代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

土鍋で作る簡単レシピ/瓶のザワークラウトでシュークルート

IMG_4530.JPG

 

ザワークラウトでシュークルート

 

W杯も間近ですし、C.ロナウドのスーパーシュートについても書きたいことはあるのですが

 

食品名と料理名です

 

今日は土鍋で作る簡単なレシピ

先週ちらっと予告していたやつ

 

これまでも耐熱陶器レシピをたまに載せていましたが

 

土鍋レシピではよりダイナミックに

どっさり作ってわいわい食べるようなものを紹介できれば

 

IMG_4533.JPG

 

ザワークラウトとは

 

ドイツのサッカー選手の名前だよ、と

嘘を教えられてもそのまま信じそうですが

アメリカンなホットドックに入っていたりする

あの酸っぱいキャベツのことです

 

塩で漬けたキャベツが乳酸発酵することで

独特の酸味が出て長期保存も可能になる発酵食

 

西洋風のお漬物のようなものでしょうか

 

そのザワークラウトを1瓶まるごと入れて

酸味と塩気でお酒が進んでしまう煮込み料理を作ります

 

用意するものは

IMG_4526.JPG

 

野菜

 

人参、じゃがいも、にんにく

 

皮を剥き、ごろごろサイズにカット

にんにく1かけは乱切り

 

もちろんピーラーはあれを推奨

 

IMG_4527.JPG

 

お肉

 

今回は上から

ベーコン、ソーセージ、肩ロース

 

少なくても2種類以上のお肉が入った方が楽しい

 

肩ロースはできればブロック状の物にして

ごつごつした小さなげんこつ大にカット

 

塩を擦り込みローリエ一枚と共に一晩寝かせておく

 

IMG_4530.JPG

 

件のザワークラウト1瓶

私はオオゼキで398円で入手しました

 

土鍋に薄く油をひき

ニンニクを香りが出るまで炒めたらまず肩ロースイン

 

IMG_4528.JPG

 

全体に白っぽくなってきたら

ベーコンもダイブ

 

IMG_4531.JPG

 

この土鍋、我が家に来てからは主に

炊飯やスープに使われていたのですが

 

急にこんなに大量の肉を入れられて、戸惑ってはいないだろうか

 

土鍋の気持ちを慮りつつ

ソーセージもイン

 

IMG_4532.JPG

 

この時点ですでにお肉美味しかったのですが(つまんだ)

 

 

我慢して野菜とザワークラウト(瓶ごと、汁まで)も入れます

ローリエも1枚


水をひたひたに注ぐ

 

IMG_4537.JPG

 

後はおいしくなぁれ、と気持ちだけ残して

弱火で煮込むこと暫し

 

読書でもしていましょう

 

30分もしたら蓋を開けてみて下さい

 

IMG_4534.JPG

 

あ、ローリエ2枚入ってました

そのへんお好みでどうぞ

 

味見してみて、濃いめが好きな方は塩を足して下さい

 

レシピによってはブイヨンいれていたり

ハーブ数種入れていたりするのですが

 

私はザワークラウトの酸味と

漬けこんだ豚からの塩気で充分でした

 

食べる前には黒胡椒をしっかり振って

マスタードもたっぷり

 

7C7FB5FE-C44A-44EA-B6AD-4373AD159D56.JPG

 

フランスのお土産に頂いたマイユのマスタードがあったので

気分だけはアルザスにいる気持ちで食べました

 

気持ち大事

 

IMG_4629.JPG

 

くたくたのキャベツをこんもり盛って

野菜もお肉もたっぷり

 

キリッと冷やした白ワインと合わせると

酸味と塩気でどんどん食べられます

 

生で食べるザワークラウトと比べれば

酸味の角が取れるというか、ややマイルドな酸っぱさ

 

酸味が中和してくれるから

お肉が沢山でもそこまで重たくはならないんですね

 

あとは酢の酸味ではなく

乳酸というのもポイントで

 

植物性乳酸菌は生きたまま腸に届く!

という話はよく耳にするのですが

この辺もやはり日本のお漬物に似ていますね

白菜の漬けたのなんてまさに乳酸

 

アルザス地方の家庭では古くから

刻んだキャベツに塩をして木の桶で発酵させていたそうで

やはりお漬物なんだなぁと

 

冷蔵庫のなかった頃に

少しでも長く食べ物を保管する為の知恵

 

郷土料理、伝統料理と呼ばれるその多くに

このような工夫やテクニックが含まれているのが興味深いです

 

関東地方も梅雨入りしたそうで

 

酸味の効いた味は

じめじめした季節にもおすすめですよ

 

それではまた来週!

の前にちょっとお知らせ

 

給食(と呼ばれる社員の皆さんのお昼ごはん)の器などをお使いいただいている

 

ほぼ日さんが

 

明日から5日間

恵比寿ガーデンプレイスにて

 

せいかつのたのしみ展というイベントを開催されます

 

友人の個人的なお手伝いで

私も金曜と土曜は会場にいる予定だったりします

 

代官山店からはお散歩圏内ですので

ぜひお買い物のはしごをどうぞ

 

うっかり会場でお会いできたら

ガーデンプレイスで僕と握手!で

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ura-allegory.jugem.jp/trackback/401
<< NEW | TOP | OLD>>