代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

お茶の間
 


たまには食器屋らしく、きちんと器の紹介をします


「うつわ男子、読んでるよ!」と声をかけて頂いて嬉しいのですが
このブログのタイトルは「裏日誌」であります

(でも、有り難いことに検索で「うつわ男子」と入れるとトップに表示される事実)


裏日誌らしく、たまには実のある内容にしなくては・・・



この間、お店に小さな女の子が来てくれました


入店時から”とぉーいれぇ〜には〜♪と元気良く「トイレの神様」を歌っていて
ああ・・人気があるというのは本当なんだね、と思い聞いていたのですが



「それはーそれは 綺麗なー」




「おーばあーちゃんがーいるーんやでー」






トイレにいたのおばあちゃんだっけ?

女神様は?



まあいいか

おばあちゃんも綺麗なら、尚良しだ



その子、おばあちゃんと買い物してたんですけどね

きっと大好きなんだろうなぁ



湯呑みの画像貼っておいて、いきなり話が飛んでしまいました


なぜかというと、いちおう理由はあるのです


祖母が、生前お茶の好きな人で
よく淹れてもらいながら、だらだらとお喋りした記憶があるんです


ほうじ茶や番茶など、なんとなく茶系のお茶を飲みながら
黙って私の話に耳を傾ける・・・ということは無くて
孫の私の話はあまり聞かない、自由なおばあちゃんでした

一度、下を向いて話をしていて顔を上げたら
結構遠くで足にマニキュアを塗っていてすごくびっくりした記憶が

同じ血が、きっちりと自分に流れているのは感じています


形見分けで母が貰った急須を、今は私が引き継いでいるので
お茶の時間にはふんわりと祖母を思い出します

そんな訳で、お茶周りの道具を見る=おばあちゃんの思い出
という私の脳内チャートから、今日は湯呑みの紹介に至った、と


強引?いつもですよ


なぜなら店に可愛い湯呑みが沢山あったので・・・・



清山の湯呑み
 
手前と左のカップ ¥2100 奥の湯呑み ¥1890

ねずみ志野でボーダー、というのがなんかいい
手引きなのでひとつひとつ表情が豊かで、手の馴染みも良いです

カップの方は、小鉢として使っても良さそう
わざとバラバラの形や模様で買われて行く方も多いです




人気の錆かいらぎと、4th-marketのコクシリーズ

向かって左は錆かいらぎ湯呑み ¥1280 右は コク丸湯呑み ¥1680

かいらぎはこの記事でも紹介した人気者
画像は灰色で、貫入の中にグレーが入っていますが、他に白もあり
他にもどんぶりや小鉢、7寸の深鉢なども揃っています


コクの丸湯呑みは、和風のカフェオレボウルみたいな感じなので
小鉢として使うも良し、たっぷりミルクを入れてほうじ茶ラテとかもグー
クラフト感のある風合いと、微妙に大きめのサイズ感が良いです


TOPの画像は たてぼり湯呑み

名前の通り、縦に彫った模様がストライプのよう
くびれの無いスッと伸びた形が端正です
大小あるのでご夫婦使いにも


紹介しきれませんが、他にも土物が充実しています
お探しの方は今がいいですよ



湯呑み、ユノミ・・・と連発して
どうしても「You know me?」と言いたくなる自分がこわいよ


それではまた
かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>