代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

うつわ男子 vol.13
 

久々のうつわ男子です

今回登場してくれたのはライターのW氏
枯葉の舞い散る冬のある日に笑顔で登場

のっけからいい笑顔をありがとう

彼は元々、某出版社で編集をしていましたが
最近独立してフリーのエディター&ライターに

そもそもは出版社時代に展示会に来てくれたのがきっかけで
仲良くなりました

でも、実はきちんと会うのこれが2度目
これ書いていて気づきました

・・2度目か!


いい帽子かぶってますな

そんな、実は2度目ましてだったW氏

初めて会った時の印象がなかなか強烈だったので
実はもう結構仲の良い人のような気が、勝手にしています

何が強烈だったか?まず大きな荷物
後にそれがディジュリドゥという楽器だと知るわけですが

編集部の男性が持っているとしたら普通は紙袋とかな訳です
自分とこの雑誌とか、よその展示会回ってきたお土産とか

そうではなくて楽器
YOUなかなか自由だね

いっぺんで気に入りました
この人たぶん面白いほうの人だと

話してみたらやっぱり面白い
馴れ馴れしいというのとは違う、人懐っこさというか

警戒心とかもともと無い方だと自分では思ってますが
にしても、このフラットさは・・

うまく伝わっているかはさておき
そんな飄々とした空気もなかなか強烈な出会いしなでした




W氏:こんな風に撮ってるんすねー?

大体皆が同じことを言います
そうです、こんな風に撮っているのですよ

自然な顔の写真がいいので話しながらパチパチ撮る訳ですが
欲しい絵の為なら何テイクでも厭わない粘り強さを当方持ち合わせております

うつわ男子おもしろいっす、と登場を快諾してくれたものの
なかなかタイミングが合わず登場が延び延びに

二年越し?くらいの忘れた頃に実現

フリーになって時間の余裕が出来たタイミングで
満を持しての登場となったわけで

この日は友人の結婚祝いなどを選んでくれました

ようやく!という不思議な達成感と一体感が漂う店内
でも、何度もいうけどこれが2度目

面白いです



中腰で物色中の男子
けっこう真剣だったので逆にびっくり(何故だ)

先ほど触れましたが氏は音楽以外にも多才でして

絵を、描いているのです

どんな絵?と言われると説明できないんですけど

何の絵?どんな絵?と
ひと言では言えないのが素敵なんだよ、という風な絵です

これを書くにあたり、もう一度絵をよく見てみましたが
余計にわからなくなりました

説明しようなんて10年早かったっす

あれが頭の中にあるんだからどうりで、面白いわけだね
そういう不思議な絵です

そんな絵を描いているW氏



友人への贈り物はこれを選んでくれました
フエゴの鍋

ちょっと個性もあって、土のぬくもりがあって
ああ、ちゃんと選ぶなあと思いました

喜んでもらえているといいです

あとはこれも


ぎやまんの器 3色セット

男子でこれ選ぶ人あんまりいなかったかも
これ、ガラスに見えるけど陶器なんです

「ぎやまん」はガラスの呼び名で
陶器だけどガラスに見えるからそういう名前がついている

良く見ると面白いねっていう割と通好みなうつわ

選ぶものって、やはりその人が出る
おもろいな

そんな感じで



鏡越しにご拝顔

今までのうつわ男子らしからぬアングル
新しいことにも挑戦していかないとね

と、自分に言い聞かす

W氏ありがとうございます
ライターとしてのお仕事依頼も絶賛受付中

てな感じでまた来週!

プレスかとう



















うつわな人たち comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>