代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

お弁当生活の友

IMG_2490.JPG

 

今日から3月

 

冷たい風の中に時折感じるうららかな日差しに

春が少し近づいてきているようなまだのような

 

絶賛寒いですけども多分春近くまで来てる

あと花粉は確実に来てる(加藤調べ)

 

さてこの季節、お花見に新生活にと

何かと探している方が増えるお弁当箱

 

今日は、潔くシンプルでちょっと武骨な見た目が気になる

タイのお弁当箱Seagullを紹介します

 

FullSizeRender.jpg

 

匂いうつりの心配がないステンレス素材

 

油汚れが落ちやすくパッキンも無く洗いやすい

 

お手入れが簡単、これ大切ですね

 

IMG_2491.JPG

 

あと、軽いー!!

 

 

ん、振ったら中でゴロゴロと音がする....?

 

 

IMG_2494.JPG

 

中に小さいタッパー入ってた!

 

これ嬉しいやつ

 

IMG_2493.JPG

 

果物とか、温めたくないお惣菜とか入れておく

 

そう、このお弁当箱

何をかくそう直火にかけられるのです

 

ステンレスはIHにも対応しているので

小さな一口のコンロだけ、なんていうオフィスでも大丈夫

 

ちなみに電子レンジは使用不可です

 

IMG_2485.JPG

こういう2段のフードコンテナもあります

 

上段にカレー、下段に白米でカレーランチとか最強

 

ちょっとした持ち寄りの時は

そのままテーブルに載せられるルックス

 

直火にかけられるとのことで

キャンプギアにしている方も多いのだとか

 

たまにしか使う機会がない、という

本気ギアも魅力的だけど

普段はお弁当箱→アウトドアでも使える

というフレキシブルさが今の時代に合っている気がする

 

ちなみに、コンテナを眺めていて

この映画を思い出しました

 

スタンリーのお弁当箱

http://stanley-cinema.com/

 

劇中にもまさにこんなお弁当箱が出てきます

 

インド映画と聞くと、すごく長くそして絶えず人々が踊り歌うのを想像してうーん・・となるんですが

 

この映画は誰も歌ったり踊ったりしません

少年たちの可愛さとお弁当が愛おしいのでぜひ

 

さてさてあっちこっちに思いを馳せつつ

 

温かくなったらこのコンテナに

好きなものだけを詰めてお花見とか

 

したいよねぇ・・・と

 

今年もきっと、一瞬で過ぎてしまう桜の季節を想いながら

 

まだ寒い代官山で今日も裏日誌を書いています

 

 

最後におまけ、かとうの旅通信

 

先週、お休みを頂きどこへ行っていたかというと、NYでした

 

SOHOという東京で言うと(たぶん)表参道とか青山のようなエリアに

 

THE APARTMENT by LINE というお店があります

https://www.theline.com/stores_and_events/new_york

 

古いアパートメントをそのままお店にしていて

置いてある家具から服、コップまで全て買えるのこちら

 

IMG_2452.JPG

 

IMG_2435.JPG

 

置かれた一冊の本から飾ってある生花まで

こだわりの詰まった実にうっとりな空間です

 

 

そのバスコーナー

IMG_2436.JPG

 

いたいた!

あったあった!!

 

ズーーーーーム!!!

towl.jpg

 

ニットのようなタオル、でアレゴリーでもお馴染みのラーナ

Made in Imabari 

 

今治タオルはNYでも支持されているのでした

 

えっへんと誇らしい気持ちになりつつ

どんな人が手に取るかを眺めてたりして

 

今治タオルはこのお店に限らず

とてもたくさんのお店で見かけました

 

あるよ

IMG_2498.JPG

 

あるから、アレゴリーにも

 

という訳で、遠い地でいつもの日常を振り返りつつ

無事に戻ってまいりました

 

代官山の中心でNYを叫びつつ

いや特に叫んでもないですけど

 

そんな感じでまた来週!

 

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ura-allegory.jugem.jp/trackback/335
<< NEW | TOP | OLD>>