代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

平成最後の

写真 2019-04-24 13 45 33.jpg

 

ご存知でしたか?

今日は平成最後の水曜日です

 

おぉーー

 

誰もいないので自分で歓声も担当

一人二役も板に付いております

 

さてさて

 

瑞浪の磁器を集めた「うつくしいうつわ展」

 

先週も概要をお伝えしましたが

 

写真 2019-04-24 13 42 12.jpg

 

ラインナップも揃い

ただいま充実しております

 

写真 2019-04-24 13 43 50.jpg

 

先週、miyamaさんのインスタグラムをご紹介したのですが

 

私としたことが

大切な部分を見落としていました

 

Allegoryでの企画展をご紹介いただいている

この日の投稿

 

文章を読み進めていくと最後の4行

 

 

個人的に

 

毎週!

 

愉しみに!!

 

とは

 

ご担当者は人間の姿をした天使ですか?それ以外考えられませんよね

 

 

ちなみに、2018年11月19日の投稿も胸が熱くなります

 

Allegoryでも長らくお取り扱いのあるトーストプレートの開発秘話

 

恐れ多くも下記一部引用致します

 

”自身のパンが好きでしょうがないと言う想いだけに従って、こんな機能が限定された皿が売れる訳がないよと言う白米好きなおじさんたちの冷ややかなプレッシャーに抗いながら、誕生にたどり着いたと言う経緯”

 

普段やらないフォントの級数アップ&斜体からも

私の胸アツ度合いを感じて下さい

 

しかも結びにこれです

 

”更に加えると、その女性スタッフが陶芸の専門学校を卒業する2003年に卒業制作として制作したのが、このトーストプレートの前身です。”

 

何なんですか、泣かせる気ですか

 

そんな経緯は露にも知らなかった私ですが

このプレートは長年愛情を持って販売してきました

 

パン好きの友人への贈り物にしたことも1度や2度ではなく

 

と、すっかり企画展の商材を超えて

miyamaさんを壮大にPRするだけのブログになってきたので話を戻しますね

 

写真 2019-04-24 13 44 33.jpg

 

今日もつやつや、むきたまご肌の磁器たち

 

このイメージフォトをコーディネートした方にも

この場をお借りして勝手にお礼を申し上げたい

 

個人的に麺類史上最強と思っているのは

夏のすだち蕎麦、冬のてんぷら蕎麦、年中鴨せいろ

 

3つ挙げてる時点で

最強という言葉を使うのは間違ってるんですが

とにかく、すだち蕎麦は最高&最強

 

つやつやの磁器にすだち

 

Q)これ以上の組み合わせがあるでしょうか

 

A)いいえありません

 

引き続き店に一人なのでまたも二役です

 

そんな訳で「うつくしいうつわ展」

 

GW中も元気に開催しておりますので引き続き宜しくどうぞ

 

あっ

 

写真 2019-04-17 14 58 13.jpg

 

先週なにやら軒先でごにょごにょとしていたお向かいさん

 

 

もっと楽しそうにして下さい!って言ったら

 

写真 2019-04-17 14 58 16.jpg

 

いいの頂きました

 

この時選んでいたものが

店内に使われているとのことで確認

 

写真 2019-04-24 12 27 29.jpg

 

 

あったあった

 

写真 2019-04-24 12 27 52.jpg

 

縦にも横にも置けるディスプレイシェルフ

 

写真 2019-04-24 13 03 25.jpg

 

これですね

 

写真 2019-04-24 12 29 15.jpg

 

あとはワイヤーのコンポートも確認

 

写真 2019-04-24 12 30 13.jpg

 

かごにベースに

色々とありがとうございます

 

今週末からはいよいよGW

代官山店へお越しの方は、ぜひおやつタイムをお向かいで

 

川崎店は同じフロアにある

箱根ベーカリーさんや丸福コーヒーさんなどでブレイクタイムを

 

ちなみに、令和1日目

5/1は何をかくそう水曜日

 

張り切ってお店番致します

パレードついでにぜひお立ち寄り下さい

 

大型連休のみなさんも、小型連休のみなさんも

お仕事のある方も

 

楽しい5月をお迎えください

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ura-allegory.jugem.jp/trackback/444
<< NEW | TOP | OLD>>