代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

続・飾る、しまう (そして出かける)

FIL6.jpg

 

今日は風が強いですね

一歩お店を出るとおでこが全開になります

 

4月はなんとなく新しい季節なので

久しぶりにインテリアについて

 

新生活をスタートされた方はもちろん

特に新しい生活でなくとも

身の回りを整えたくなる今日この頃

 

ついこまごまと増えてしまうアクセサリー

見せながら楽しく収納するブラスのアクセスタンド

 

以前ピアススタンドをご紹介しましたが

 

ネックレスの掛けられる

こんな大きなサイズも入荷しています

 

FIL8.jpg

 

華奢なネックレスって保管の仕方が難しく

使おうと思った時に限って絡まっていて

「イーーーッ」となりませんか?

 

私はなります

 

1本づつケースに入れていれば

絡まないけど一目でわかりにくい

 

そんな女性特有のお悩みを解決する

真鍮のネックレススタンド¥5940

 

フック部分からの長さが26cmなので

50cm程度のロングネックレスも擦らずに掛けられます

 

FIL7.jpg

 

ネックレスだけでなく

ブレスレットやピアスと一緒にディスプレイしたり

 

見せながら、選びやすく使いやすく収納できます

 

なのでこのシリーズ

 

インテリアとしては勿論ですが

アパレルのお店や

ハンドメイドでアクセサリーを作っている作家さんなど

 

色々な場所で色々な使い方をして頂いています

 

つい先日国分寺の駅直結でOPENした

ミーツ国分寺という駅ビルの中にある

 

FIL DE FER さん

 

FIL1.jpg

 

フランスの図書館で使われていた棚や

古い体操の平行棒など個性的な什器にお洋服が並ぶこちらのお店でも

 

アクセサリーのディスプレイに

Allegoryの物たちをお使い頂いています

 

重厚なアンティークのケース

 

FIL2.jpg

 

近くで覗いてみると

 

FIL5.jpg

 

いました

 

真鍮のピアススタンド

 

FIL3.jpg

 

あんなトレーや

 

FIL4.jpg

 

こんなトレーもFrom アレゴリー

 

武骨な雰囲気のお店には

アイアンやスチールの質感も相性が良いです

 

植物と一緒に並べたりするのは

家で真似しても可愛いのではないかと

 

お店のディスプレイを見てなるほど~となったり

 

自宅のインテリアの参考にしたりすること

私はけっこうあります

 

しまうだけでなく、たまには見せる

それがスマートに美しかったら尚良いかと

 

さてさて話変わって

 

今日店番をしていましたら

カフェを運営されているお客様がご来店

 

以前からアレゴリーのうつわを

カフェでもお使い頂いているとのこと

 

千葉県の富津にある

CAFE GROVEさん

https://cafe-grove.space/

 

こんな風に使ってますよ~と

色々とお写真を見せて下さった中に

 

24296712_1259435590827156_8598048642358628989_n.jpg

 

発見しました

 

お馴染み4th-marketのプラートシリーズ

 

(お写真はカフェグローブさんのFBよりお借りしました)

 

22228649_1215789395191776_8709073086544637062_n.jpg

 

私の愛して止まないノーチェのお皿

 

上にのっている美味しそうなマフィンはなんですか!!

 

食いしん坊はその後じっくりと

カフェグローブさんのFBページを読み込み

 

季節ごとのマフィン(いちぢくやラフランス、苺、ブラッドオレンジなど)を確認し

 

あまりにお腹が空いてしまい

アルフォートをかじりながらこれを書いています

 

最後にオーナーの濱本さんが

こんなところにあるんですよ...と見せてくれた

 

このYOUTUBEが大変ツボでした

 

失礼を承知で言います

 

遠い・・・・笑

 

 

googleで、富津 カフェと検索すると

 

「カフェグローブは田舎感がすごい!」というブログや

 

食べログには、google mapだと道がないけれど行けますとか

 

立地について触れた情報が沢山出てくるのですが

 

その辿り着けなさを含めて

皆さんが楽しむ様子が伝わってきて

俄然行ってみたくなってしまったのでした

 

これから新緑の季節

千葉方面へドライブされる方は

ぜひ辿り着いてみてください

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ura-allegory.jugem.jp/trackback/393
<< NEW | TOP | OLD>>