代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

うつわ男子 vol.1
 


完全に世の中の流れに乗っかったタイトルすみません


お店に遊びに来てくれる人たちを巻き込んで、こんなのはじめてみました。

もちろん、うつわ女子やうつわ子供なども予定しています(求む出演者。特に子供)


記念すべき最初のうつわ男子は、バッグデザイナーのW氏

一緒にお仕事をしたのが縁で、以来お世話になっています

偶然、近所で来季の展示会中だった所を遊びに来て下さいました



いい感じのコンディションのLevis  2nd 越しに見えるは、かいらぎの器



衣食住全てにさすがの審美眼をお持ちなので、いつも勉強になります

高台(うつわの台の部分)から見るあたり、やはりさすが!




今回、 目利きのおめがねに適ったのはこちら


かいらぎの小どんぶり ¥1890


「梅花皮」と書いてかいらぎと読む。日本語って美しいですね



土と釉薬の収縮率を変えることで、大胆な貫入を入れているのが特徴で

経年変化というよりは、デザインとしての貫入を楽しむ器です

所々に見える鉄錆びが効いていて、質感がややワイルドだからでしょうか

お店でも、センスの良い男性が手に取る事が多いです


小ぶりの丼として、小鉢として、ちょっとお夜食にうどんとかも

口の部分が内側にくるんと入っているので、卵かけごはんも最高なんです



W氏、お忙しい中ありがとうございました


うつわな人たち comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








裏日誌担当様

かいらぎ?の小どんぶり…確かに良いですね。
かなり、惹かれます。

師匠は元気かな〜?

裏日誌楽しみにしてますよ!

今度、私もお店に伺いますね。
from. 直吉 | 2010/11/02 15:32 |
>直吉さん

わわわ、コメントありがとうです。

このちょっとざらっとした質感、好きそうと思いました。

また遊びに来てください。次のうつわ男子はぜひ・・


師匠は大変お元気でしたよ(笑)
from. AHTかとう | 2010/11/02 21:38 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>