代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

15 years ago


2013年の9月

こんな裏日誌を書いていました
http://ura-allegory.jugem.jp/?eid=163

のらりくらり更新しているこのブログにも
時折、温かなコメントを頂くことがあります

ある日「もしかして加藤さんですか???」

というタイトルでコメントの通知が
(メールアドレスが記載されていたので今は非公開にしてあります)

差出人はなんと
私が昔々に洋服の販売員だった時のお客様でした

どのくらい昔かというと
軽く15年位前

15years ago

もしくは授業で習った覚えのある
long long time ago....

これいつ使うのかなって思ってましたけど
今なんじゃないかと

順を追って説明すると

最初に紹介したエントリーの中に
ワックスペーパーを持っている私の写真があるのです

コチラ(3年前のわたくしになります)
R0016897.JPG
たまたま、彼女が
花の可愛いラッピング方法はないかな〜?と
画像検索をしていたら、お花の写真に混ざって
この写真が出てきたと

あ、、れ??これはあの加藤さんでは・・と
裏日誌を遡って全て読んでくれたそうです。涙

嬉しすぎる、という思いと共に
よりによってなぜこの写真なのか

15年ぶりの再会なのに(泣きたい)
逆にこれで私と分かるのも、ちょっと(泣きたい)

もっと普段からちゃんとしよう自分
店に立つ時に眉毛はせめて、描こう

喜ばしいやら反省するやら

そんなコメントがきっかけになり
彼女がお仕事で上京すると聞いて

先日の水曜日、お会いしてきました

写っているのは彼女の手

お仕事の延長で、時には
テーブルコーディネートも手がけるそうで

15年振りに会った彼女は、母になり
ライター業を中心に活躍する素敵な女性になっていました

お互いに、なんだか似たような働き方をしながら
器と近い所で仕事をしたりしている不思議

偶然にしても凄いな、という気持ちと
会える人には会えるような仕組みになっているんだなあ、なんて

R0016897.JPG
しかし何度見てもひどい
自戒を込めて再び載せてみました

つらい

でも、こんなのでもたまにはアップしてみるものだなぁと

それにしても、よく分かりましたね〜と尋ねると
「腕の長さが決め手になりました」と

腕・・

ともかく長くて良かった

いいんだ私の話はもう
ただ、色々ちゃんとしよう

そう彼女との話

初めて会った時、彼女はまだ高校生
私は駆け出しの販売員

拙い接客をじっと聞いてくれ
お店を移動になる度に、必ず新しいお店へ足を運んで頂いた

メンズのお店へ移動すれば
じゃあ彼に選んで、と
彼女の当時の恋愛まで鮮明に思い出します

15年を経て、懐かしい話と今の話を

再会は渋谷の外れにあるPignonというお店にて

ダイナミックなのに繊細な、レバーのパテをお供に
楽しい夜は過ぎたのでした

余韻に浸りながら、頂いた冊子を眺めていたら

R0022565.JPG
彼女のスタイリングした写真に4th-market を発見


おおぉーーー
ご縁というのはどこまでも繋がっているのでした


これ、ピタのプレート
R0022560.JPG

彼女も好きでよく使ってくださっているそうです

嬉しいのでたまたま店に来たR女史にも
なんとなく参加してもらう

R0022559.JPG
ピタはAllegoryがオープンしてから
ずっと扱っている定番商品

こんな風に、昔と今がお皿を介して繋がるのは
とても面白いことだなと

裏日誌を書くようになって今年で6年目

書くことで色々と頭の中を整理をしたり
調べることで学んでいるのは、他ならない自分なのですが

止めずに続けているとこうしてたまに
ご褒美のような出来事があるんだなと

しみじみ思ったのでした

そして次回自分の画像を載せる時は
きちんと!ていねいに!眉毛も!

そんなことも、思ったのでした

それではまた来週!

プレスかとう
 
かとうのつれづれ comments(2) trackbacks(0)
Comment








カトーさん、感無量。ありがとうございます。じんわり、じんわり、あとからより深く感じることの多い、思い出深き東京の夜でした!あえて、コメントから。またそのうち、メールします(*^_^*)
from. 宏美in仙台 | 2016/02/15 22:22 |
コメントありがとうございます。良い夜でしたね〜、後から更にじんわり感慨が深まるような。商品については客観的に見れても、私的なことだと、なかなかうまくまとまりませんね。笑。修行はつづく・・です。またお会いしましょう♡
from. かとう | 2016/02/18 08:48 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ura-allegory.jugem.jp/trackback/280
<< NEW | TOP | OLD>>