代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

限りなく透明に近いグラス

写真 2019-08-07 15 44 44.jpg

 

今週も水曜日です

 

代官山は本日も蜃気楼が見えそうな暑さ

旧暦では立秋だというのに!

 

ふと窓の方を見たら木々がそよそよとしていたので

もしかして少し涼しいのかな、、と外へ出てみるも

 

まるでお湯の中にいるような温かさ

お風呂好きな私でもこれは遠慮したい

 

生暖かさに包まれたなら

とはユーミンも歌っていません

 

本題に入ります

 

写真 2019-08-07 12 28 42.jpg

 

この暑さに照準を合わせるかの如く

涼感のある商品たちの入荷ラッシュ

 

店主の気概感じる

 

 

写真 2019-08-07 12 30 21.jpg

 

限りなく透明に近い

でもどこか涼しげな緑色を感じるワイングラス

 

小振りで良い感じです

 

よく冷やしたワイン

葡萄ジュースも美味しく飲めそう

 

写真 2019-08-07 12 26 25.jpg

 

冷たい麺やつゆ、薬味などを盛りたいうつわも充実

 

トルコ釉や古染付、水辺を思わせるようなグラデーション

これでもか、と入口付近に集めました

 

とにかくですね

思いつく「涼」は全て

 

全て積極的に取り入れていく方向で

 

写真 2019-08-07 15 44 44.jpg

 

この季節に相応しい酒器

 

色の組み合わせで

ポップにもシックにもなります

 

夏の冷酒はグラスまでよく冷やしてキュッといきたい

 

今日は朝から、アレゴリーの商品を掲載して頂く予定の

ある記事のアンケートを記入しておりまして

 

ビールグラスについて、あれこれ思いを巡らせながら

ひたすらビールの画像を眺めつつ、書く

 

思いました

これは軽い拷問であると

 

完全に仕事の後のビール喉になっていますが

美味しい一口の為に、今は裏日誌に集中します

 

おまけ

 

写真 2019-08-06 19 58 26.jpg

 

昨晩、とあるお店で食事をしまして

 

セットされたカトラリーに、あ!

 

写真 2019-08-06 20 36 55.jpg

 

すかさず裏側を見てしまう職業病を発病

 

やはりそうでした

 

アレゴリーでお取り扱いのある

「ヴィンテージオールドイングリッシュ」シリーズのカトラリーです

 

素敵なお店で出会うと嬉しさ炸裂

 

写真 2019-08-06 21 00 36.jpg

 

これは美味しかったアナゴのフリット

そして奥に鈍く光るカトラリー

 

 

ふと目にした馴染みの活躍が嬉しい夜でした

 

さてさて

 

今週末からはお盆休み

長い連休に入る方も多いのではないでしょうか

 

安心して下さい

Allegoryは休みません

 

川崎店、代官山店共に毎日元気に営業中

いつでも毎日でもどうぞ

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

- comments(0) trackbacks(0)
涼しか要らぬ

写真 2019-07-31 16 31 51.jpg

 

梅雨明けから夏まっしぐら

蜃気楼が見えそうな代官山で今日も書いています

 

いやー暑い

 

お店に入って来られるお客様が

暑い....と呟く確率100%

 

わかります

暑いですよね

 

暑さしかありませんよね、と共感が止まらない

 

お客様が購入する物も

 

タオルであったり、薄荷スプレーであったり

ダイレクトに夏に立ち向かっているの感じる

 

レジを打ちながら共感の嵐が再び

 

わかります

私がお客様でも今日はこれを買います

 

いまどきの表現をするとわかりみが凄い

わかりみが凄いを初めて使う私であります

 

写真 2019-07-31 16 29 06.jpg

 

夏を少しでも涼しく快適に、という願いを

ちょっと解決できるグッズたち

 

向かって左から

 

『SNOW WATER  for SHIRT』

 

これは、衣類の上からスプレーするだけで涼感を得られるスプレー

 

家を出る前にシャツの上からシュッ!

暑さを感じたらまたシュッ!

 

北海道ハッカのキリっと涼しい使用感です

 

中央は『アウトドア ファブリックミスト』

 

香りのバリアで虫を寄せ付けないミスト

空間の消臭にも勿論有効です

 

シトロネラ、レモングラス、ペパーミント、ユーカリなど

93%が天然成分

 

虫よけ効果だけでなく

精油のさっぱりとした香りでリフレッシュします

 

そして右

 

写真 2019-07-31 16 43 07.jpg

ハッカボディミスト COOL+

 

名前だけでもう涼しさある

だってCOOL+

 

身体に直接スプレー出来ます

 

外出前に首元、手や足にスプレーしておくと

ヒンヤリ感が暫く持続

 

これがなかなか侮れない

騙されたと思って外出前に使ってみてほしい

 

熱が籠っているな、という時に

ヘアミストとして使うのもかなりオススメ

 

頭寒足熱と言いますが

まず頭を冷やすと全身の暑さが和らぐのは間違いないです

 

なぜこれほどきっぱり言い切れるかというと

これを書く前に頭にスプレーしたからです

 

間違いない

冷えた

 

写真 2019-07-31 12 54 32.jpgto

 

スプレーがこう

シュワー!!となっている絵があると涼しいな..と

 

COOL+ミストを片手にロケに出ましたが

ミストが一瞬で消えるヒートアイランド代官山

 

どれほど暑いんですか

 

涼しい絵を撮る前に自分が熱中症で終了しそうだったので

日が暮れるのを待ちました

 

写真 2019-07-31 16 36 35.jpg

 

夕方に再びトライでどうにか噴射の絵を入手

 

シュー――ッ

 

軒先にほんのり爽やかな香りが漂っております

 

このミストに使用されているのは

北海道・滝上町で育った「北斗」という品種の和ハッカ

 

ハッカって漢字では薄荷と書きますね

 

葉を蒸留して採油すると、かさが減って荷が軽くなる

=荷が薄い=薄荷

 

という説があるそうです

 

荷が軽い、ではなく荷が薄い

ちょっと美しい言い回しだなぁと思いました

 

暑い日が続きます

 

水分補給、塩分補給

たまにこんな便利アイテム投入で

 

少しでも快適に健康に

今年の夏を乗り切りましょう

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

- comments(0) trackbacks(0)
カゴバッグのお勉強

写真 2019-07-24 13 03 27.jpg

 

こんにちは

 

九州、四国、近畿、北陸が

ようやく梅雨明けしたようですね

 

関東もそろそろのはず..

 

しかし長かった

 

夏が苦手の私でさえも

さすがにWelcome夏マインドです

 

さてさて

今日はこんなお知らせ

写真 2019-07-24 12 41 09.jpg

 

発売中のmina9月号

「カゴバックのお勉強」

 

Allegoryのカゴバッグを載せて頂いています

 

写真 2019-07-24 12 26 21.jpg

掲載されているのは

 

こちらウィッカーバスケットバッグL ¥2700

 

 

エーン(&)

写真 2019-07-24 12 35 49.jpg

 

ウィッカーバスケットバッグ ラウンドハンドル ¥2160

 

 

このラウンドハンドルの方はですね

 

だだんっ

写真 2019-07-24 12 41 33.jpg

 

扉のページにどん

 

なんだかとても高級そうに映っておられますが

お値段は変わらず2160円です

 

このカゴバッグを30個買えるようなお値段のものや

手編みのあけび籠なども掲載されている中で

 

弊社のカゴ達も健気に頑張っているので

どうぞ雑誌をお手に取って見て下さい

 

写真 2019-07-24 12 48 15.jpg

雑誌のスタイリングでもスカーフを合せて頂きましたが

かごと布ものは相性が良いです

 

店内入口にあるインド綿の大判ハンカチ

 

こう、風になびいてそよそよ〜

という絵を撮りたかったのですが

 

本日の代官山はあいにく無風

 

人力そよそよも試みましたが靡かず

 

写真 2019-07-24 14 52 46.jpg

 

ついでに見切れている店主による渾身の吐息も届かず

 

諦めて畳みました

 

写真 2019-07-24 12 58 24.jpg

 

手ぬぐい風のこんな大判ハンカチを

 

写真 2019-07-24 12 59 36.jpg

 

 

カゴバッグに対角に敷いて

 

写真 2019-07-24 12 57 52.jpg

 

(今日のわたくしのリアル私物)

 

この位は余裕で入りますYO

 

写真 2019-07-24 13 00 19.jpg

 

入れたら中身が見えないように四方を被せればOK

 

ブルー系の生地にしたら

浴衣に合いそうな佇まいとなりました

 

写真 2019-07-24 13 03 27.jpg

 

好きなスカーフやハンカチを気分に応じてどうぞ

 

今日はお電話でも問い合わせ頂いたりしまして

 

「見てるの?みんなこれ見てるんじゃない??」と

1人にやにやしておりました

 

on-lineの方でも取り扱いがありますので

気になる方はぜひに

 

長い長い梅雨が明けて

いよいよ夏が来ますね

 

それではまた来週!

プレスかとう

メディアとか comments(0) trackbacks(0)
5徳のカップ

写真 2019-07-17 12 56 08.jpg

 

今週も水曜日です

 

しかし梅雨が長いですね

久しぶりの太陽が眩しい

 

その眩しい太陽が少し映り込んでいる

代官山店レジ前の棚よりお届けします

 

写真 2019-07-17 12 49 55.jpg

 

台所道具がひしめくこのエリア

 

毎日の料理に欠かせないもの

絶対に必要ではないけどあると便利なもの

 

大小さまざまなツールが並んでいます

 

写真 2019-07-17 12 52 03.jpg

 

中央右寄り

ふんわりと存在感を放つ金色のカップ

 

初めて見るのにそんな気がしない

理由は定かでないが懐かしさすら感じる

 

それがマッコリカップ

 

写真 2019-07-17 12 53 21.jpg

 

名前に一切の捻りなし

マッコリをぐいぐい呑むためのカップです

 

ブログを遡ると

http://ura-allegory.jugem.jp/?day=20180131

 

昨年の1月にはもう入荷してきていました

 

淡々と売れていたのですが

近頃はどうやら、本来の使い方以外の用途でブレイク

 

Google先生にマッコリカップ、使い方と質問すると

 

 

写真 2019-07-17 14 18 42.jpg

 

マッコリではない様々が入った画像

 

登山のお供、山頂でのカフェブレイク

 

お料理の下ごしらえ

 

具を入れたカップを直火にかけ簡単おつまみにする猛者

 

 

写真 2019-07-17 13 03 54.jpg

 

直径、約12cm

深さだいたい5cm

 

卵を溶く

 

切った野菜を一旦入れる

 

ボウルを使う程じゃないけどちょっと何か混ぜる

 

書いていくとイメージ湧いてきます

 

朝のお弁当作りとかに最強なのでは

いえ、お弁当派でなくてもかなり便利なのでは

 

写真 2019-07-17 12 54 48.jpg

 

重ねられて

フックに引っ掛けてもおけます

 

本来はこちらで飲むべきものであるところのマッコリ

 

身体を温めてくれる

お腹を満たしてくれる

人間関係を円滑にする

仕事の活力になる

悪酔いしない

 

5つの徳を持つお酒だ、という説

 

発酵食品は健康にも良いですしね

 

そしてまた

マッコリカップにも5徳あり

 

マッコリを美味しく飲む

アウトドアに連れていく

調理の下ごしらえに

いえ、なんなら調理に

 

4つか・・

4徳でした

 

先日、焼肉屋さんへ行きまして

ちょうど飲んだのです

 

メニューに「瓶(かめ)マッコリ」とあり

飲みきれるかな??とお店の方に聞いたら

 

「お隣の方が飲まれているあれです!」

 

とこっそり言われてお隣のテーブルをチラ見

 

そこには確かに、壺というか瓶というか

まあそんな容器に入ったマッコリがありました

 

こう、柄杓のようなものが入った姿で

それですくって飲むような感じで

 

同じものを頼んで待つこと暫し

「どうぞ〜」と運ばれてきたのは

 

写真 2019-07-13 20 01 37.jpg

 

YA.KA.N

 

ロックスター風に英字で書いちゃうよ

 

瓶、 瓶どこいった

柄杓は!!

 

だって瓶マッコリ、お隣と我々ぐらいしか飲んでないのですよ

 

そもそも瓶、足りてなくない?

 

瓶マッコリって打ち出すからには

もうちょい数あった方がよくなくない?

 

食器屋の悪いくせで

備品の発注数について思うなど

 

さておき

 

やかんになみなみ入ったマッコリは充分に美味しく

 

確かに身体を温め、お腹を満たし

人間関係も円滑にしてくれたのでした

 

さすが5徳!

 

てな感じで今週もそろそろ結びますが

4徳のマッコリカップもよろしくどうぞ

 

今週末にはいよいよ梅雨明けの気配

夏が来ますね

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

- comments(2) trackbacks(0)
鈍く光るは

写真 2019-07-10 14 05 09.jpg

 

こんにちは、今週も水曜日です

 

暫く雨もしくは曇天が続いていましたが

今日は少しだけ太陽が顔を出していました

 

梅雨明けはいつになるのでしょうね

 

今日は、久しぶりに入荷した月日工藝さんから

 

写真 2019-07-10 14 05 51.jpg

 

真鍮のティースプーン ¥2400

 

細く繊細な柄の先に

まんまるの月の様なフォルム

 

この丸い部分の名前ってご存知ですか?

つぼ、と呼ばれているそうです

 

写真 2019-07-10 14 08 41.jpg

 

これがつぼである

ピンは合っていない

 

吾輩は猫である風にどうぞ

 

この鈍い金色

 

打ち付けてある凹凸感

 

見れば見るほど月ではないですか

 

写真 2019-07-10 14 07 23.jpg

 

こちら裏側

 

疲れたの?よしよし..と

そっと肩に、いやつぼに手を掛けたくなる愛おしさ

 

このスプーンはとても華奢なのですが

何かとてもどっしりとした、芯の強さみたいなものを感じるんです

 

ちなみに、ティースプーンですが

柄の細さを活かしてマドラーのようにも使っても

 

写真 2019-07-10 14 03 42.jpg

 

硝子と真鍮の組み合わせは

どこか夏っぽいような気がして好きです

 

シュワ―ッとした飲み物をクイっとね

氷をカランカランと混ぜたりしながら

 

このティースプーンの他に

実はきちんとマドラーもあるのですが

それはまた今度ご紹介します

 

他にも、手仕事の細やかさを感じられる楊枝や

トレーなどもあります

 

あ!

写真 2019-07-10 16 05 05.jpg

これも入荷していました

 

コーヒーフィルターホルダー

お久しぶりです

 

コーヒーも好きだ、真鍮もっと好きだ!な方に

 

真鍮の良さのひとつに経年変化がありますが

使い続けている中で鈍く光るようになってきます

 

パッと見て金色ではなくなってきた頃

その静かさがとても美しいなと私は思っています

 

ちなみに、湿気や塩分により表面が青緑っぽくなることがありますが無害です

 

気になる時は歯磨き粉やクレンザーを

柔らかい布に少量つけて磨くと元の輝きに戻ります

 

雨が続くことですし

家にある真鍮を磨いたりするのもいいですね

 

使い込んで深い色になっていたものが

鮮やかに光るのを見るのもまた良し

 

梅雨明けまであと少し

もう暫くは雨を楽しみましょう

 

それではまた来週!

プレスかとう

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
半夏生ず

写真 2019-07-02 12 16 29.jpg

 

旧暦の七十二候で言うところの「半夏生ず」

 

読み方はハンゲショウズ

 

ちょうど今ぐらい

7月の初めの頃をこう呼ぶのだそうで

 

夏至 末候 半夏生ず

 

この頃までに田植えを終わらせなければ

半夏半作といって秋の収穫が半分になるぞ、と

 

田植えを終わらせる目安にしていたそうです

 

お米は勿論好きなのですが

湿度が高くなると、同じ曲線で上昇するのが麺類欲

 

麺類欲、ってなんか大げさですかね

 

写真 2019-07-02 12 15 41.jpg

こちらは先日の昼食

 

みょうが(野菜室にあった)

わかめ(水で戻した)

なめこ(味噌汁にしようとしていたが暑くて作らなかった)

じゃこ天(お酒のアテにしようとしていたのを焼いた)

ねぎ(刻んだ)

ごま(常備)

 

何もないなぁと思いながら作りはじめましたが

あれこれのせてみたら良い感じに

 

写真 2019-07-02 12 19 45.jpg

 

混ぜて食べると、そこには夏がありました

 

当たり前なんですが

お蕎麦って和陶器と合う

 

素麺はガラスに盛りたいけれど

蕎麦ならきりっと白や青の器を使いたい

 

写真 2019-07-03 13 24 22.jpg

 

少したわんだ形のサラダボウル

 

野菜は勿論ですが

これに蕎麦を入れてみたい

 

二人前の麺を茹でてどさっと盛って

薬味をじゃんじゃん入れて食べる時とかに

 

写真 2019-07-03 13 25 40.jpg

 

横顔が美

 

佇まいが涼し気であるのも重要

 

 

写真 2019-07-03 13 26 07.jpg

 

フチの鉄錆が効いています

 

薄茶色の十割蕎麦、もしくは

蕎麦サラダも可

 

写真 2019-07-03 13 30 05.jpg

 

蕎麦猪口なら

 

古染に金継ぎのようなあしらいのこれ

 

持つと少し重さのある

それでいて小さめな

 

見た目にも重厚感のあるものが気分です

 

蕎麦屋での一杯がどうにも好きなので

家で食べる蕎麦タイムにもその気分を味わいたく

 

写真 2019-07-03 13 27 36.jpg

 

最近入荷してきていたこちら

 

これに、板わさを数切れ

もしくは出汁巻

 

御新香とわさび漬けでもいいや

 

写真 2019-07-03 13 27 47.jpg

 

味の濃いものをほんの少し

見た目にも鮮やかな感じに盛って

 

きりっと冷やした大吟醸でもあれば

 

 

 

(最&高)

 

 

 

(すぐにでも食べたい)

 

 

 

(お腹空いたな)

 

 

 

心の声と共にどんどん改行してしまった

 

今日も食べちゃおうかな

 

ヘルシーさ、喉越しの良さなど

お蕎麦の良さはいろいろあるのですが

 

身体にこもった余分な熱や湿気を取り

クールダウンさせる効果もあるので

梅雨時期の食事としてたいへん理にかなっている

 

写真 2019-07-03 13 36 43.jpg

 

そこに、ねぎや生姜、みょうがなど

薬味と言われる香り野菜を加えれば最強

 

実は冷えていることの多い梅雨時の身体を

温めることで水分の代謝を促し、むくみを解消してくれます

 

美味しく食べて、水はけのよい身体を心掛ける

 

体調を崩しがちな季節こそ

日々の小さな工夫の積み重ねが効いてくる

 

作るモチベーション

食べるエネルギー

 

ささやかに器で気分転換しながら

この過ごしにくい季節を楽しみましょう

 

それではまた来週!

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
えっちらおっちら

写真 2019-06-26 17 46 33.jpg

 

こんにちは

 

朝から暑くてびっくりしませんでした?

もう夏?

 

さて、少し前にふんわり告知していた企み

 

本日から代官山店、川崎店の両店舗にて

アーティフィシャルフラワーYocchima(ヨッチマ)の展開がスタートしています

 

 

写真 2019-06-26 17 50 07.jpg

 

これは川崎店

 

お店の広さを生かして

リースタイプだけでなく卓上に置けるタイプや

キャンドルホルダー等もラインナップ

 

写真 2019-06-26 17 50 07 (1).jpg

 

そのままギフトに出来るものもあります

1680円〜とちょっとした贈り物にぴったり

 

 

代官山店は、店内に少しづつ

 

写真 2019-06-26 17 44 53.jpg

 

ユーカリのスワッグタイプ

涼し気で良い感じ

 

玄関とか、ドアの前に付けるの程よいサイズ

 

写真 2019-06-26 17 43 04.jpg

 

例えば

 

お手洗いと浴室が似たようなドアだったりすると

来客の時にわかりにくい

 

そういう時に「お花の飾ってあるほう」とか言えると便利

 

製作者の方に伺って「なるほど!」と思った使用例でした

 

アーティフィシャルフラワーについては

先日の投稿でも少し書いていますが

 

良さをひとことでいうならば?と尋ねたところ

 

「お手入れいらず、どこにでも飾れる」とのこと

 

このどこにでも飾れるっていうのがポイントで

 

例えばお見舞いに行く時

 

生花だと、花瓶はあるかな?

水換えるの大変かな?とかあるじゃないですか

 

水の無い場所でも飾れるのとても便利

 

写真 2019-06-26 17 39 40.jpg

 

ちなみに、Yocchima(ヨッチマ)とは

製作者の方の小さな頃の呼び名だそうです

 

ヨ、にアクセント

 

発音的に近いのは

えっちらおっちら、のえっちらですかね

 

小さな頃って不思議な呼び名が存在しますよね

名前の一部が独自進化を遂げたような

 

ちなみに、私の幼少の友「くみこ」は

 

くみこちゃん→くみこたん→みこたん→タンタン

と最終的に元の名前を完全に失った形で、今もタンタンと呼ばれています

 

すっかり大人になってしまった今でも

地元での呼び名って幼い頃のままだったりしますね

 

ちょいとノスタルジー

うれし恥ずかしー

 

そんな感じで

 

yocchima さんの作品はこちらかも見れますYO

https://www.instagram.com/yocchima2019/

 

よろしくどうぞ

 

それではまた来週!

プレスかとう

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
それでも緑が好き

写真 2019-06-19 14 38 59.jpg

 

梅雨の晴れ間

雨の後には木々が艶々と

 

植物にとっては過ごしやすい季節なのでしょう

 

紫陽花も見ごろを迎えて

鮮やかな紫はこの季節ならではの美しさです

 

さてさて

 

写真 2019-06-19 14 35 49.jpg

植物といえば、の最近の人気者

 

ガーデニングや日々の花生けに重宝しそうな鋏です

 

写真 2019-06-19 14 46 47.jpg

ステンレスに真鍮メッキ

 

手にすると程ほどに重い

 

この重さが割と大切だったりしませんか?

力を込めやすいというのか

 

枝を切る時に手元が跳ねないの大切です

 

あと持ち手のカーブが美

 

写真 2019-06-19 14 36 48.jpg

 

フォルムは普遍的なのに

鈍く光る金色であるというだけで

印象がだいぶモダンになる

 

入口付近でも存在感を放っております

 

写真 2019-06-19 14 40 54.jpg

 

 

華道で使う鋏には

つる手、わらび手なんてありますが

 

家で使うとき大切なのは、手馴染みと使いやすさ

あとは気分が上がるか否かでしょうか

 

ちらみにこれはつる手の方です

写真 2019-06-19 14 36 23.jpg

 

並んだ姿はどことなくあれを連想しますね

 

プレッツェル

 

美味しいですけど

食べすぎるとけっこう塩気の強めな

 

そこも好きですけれど

ええ、お腹なら空いていますが話を戻します

 

部屋に花を飾ると生活空間が華やぐ、というほかに

 

毎日水を替えて少しづつ切り戻し

バランスを整える楽しさもあります

 

頂いた花束だったり

自分で選んできた数本の花も

 

短くなって組み直すとまた違う見え方になったりして

 

写真 2019-05-30 9 09 48.jpg

 

少し前に、こんな鮮やかな花束を頂きました

 

「自分ではきっとピンクを選ばないでしょうから」と

 

贈り物は、その人に似合いそうな物

好きな物を贈りたいと考えていますが

 

花だけはそれを裏切ってもいいものだなぁなんて

 

こうして行儀悪く床に広げながら

毎朝束ね直しては、あぁ綺麗な色だと

 

その数日、その少しの時間ではあっても

やはり花って素晴らしいと思うに充分だったのでした

 

やっぱり花が好き

植物が好き

 

なのでこうした植物周りの道具も

やっぱり楽しいなあと思う6月の水曜日です

 

それではまた来週!

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
we are what we eat

写真 2019-06-11 19 07 56.jpg

 

梅雨です

ここ数日は少し肌寒いですね

 

昨日、久しぶりに土鍋で玄米を炊きまして

 

最近はあまり家でお米を食べないので

炊き方を忘れたんではと思いましたが平気でした

 

玄米はとにかく吸水が命

欲をいうと丸一日くらい水につけておきたいところ

 

土鍋玄米派のみなさま

蓋を開けた時にこのぷつぷつとした穴を見るとほっとしませんか?

 

写真 2019-06-11 19 08 28.jpg

 

ちなみに、2合の玄米に600ccの水

弱火で45分、そのまま蒸らして20分

 

と、2行で完結する方法で炊いています

 

突撃かとうの晩ごはん

 

写真 2019-06-11 19 22 09.jpg

せりのナムルと出汁巻

せせりとズッキーニを焼いて

 

玄米ごはん、ミョウガとあおさの味噌汁

梅干しとちりめん山椒

 

タイトルにも書きましたが

 

we are what we eat

私たちは食べたもので出来ている

 

シンプルで分かりやすく

そして的確な言葉だなと思います

 

きちんとした食事をしているだけで

だいたいのことは上手くいく

 

サプリをいくら飲んでも

機能的な化粧品をいくら肌に与えても

健康である、ということには敵わない

 

きちんと食べていれば、それでオッケー

と私の中のローラも言っています

 

写真 2019-06-12 13 06 20.jpg

 

急に宣伝ぽくなってすみません

 

昨日、ちりめんじゃこを取り分ける時

このスパイススプーンの良さを改めて感じまして

 

写真 2019-06-12 13 07 36.jpg

 

愛する小さきものシリーズ

 

改めて便利なんです

食卓QOLがかなり向上する

 

写真 2019-06-01 18 14 24.jpg

 

少し前に、家に人が集まった時

蒸し豚を作ったのですが

 

柚子胡椒や粒マスタードなど

練状の薬味をちょんちょん、と載せるのに

 

これ以上の適役はないだろうオブザワールド

 

ちなみに

 

〜オブザワールドは

ごく近しい人との間だけで流行っていまして

 

何でもない言葉尻につけるだけで

ちょっとだけ人をイラっとさせる不思議

 

写真 2019-06-12 13 35 13.jpg

そんな便利オブザワールドのスパイススプーン

 

長さは約8cm

Bicライターより少しだけ背が高いです

 

それではまた来週!

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
夏へのたくらみ

写真 2019-06-05 12 53 03.jpg

 

入梅の候

はっきりとしないお天気が続きます

 

湿度は苦手なものの

 

暑くもなく寒くもなく

湿度のおかげで肌も潤うこの季節が割と好きかもしれない

 

さて本日はお店にて楽しい打ち合わせ

 

写真 2019-06-05 14 27 14.jpg

 

ちらっ

 

久しぶりのあの方です

YPKさん

 

なんかメモ取ってる

 

写真 2019-06-05 14 27 36.jpg

 

今度は電卓叩いてる

 

さて何の企みでしょう

 

写真 2019-06-05 12 53 27.jpg

じゃん

 

これは、アーティフィシャルフラワーといいます

 

YPKさんは長らくこのお花に纏わる仕事をしたのち

今年から個人で製作活動をスタート

 

アーティ、アー、アーティフィ、、と

噛んでしまい最初は名前を言えなかった

アーティフィシャルフラワー

 

造花の一種で、特に精巧に造られたものを指します

 

生花のようなリアルさと

劣化しにくく、メンテナンスいらずで

 

じわりじわりと人気が高まっているのです

 

写真 2019-06-05 12 54 40.jpg

 

例えば

 

この季節、お部屋でも楽しみたい紫陽花

 

もこもこっとしたあのシルエットはとても魅力的なんですが

水揚げが難しく、高価なこともあってなかなかハードルが高い

 

加えて、切り花だと頭が重たくて大きな花瓶でないと支えきれない・・

 

そういう時はアーティフィシャルフラワーを

 

写真 2019-06-05 15 55 06.jpg

 

あとは、花を贈りたいけれど

形として残るものがあれば尚いいな、という時にも

 

その時その時、一瞬の美しさのある生花の良さ

持続性のある、長く穏やかに楽しめる造花の良さ

 

バランスよく、用途に応じて選べたら

それは素敵な事ではないかな、と

 

写真 2019-06-05 16 28 22.jpg

 

そんな思いから、夏に向けて新しい企てがスタート

 

生花が悪くなりやすくなる夏場は

実はアーティフィシャルフラワーの本領発揮な季節だそう

 

詳細は改めてお伝えしますが

代官山と川崎の両店でご紹介できそうです

 

カミングスーン

どうぞお楽しみに!

 

それではまた来週

プレスかとう

 

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/46 | >>