代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

渋谷ストリーム再び

写真 2018-11-07 20 36 38.jpg

 

四日市へ行く数日前

密かに渋谷ストリームへもアゲインしていたのでした

 

CHICKEN KITCHEN に続いて

 

オリジナル製作も含め店内の器をまるっと納入させて頂いた

TEPPAN KITCHENさんへ

 

製作事例を撮影するM久保さんに同行してきました

 

「~へ行ってみた」本家M久保さんによる

詳細レポートはこちら→「TEPPAN KITCHENさんへ行ってみた

 

お店のコンセプト、メニュー、納入したうつわ

全てを網羅した情報満載のブログとなっております

 

裏日誌では本家で書ききれない

むしろ書かれないと言った方が正しいこぼれ話を

 

写真 2018-11-07 20 26 14.jpg

 

「鐵板台所」と書いて「テッパンキッチン」と読む

 

レポートにもあるように無国籍なムードのお店です

 

 

写真 2018-11-07 20 25 07.jpg

 

無国籍感よりも先にまず

私のiphoneの限界を感じてしまう写真であります

 

アスパラ豚巻き、鶏ささみ梅、しいたけ肉詰め

 

定番的なメニューの中に紛れつつ

 

もち海苔、さつまいもバター、モッツァレラチーズのベーコン巻

 

とピンポイントで加藤のお腹も押さえてきます

 

とにかくメニューが豊富!

 

写真 2018-11-07 20 07 05.jpg

ドリンク類も豊富

ノンアルコールも色々なバリエーションがあり

 

お酒を飲まないけれど居酒屋へは行きたい

 

もしくはお酒を飲む人も飲まない人も同じように愉しみたい

 

色々なニーズにも対応してくれます

 

レモンサワーも美味しゅうございました

ええ、こちらはしっかりアルコール入り

 

写真 2018-11-07 20 26 16.jpg

黙々と仕事に励む隊長

 

ここ2回ほど同行させて頂きましたが、いやはや頭が下がる

 

運ばれてきた熱々を、まずは黙々と撮影です

寄りながら引きながら様々な角度から押さえてゆく

 

 

写真 2018-11-07 20 27 56.jpg

 

待ち時間に若干の手持無沙汰を感じた私は

OGS原さんを撮影してみる

 

黒七味を手にしている

OGS原さんは川崎店のスタッフ

 

裏日誌には初登場

ちなみに好きな食べ物は麺類だそうで

 

阿部さんの"ケチャップ"を超える答えはハードル高いです。。。」

とのこと

 

大丈夫です、あれから数年経つけど誰も超えられてないから

 

メニューの撮影をひとしきり終え

食事を始めた一行の興味はこちらに

 

写真 2018-11-07 21 16 34.jpg

 

M久保隊長のブログでも触れられていましたが

豊富なメニューが柱をぐるり

 

壮観です

 

このメニューを自分が書いたらどれに近いか、という流れに

 

私は中央右寄りの「しいたけ」ですかね

 

字の上手さではなく、紙一杯に書いてしまうあたりに親近感

 

幼少より習字を嗜んでいましたが

昔から主題が大きすぎて名前を書く場所を見失うタイプでした

 

M久保隊長は「ホタテバター」

 

写真 2018-11-07 21 16 43.jpg

 

曰く「どのくらいで書こうか悩んだ挙句、小さめにまとめるタイプ」

 

と自己分析

 

いや、名前が書けるスペースあって羨ましいですが

 

 

そしてOGS原さんは

 

「きなこアイスクリーム」

写真 2018-11-07 21 16 55.jpg

 

「あまり考えずに書き始めて最後が収まらなくなるタイプですね」とのこと

 

例えが上手い

 

あと結果収まってるからオッケーだと思う

 

網羅されたメニュー且つ人生の縮図でもある柱周り

 

そして我々の関心は

きなこアイスクリームの横に主張する

 

「女の豚平焼き」へと続く

 

(ちなみに男の豚平焼きというメニューは無い)

 

女3名の団体としては食べずに帰れまい

 

写真 2018-11-07 20 41 06.jpg

 

ちなみに、お皿的には

 

縁は濃色で図柄は薄いブルーという

密やかに濃淡がついているのがこだわりポイント

 

メニューによって色々な図柄のお皿が出てくるので飽きません

 

写真 2018-11-07 20 41 56.jpg

 

アボカド、トマト、チーズ入り

 

ボリュームはあるけれどさっぱりしていて

確かに女性が好きな味と食感

 

美味しかったです

 

しかし「男の料理」とか「男の生き様」とか

男の~というネーミングが総じてダイナミックさを表すように思うんですが

 

「女ののど自慢」に代表される「女の~」というタイトルって

 

なんとなく人生の深淵

ひいては業の深さを連想させる気がするのは私だけでしょうか

 

いや、だから何?って言われるとどうもないんですがなんとなく

 

そして楽しい会は過ぎ

帰り際、恒例の光る階段での記念撮影

 

へ向かうOGS原さんの後ろ姿

 

写真 2018-11-07 22 43 03.jpg

 

黒いロングコートに白のソックスで風を切っていく

 

銀河鉄道999のメーテルのようです

 

さあ行くんだーその顔を上げてー

 

(「上げて―」は「あーァげてー⤴」が正解)

 

銀河に見えなくもないイルミネーションを背景に

脳内再生されるゴダイゴ

 

 

写真 2018-11-07 22 43 48.jpg

新しい旅に出掛ける訳ではなく

これから帰るのですが

 

そういえばあの歌

 

はっきりと日本語の歌詞で始まるのに

サビでいきなり滑らかな英語になるの戸惑ったの私だけでしょうか

 

幼心になかなか強烈で

未だに耳にするとハッとしてしまうんですが...

 

自分のギャラクシー観をお伝えした所で今日は終わります

 

ちなみに歌詞を調べていたら「男の光」という一文を発見

なんとなしに今回の内容にリンクするような

 

男は船、女は港

誰かがそんなことを言ってましたね

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ura-allegory.jugem.jp/trackback/424
<< NEW | TOP | OLD>>