代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

四日市BLUE

写真 2019-09-25 12 51 34.jpg

 

先程、レジを終えると

お客様が満開の笑顔でした

 

(なんて屈託のない笑みなんだ)

と清々しく商品をお渡ししたら

 

「おでこに、、、鳥の、、羽がついてるかもしれません」

 

んーーーー!!

 

ある

 

よくある

 

何ならたまにつけたまま帰ってる

 

しかし「ついているかもしれません」とは

 

なんと控えめで優しいご指摘なのか

 

私も真似しようと思うのでした

 

さてさて、先日いち早くMブロで紹介されていましたが

4th-marketより青いうつわ達が入荷しています

 

あれは約1年前

皆で訪問した四日市にて

 

「青い耐熱、欲しい!」

 

「なんなら土鍋も」

 

と、貪欲に青を欲しがってきたAllegory一同

 

写真 2019-09-25 13 04 41.jpg

 

一年の時を経て

 

(Allegory以外からも沢山要望があったそうです)

 

ロティ&ソルベの2019限定色として

代官山店へ入荷して参りました

 

透明感があるのに、マット

そして貫入の入った景色

 

言葉だけ耳にすると

秋の新作メイクを思わせる表現ですよ

 

透明感あるのにマット

なれるものなら私だってそんな肌になりたい

 

いえ私の肌はどうでもいい

 

透明感あるのにマット

書くのは簡単ですけどもね

 

釉薬で表現するの非常に大変なんですけど案件です

 

その難しいソルベで新色を

 

....泣ける

 

写真 2019-09-25 13 01 39.jpg

 

こちらが透明感のあるマット

 

美しい貫入です

 

写真 2019-09-18 13 09 31.jpg

 

余談ですが

 

限定色が加わったことで

ソルベシリーズは現在、全4色になったのですが

 

 

写真 2019-09-25 13 00 19.jpg

 

青と並ぶことで

既存色である緑がまた引き立ってですね

 

ブルー×グリーン

 

これまでなかった色合わせに惹かれているという

それが最初の写真なんですけれども

 

 

写真 2019-09-25 12 51 34.jpg

 

ソルベの緑は、淡く絶妙なペールトーンで

単体でもたいへん使いやすい色なのですが

 

限定色のスモーキーな青と合わせると

また違って見えたんですよね

 

互いが引き立て合うというのか

 

それぞれに個性のある色同士ではあるけれど

うまい具合に共存しているような

 

 

写真 2019-09-25 13 00 02.jpg

 

ちなみに、大変似た配色を

ランチョンマットのコーナーでも発見してしまいました

 

流行らせたい

青×緑

 

限定色だけあって、数量に限りがあります

気になる方はぜひお早めに

 

四日市BLUE

ぜひお手に取ってご覧ください

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ura-allegory.jugem.jp/trackback/467
<< NEW | TOP | OLD>>