔵庫に半玉あります

今日もピェンるか
ちなみに、ピェンロー鍋の雑炊は「ピェンゾー」と呼ぶそうです

ピェンローあるある



シェフのキャップが可愛かったので最後にパチリ

いつもありがとうございます
これからも未知の世界を沢山教えてください

明日は本店で今年最後の店番
ぜひお立ち寄りくださいね

それではまた!

プレスかとう
うつわな人たち comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>