代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

新作土鍋2019

写真 2019-12-18 12 44 02.jpg

 

年の瀬も近い12月某日

 

4th-marketより新作の土鍋が入荷しておりました

 

ついに土鍋を購入して以来

すっかり籠鍋を贔屓にしていた私ですが

 

今年の

 

いえ令和の(言いたいだけです)

 

新作にはなかなか心惹かれるものがあります

 

写真 2019-12-18 12 40 50.jpg

名前を「壺鍋」(つぼなべ)と言います

 

4.5人で囲める大容量の9号サイズと

1人鍋にちょうど良い6号サイズ

 

古くからなじみ深い壺のフォルムと機能性を

土鍋に落とし込んだ新作です

 

写真 2019-12-18 12 40 21.jpg

 

このベージュがかった灰色

小町鼠という色です

 

これまでの土鍋にはなかった色の釉薬

 

話は逸れますが(いや逸れないんですが)

グレージュという色をご存知でしょうか

 

グレー+ベージュでグレージュ

グレーベージュの略でグレージュ

 

何かの雑誌で見たんです

 

「妙齢女子はグレージュさえあればオッケー」

 

そうなの?グレージュさえあれば?!

ほんとに??

 

心の中が?で埋め尽くされながらも

胸に刻まれた「グレージュさえあればOK」

 

それ思い出しましたね

写真 2019-12-18 12 50 34.jpg

 

ちなみに、9号サイズは店主が持ってこんな感じ

 

底がどっしり安定感のあるフォルムなので

具沢山の鍋や締めのうどんもたっぷり入ります

 

写真 2019-12-18 12 49 53.jpg

 

察し良く生成りトーンの服を着ていた弊社代表

 

この色の土鍋を持って撮影されることを予測していたのか

 

写真 2019-12-18 12 42 03.jpg

 

ちなみに、シックな黒も良いです

これは1人サイズの6号

 

写真 2019-12-18 12 42 17.jpg

 

フォルムがまさに壺

 

写真 2019-12-18 12 43 00.jpg

 

スーッ(蓋の開く音)

 

こじんまりとした品の良い佇まい

 

ちなみに、取り分けに使うとんすいは

 

写真 2019-12-18 12 45 29.jpg

 

籠鍋のものと共通です

 

小町鼠色も近日入荷予定

 

写真 2019-12-18 12 39 27.jpg

ちなみに、こちらは愛用中の籠鍋

 

新作含め、鍋が充実している店内ですが

 

今日も1人、また1人

つまり計2人がお鍋を求めに

 

今週末は各地で鍋パ―ティが催されるようです

 

一つの鍋を囲み、そして食べる

小さく温かなコミュニケーション

 

じんわりと温めて、具材の良さを引き出す

四日市メイドの土鍋の良さをぜひ

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>