代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

そろそろやる気出す

写真 2018-08-22 13 53 53.jpg

 

そろそろ8月も終盤ですね

 

朝晩少しづつ

夏の終わりの風が吹き始めました

 

暑さはまだ暫く続きそうですが

そろそろ気持ちだけでも秋へ

 

夏の間はついつい

茹でる切る和えるの簡単料理に甘んじていて

最小電力で稼働していた我が家の台所

 

きちんと料理をする時間を

秋の夜長と共に増やしたいと思う今日この頃です

 

写真 2018-08-22 13 55 07.jpg

 

まずは道具でも新調してみようかな

 

ちょっといいものを手に入れると

分かりやすくやる気が出るタイプ

 

気になっている道具

いくつかあるのですが

 

まずは工房アイザワのミルクパン

写真 2018-08-22 13 55 31.jpg

 

少し上向きに付けられた木のハンドル

 

写真では可愛さを引き出せていないのですが

動物のしっぽみたいなカーブ

 

女性の小さな手にも握りやすいと思う

 

もう一つ特徴的なのは

 

写真 2018-08-22 13 55 37.jpg

 

両口であること

 

利き手を問わないのは言わずもがな

左右どちらに返しても注げるのは小さな台所の強い味方

 

容量は満水で0.7ℓ

7分目までで約05ℓ

 

2杯分のお味噌汁に

具たっぷりのラーメンに

 

もう一つの気になるはこれ

 

写真 2018-08-22 13 54 31.jpg

桐のまな板

 

まな板と言えばケヤキや銀杏などを想像しますが

桐もあるんですね

 

他の木と比べて際立っているのは軽さ

 

どれほど軽いかというと

「暑いな〜」と下敷きのように片手で扇げるくらい

 

本当です

さっき扇ぎました

 

桐の良さは他にも色々あって

 

柔らかく弾力があるので

包丁の当たりも優しく刃を痛めにくい

 

とか

 

吸水性が低いので乾きやすく

黒ずんだりもしにくい

 

とかとか

 

書いているうちに

自分で自分を接客している気分です

 

でもやはり木のまな板の衛生が気になる時は

 

写真 2018-08-22 13 54 56.jpg

 

こんなアイテムもあるので安心して下さい

 

「まな板けずり」

 

一目で用途と使い方が理解できてしまう潔さ

 

最近木のまな板を使っていなかったので

久しぶりにあのトントン、という音と感触もいいかな

 

最後はこれ

写真 2018-08-22 13 55 46.jpg

 

揚げ物をした時に油を切る網

 

家で揚げ物をする機会が少ないので

キッチンペーパーを重ねて凌いだりしていましたが

 

こんな道具があったら

やる気出るんではなかろうかと

 

写真 2018-08-22 13 55 56.jpg

 

曲げたり編んだり

物として美しいのもいい

 

あと揚げ物は美味しい

 

昨日、少しゆっくり台所に立ち

と言っても主に野菜を刻んでいただけなのですが

 

それでも無心に手を動かしていたら

そうそうそう、この感じこの感じ!!!

と気持ちが戻ってくるのを感じまして

 

料理の楽しい季節はもうすぐそこ

 

そろそろ本気、出していきましょ

 

私も出す

多分、出します

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ura-allegory.jugem.jp/trackback/411
<< NEW | TOP | OLD>>