代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

探し探されて生きるのさ


タイトルは最近運よく行くことができた小沢健二のライブより
「愛し愛されて生きるのさ」へ思いを込めました


良いお天気ですね
目黒川の桜も満開、代官山も賑わい中

写真は最近大量入荷してきた多肉達
sugeeさんが外に気持ちよくディスプレイしてくれました


長い旅日誌の後なのであっさりめに
ちょいと切り口を変えて今日は検索ワードについて

普段こうしてブログを書いているとたまに思うこと
世の中の皆様は、どんなモノを探してこのブログを知り
どんなキーワードからたどり着いているのかな、と

興味深々の「検索ワード」
本当は社外秘だけど特別に少しだけ公開

アレゴリー★禁断の検索ワードランキング

(つのだ★ひろ風にね)


早速、ざっくりベスト3

検索されている回数が多いということは
やはり人気にも比例するわけです

はい、3位
 



かいらぎ

初回うつわ男子でも取り上げました

http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20101102

このシリーズはファンが多くて
写真の小どんぶり以外にも、飯碗や深鉢などラインナップも増えております

相変わらず男性人気も高め
抜群の安定感です


はい、第2位



4th-market スタック鍋

商品名そのままはもちろん

「重なる鍋」だとか「スタック鍋 レシピ」だとか
「重ね なべ 4th 」なんかもきっとそうですね

一年を通して検索の多いこの鍋は
私も黒とベージュを家で愛用中

スタック鍋に関しては過去にも沢山記事を書いていて


どんなにこの鍋が素敵かを懇々と説き
http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20101109

寒い日にはスープをすすめ 
http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20101230

春キャベツを使ったレシピや
http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20110326

夏カレーまで
http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20110622


ちなみに、我が家の鍋たちは現在とある料理家さんの自宅へ出張中
秋に出版予定の鍋のレシピ本へ出演する為に撮影中です

とても素敵な企画なので発売されたらまたご紹介しますね

そしてそして第1位



やっぱね

金網つじの焼き網

もうね、これに関しては
いったいどれだけの人が焼き網を探しているのだ、と

不動の第1位です

まず「金網つじ 焼き網」からはじまり
「焼き網 パン」「つじ 網 パン」「トースト 網」

次に多いのは「金網つじ 手入れ」「焼き網 コツ」など
使用方法やお手入れなどに関するワード


それからそれから


「金網つじ 辻さん」  辻さーん 探されてますよ

「金網つじ アレゴリー」 キター!!身に余る光栄です

「金網つじ 店主」 これちょっとジェラシー

「金網つじ パン 大好き」 私もです

「金網つじ かとう」 
はいはいどうも、かとうです


こんな感じで
日々圧倒的に検索されているわけです

焼き網に関しては、先日また辻さんに会う機会もあったので
その時聞いたお話や、検索の多い手入れや上手な使い方など
また近々記事を書こうかと思います

やはりTOP3は、お店での人気とも連動していて
ふむふむ・・やっぱね、という内容なんですが

ちょっとおまけ
この中に紛れこんで、ちょいちょい主張しているワード

それは「刈り上げ」

「かりあげ」だったり「カリアゲ」だったり色々なんですが
これが馬鹿にできない位にランクイン中

おそらくね、うつわ男子に刈り上げ率が高いからだと思うんですが

「刈り上げ モミアゲ」 や 「かりあげ 横分け」

ごめん、あんま参考にならないでしょ・・?

「刈り上げ 渋谷」

うちも渋谷区にあるけどね、いちおう

「カリアゲ めがね」

そんな男子なら複数取り揃えております

「刈り上げ 女子」

昨年刈り上げていた私の右サイドならもう伸びていますけど何か

「女子 坊主」

それは居ない


・・・と、まあ
刈り上げに関して世の人たちはこんなにも検索しているのか


という、あんまり仕事に関係ない情報も得られたりします
楽しいでしょ?検索ワード

という訳で、今週はこの辺で
明日は春の嵐といううわさですが店番しますよ!

それではまた来週〜

プレスかとう





アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>