代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

耐熱陶器の簡単レシピ/鯖とトマトのフジッリ

IMG_2275.jpg

 

耐熱陶器で簡単レシピ

 

今回はノーチェ8インチ耐熱シチュー

和えるだけフジッリ

 

さて

豆苗は何度収穫できるのか?

 

地味に検証を続けていたら2月が終わってしまいそうです

 

このお皿、暫く見てないなと思ったら

 

IMG_2140.JPG

まだ豆苗栽培してたんでした

だから台所に無かったのか

 

しかし3ラウンド目ともなると

まばらな生え方、成長の遅さも顕著

 

”そろそろ勘弁して下さい”というムードを感じずにはいられない

 

豆苗3度までという世論は

どうやら本当のようです

 

この小さなうつわの中で

水と光だけで2回も収穫させてくれてありがとう

 

さて、最後の収穫を終え

無事にキッチンへ戻って来たノーチェ

 

この8インチシチューは深さもあるので

汁ものやカレー、パスタなどにも良いサイズ

 

一人でさっと昼食を済ませたいという時にも便利

 

IMG_2265.jpg

 

暫く前に興味本位で購入していた

グルテンフリーのフジッリ

 

小麦ではなく玄米から作ってあると聞いて

気になっていたのでした

 

あとは冷蔵庫にあったトマト2つ

好き過ぎてリピートしたオイル鯖ディンで

 

IMG_2271.jpg

 

オリーブオイルを中火で温めて

小口に切ったトマトを潰しながら炒める

 

にんにく入れても良さそうですが

あいにく切らしておりましたのでノーガーリックで

 

同時進行でお湯を沸かし

フジッリを茹でる

 

IMG_2269.JPG

 

ザルにあけて湯を切っておく

 

後でソースと絡めるので固めでOK

茹で時間も2、3分程です

 

お米が原料だけあって

確かに艶がうどんのそれに似ている

 

IMG_2272.JPG

 

トマトに火が通ったら

オイル鯖ディンを半量くらい投入

 

味がしっかりしているので

1人前なら缶の半量で充分かなぁという感じ

 

馴染んできたらフジッリを入れ

よく混ぜたら完成

 

IMG_2275.jpg

胡椒を振ってどうぞ

横に見えるのは豆苗(3ラウンド目)

 

最初に食べた豆苗と比べると

味も色も確かに薄いような気がしましたね

 

IMG_2274.jpg

 

ピントが・・

 

二度も収穫させてくれたのに

こんな写真でごめん

 

さてこのフジッリ

やはり小麦のものと比べて

食後のお腹が軽いというか

 

小麦のモチッ、ズシッ、とした食感も

それはそれで好きなのですが

 

今日は少し軽めが良いな、という時に良さそうです

 

次の日は

残りの鯖ディンを豆乳で伸ばして

 

卵の黄身を割り入れたカルボナーラ風

 

IMG_2280.jpg

 

豆乳は飲むのも好きなのですが

 

土鍋でゆっくり火にかけ

出汁で割ったり、味噌を溶き入れたり

 

以前にレシピを載せた常夜鍋なんかも

よく豆乳で作ります

 

ホワイトソースもトマトソースも

いちから作ろうとするとなかなか手間ですが

 

一皿で完結するシンプルなレシピでも

ひと手間かけて、暖かいうちに食べれば十分満足

 

この器は昨年末に購入して

直火でタフに使用中(たまに豆苗を栽培していますが)

 

裏は火に当たってこんな感じに

IMG_2415.jpg

 

耐熱陶器を使うようになり

もう10年近く経ちますが

 

私自身はちょっとした食事も自分で作ることが格段に増えました

 

手間暇を考えたら

買って済ませた方が時間もお金も節約できるのかもしれませんが

 

短い時間でも台所に立ち

野菜を切り、少し炒め

温かいうちに食事をして洗い物をする

 

日常の些細な積み重ねが

人を前に進ませていくような気がしています

 

大げさかもしれませんが

日々の家事の時間

そんなことを割と本気で考えています

 

今日で2月も終わり

明日からは3月ですね

 

何か調理道具をひとつ加えて

春を迎えるのも良いのではないかと

 

新しい生活にむけて

または新しくない生活の方もぜひ

 

それではまた来週!

プレスかとう

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ura-allegory.jugem.jp/trackback/388
<< NEW | TOP | OLD>>