代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

万能すぎる木蓋

 

お馴染み、WECKのオプションパーツ

ゴムパッキン付きの木蓋

 

私も保存容器としてWECKを使う際に愛用しております

 

先日、アレゴリーの社内SNSにこんな投稿が

 

IMG_2602.JPG

 

アウトレットのグラスに

WECKの木蓋がシンデレラフィットです、 from矢野

 

 

シンデレラフィット!!

 

 

雑貨の接客でこんな用語が出てくるとは

 

このSNS

主には業務連絡をやり取りするものなのですが

 

それほどでもない、というスレッドには

 

ちょっと気づいたこととか

スタッフが服装かぶったとか

誰誰がお店に遊びに来ましたとか

 

そんなことが何気なく投稿されます

 

IMG_2603.JPG

 

スタッフからのバレンタインチョコ(組み立て式の恐竜のやつ)

 

組み立てられなかった店主からの懺悔なども

 

(チョコは川崎の阿部店長セレクトでした)

 

そんな風に使われている「それほどでもない」に

それほどでもなくない投稿が

 

アウトレットのグラスとはこちら

 

IMG_2569.JPG

 

白とグレーのスモーキーなグラス

500円也(安い)

 

これに、WECK木蓋のMサイズを合わせると

 

IMG_2587.JPG

 

確かに

 

元々こういうキャニスターなんじゃないかというフィット感

 

IMG_2588.JPG

 

発案者からも笑みがこぼれます

 

お客様との会話の中で

この蓋、あのグラスに合うんじゃない??と発見したそうで

 

どなたか存じ上げませんが

発案者のお客様にもお礼を

 

弐匹目のどじょうを探して社内をパトロール

 

同じガラスならどうか

IMG_2571.JPG

窓辺のフラワーベース

 

春にむけてお花を飾る方が増えたからか

手に取るお客様がとても多いです

 

まず、リユーズガラスのフラワーベースにフィット

 

IMG_2573.JPG

 

木蓋はLサイズです

 

ある時はフラワーベース

ある時は保存容器に

 

なんて便利なんだ

 

IMG_2572.JPG

まさかのこちらにもFIT

 

オブジェ感すらある

これはMサイズの木蓋

 

陶器はどうですかね

 

IMG_2577.JPG

 

竹内俊太郎画伯の蕎麦猪口

相撲柄がコアなお客様に人気

 

こちらにまさかのFIT

 

IMG_2576.JPG

 

力士も心なしかドヤ顔に見えます

 

何に使うかはわからないけれど

なんとなく蓋閉めたくなる

 

これもMサイズ

 

ほかに蓋の合う子はいねが〜

(なまはげ調)

 

IMG_2578.JPG

 

 

お馴染み4th‐market では

コクシリーズに発見しました

 

 

IMG_2581.JPG

 

 

湯呑みです

 

 

IMG_2579.JPG

 

個体差はあるけれどいける

 

ちょっと残っちゃったおかず

蓋をして冷蔵庫にいれておくとか便利すぎる

 

少し前に紹介したディスカ

 

IMG_2586.JPG

 

FITが止まらない

 

矢野さんと私のニヤニヤも止まらない

 

こういう

 

生きていく上で

知らなくても全く困らないけれど

知ってるとちょっと嬉しい

 

みたいなことが大好きです

 

ともすれば何事もなく過ぎて行く毎日に

些細な愉しみを見つけられるのは才能だと、思います

 

木蓋はWECKの純正なので

今日ご紹介したものはあくまで応用で

 

ガラスも陶器も、個体差により

微妙に口径と合う合わないはあると思うので

 

スタッフにお尋ねいただけましたら

”フィッティング”いたします

 

シンデレラフィットの喜びをぜひ

 

それではまた来週!

の前に1つ大切なお知らせ

 

来週の水曜日3月14日は

お店で撮影がある為15時頃のオープン予定となります

 

また、その翌週21日(祝)は

勝手ながら店番のお休みを頂きます

 

とはいえ、所用でアレゴリーのすぐ近くにおりますので

知人の方はお声がけ下さいませ

 

諸々のご連絡でした

 

それではまた来週!(15時頃に!)

プレスかとう

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ura-allegory.jugem.jp/trackback/389
<< NEW | TOP | OLD>>