代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

ディープ !!波佐見/後編

R0022186.JPG

引き続き、波佐見

先週は「案山子の写真が多すぎます」と
店主に叱られ(あれでも省いたのに)

波佐見は長崎県なのに、
なぜか佐賀県を連呼し御指摘を受けるなど(修正済)

わかって頂きたいのは全て
ディープな波佐見を少しでも伝えたい気持ちゆえ

今日は真面目に書きます
いえ前回も超真面目に書いてました

そんなわけで、いざ後編

少し前から展開している一輪挿しのシリーズ
こちらも波佐見焼
R0022181.JPG
Beaker + Frasco
で、ビカスコ

釉薬のグラデーションの美しさと
実験器具のようなフォルムの面白さ

あと名前つけた方のセンスにリスペクト

このビカスコを作っている窯元さんへもお邪魔しました
R0022034.JPG

奥のほうに見えるのが、まだ本焼成前のビカスコ
これに釉薬を掛けて焼くと製品になります

型を作る人、生地を作る人、釉薬をかける人
ひとつ一輪挿しにはたくさんの手がかかっていて

お店で扱う商品が、どんな場所でどんな風に
どんな方々の手によって作られているか
これが知りたくて、いつも産地へ向かっています

アレゴリーで扱う商品は

いつもの暮らしに馴染み、無理なく買えるお値段で
というのがモットーなので

良いけど、ちょっと高いなァ・・という物は
けっこうシビアな目線で不採用になります

これいいじゃん!
値段もいいじゃん!!

超いいじゃん!!

とならないと、なかなか店頭にたどり着かない

オープンして7年ですが
その辺は頑固に変らない気がします

その代り、扱うと決めた商品については
できるだけ理解を深めてしっかり売っていきたい

ゆえの出張、旅日誌なのであります

真面目か

たまにはまじめに書かないと
てな感じで

小さく、家族で運営されているような窯元から
大きな工場を持つ窯元まで

それぞれの特性や得意分野を聞きながら回ること4社


並ぶ道具に惹きつけられたり
R0022037.JPG


広大な工場にときめいたりしながら
時間は過ぎていきます


R0022038.JPG

窯元を回りながら、気になる商品のチェックも欠かさず

出して頂いたコーヒーのうつわが気になって
その場でオーダーを

R0022026.JPG

向うから撮影しているのは
先週も登場の小柳さん

色々な配色があるマグのシリーズも
これからお店に並ぶ予定です

この他にも買い付けや別注の相談もしてミッション終了

小柳さんのご好意で、やきものの里へ
R0022060.JPG
古代から現代までの色々な窯12基が再現された公園
うつわマニアにはたまらない(かもしれない)場所です

見晴らし良い高台に広がるジブリのような世界に
思わず写真を撮る弊社代表

旅日誌に誰に頼まれるでもなく付いてくる集合写真
R0022063.JPG
広大な風景を背中に、、、と引きすぎました
そして肝心な時にいつもピンの甘い私の愛機GR

左に写っているのが、この日まるっと我々を案内してくれた
小柳さん。男前を写しきれなかった自分の腕前に歯軋り。

日も暮れて来た所で、そろそろ波佐見編はフィナーレに


・・と見せかけて本日のデイープ波佐見


先週紹介した冊子「ディープ!!波佐見町」
もちろん出発前に熟読して行った訳ですが


面白すぎる

FACEBOOKでつながらなくてもだいたい知り合い

これもしかして「悪そうなやつはだいたい友達」
を超えるパンチラインなのではないかと

そしてこれ

小柳さんも


「ほんとに至るとこに落ちてますよ」

「あと雨が降ると出土します」

出土!!

じわじわ来る



本当に普通にハマ(底の部分)などが落ちているのでした

大げさでなく、DEEP波佐見

堪能しつつ、良い出会いもありつつ
実り多い出張となりました

実は、この後には翌日のリアル有田編がまた続くのですが
これにて一旦完結

入荷している波佐見焼はおかげさまで好評につき

本店だけでなく、川崎店と立川店でも展開しておりますので
そちらもよろしくどうぞ

それではまた来週!

プレスかとう

さすらいのうつわ屋・旅に出る comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>