代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

耐熱陶器の簡単レシピ/ラム肉と新たまねぎのクミン炒め

写真 2019-04-05 17 54 27.jpg

 

こんにちは

今週も水曜日です

 

にしても今日の寒さは一体..

 

一度はお別れしたウルトラライトダウンに

再び手を出してしまいました

 

今年の寒暖差はなかなか手ごわいので

皆さまどうぞご自愛下さい..

 

このまま結んでしまいそうだけど

レシピ、レシピでした

 

久しぶりにロティのグリルキャセロールで

ラム肉と新たまねぎのクミン炒め

 

写真 2019-04-05 17 43 41.jpg

先週、店を閉めた後に代官山のピーコックに寄ったら

ラム肉が売っておりまして

 

しかも20%オフ

赤いシールって人を高揚させます

 

鶏や豚、牛と比べるとスーパーでの遭遇率が低いラム肉

見かけるとつい手を伸ばしてしまうのは私だけでしょうか

 

ラム肉と言えば思い出すのが

 

中国・東北地方料理を食べられる

神田「味坊」のラム肉のクミン炒め

 

それ食べたさにしばしば神田遠征する程にはファンなのですが

 

時折衝動的に食べたくなり

且つ神田へ行かれない時に発動するのが「おうち味坊」

 

完全に自己流なのでお店の味とはいかないのですが

それらしい味でもある程度の欲は満たされるもので

 

 

写真 2019-04-05 17 52 01.jpg

 

ラム肉250gに酒大1、醤油小1、塩小さじ半分くらい

紹興酒があれば入れると味が深くなります

 

あとは好きなだけクミンシードを混ぜてもみ込み

冷蔵庫に入れておく

 

クミンは大さじ1くらい

私は大さじ2杯近く入れているかもしれない

 

最低でも30分は寝かせたい

 

私は朝出掛ける時に入れておき夕飯までそのままです

 

写真 2019-04-05 18 01 54.jpg

 

たまねぎ1つは串切り

にんにくもスライスしてまとめてラップしておきます

 

ここまでしておけばあとは夜炒めるだけ

 

写真 2019-04-05 20 49 54.jpg

 

グリルキャセロールに胡麻油とにんにくを入れ

ゆっくり熱を入れます

 

写真 2019-04-05 20 54 12.jpg

 

たまねぎ投入

 

ゆっくり炒めていきます

 

写真 2019-04-05 21 05 31.jpg

 

あれ、急に完成図なぜ

 

お肉を加えて炒めている画を取り忘れました

でも大丈夫

 

たまねぎが柔らかくなったら

あとは漬けてあったお肉をいれて炒めるだけです

 

味見をしてみて、足りなければ醤油か塩で調整で

パクチーをもさっとのせたら完成

 

 

写真 2019-04-05 21 05 52.jpg

 

パクチーが多すぎてラムの存在が無ですが

ちゃんとあります

 

油跳ねがちょっとあっても、そこはご愛敬にて

 

炒め物をしたら、フライパンも洗って食べたお皿も洗って

流しが大混雑!となりがち

 

グリルキャセロールだと炒めたままをテーブルに出せる

 

当たり前なんだけど、地味に助かるのですよね

 

ちなみに

 

臭みがあるからラムはちょっと...的な意見を

たまに聞くのですが

 

クミンの香りが苦手で無ければ

これは割と食べやすいのではないかなーと

 

ラムはお肉の中でも抜群にヘルシーと言われていますよね

 

ラムの脂肪は他のお肉と比べて融点が高く

44度?まで上がらないと溶けないのだそう

 

人間の体温を平均36度としてラムは融点がそれより高いので

脂肪として吸収されにくいから、ということみたいです

 

今日覚えたてのラム知識を披露した所で今週も終わります

 

、ロティグリルキャセロール

Onlineショップから

 

最近リニューアルが完了して

お買い物がしやすくなりました

 

よろしくどうぞ

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ura-allegory.jugem.jp/trackback/442
<< NEW | TOP | OLD>>