代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

耐熱陶器の簡単レシピ/素麺で菜の花とホタルイカのパスタ風

IMG_3556.JPG

 

春のお楽しみ 

それは菜の花

 

芽キャベツと並んで

マイフェイバリット野菜in春

 

何かと慌ただしかった3月

家で食事をする時間が少なかったものの

それでも菜の花はよく食べていた気がします

 

ある日も考え事をしながらスーパーに立ち寄ったら

 

散らかっていた事がうまく頭の中でまとまり

鮮魚コーナーでこそこそ携帯へメモをしたりしつつ

 

(こういうことありませんか?私はよくある)

 

忘れないうちに、、と帰ってそのまま仕事をし

ふとひと段落

 

玄関に放ってあったビニールに入っていたのは

菜花とイカ、バナナがひと房

 

支払いはちゃんとしましたよね...と

人としてまず最低限の義務をレシートで確認しつつ

 

無意識に選んだ3品に入っていたあたり

確実に好きなんだと自覚した次第でした

 

しかし冷蔵庫には他に何もない

 

となると

強制的にメニューは決まってくるわけで

 

米か麺か

 

IMG_3901.jpg

麺があった

 

http://www.kinosuke.net/

小豆島の真砂喜之助製麺の太麺

 

素麺は細ければ細いほど好きな私ですが

こちらの太麺はそれとはまた別の美味しさがあります

 

IMG_3558.JPG

 

一つかみの素麺

 

 

コンロはダブルでいきます

 

C14A5890-72F0-4F9D-BCB1-288EA220B5CD.JPG

 

麺を茹でつつ

 

いつものあれにオリーブオイルを熱して菜の花 in

 

 

床に見切れているのは私の左足

スリッパは履いていません

 

 

軽く火が通ったらホタルイカ in

IMG_3562.JPG

 

味付けは酒を一振りと塩のみ

梅昆布茶を少し入れても良いかも

 

素麺にもほんのり塩気があるので

むしろそのままでもいいくらい

 

硬めに茹でた素麺を和えて完成

IMG_3568.JPG

 

食べるまで10分かからず

超・時短メニューと呼んでいいかと

 

素麺だと小さな鍋でもさっと茹でられて

食べた後のお腹もパスタより少し軽い

 

細麺で作るとチャンプルーみたいになるのかも

 

しかもレシートを見たら

ホタルイカおつとめ品で100円

やるな無意識の自分

 

裏日誌を読んでいる友人に

 

「忙しいのに色々作ってるけど大変じゃない?」

的なことをたまに言われるのですが

 

単にそこ(食)を疎かにすると自分が辛い

というだけのような気がします

 

立ったまま食事を取るような余裕のない時も

自分で作ったのを食べているほうが調子がいい

 

元々の気質もあるかもしれませんが

これはAllegoryで仕事を続ける中で身に付いたのが多分にある

 

お店が出来てから間もなく

10年目に突入するわけですが

 

早いようで長いようで

んーやっぱりそこそこ長い

 

先日、前にAllegoryで働いていたスタッフが

ふらりと遊びに来てくれました

 

可愛い差し入れも一緒に

 

IMG_2908.JPG

 

夢のように美味しかったんですが

食べたことありますか?

 

代官山に最近OPENした

Hi-CACAO CHOCOLATE STANDのチョコレート

 

IMG_2912.JPG

小さきものハンターの胸を

正面から打ち抜くこのサイズよ

 

一口サイズなのですが

味わう前にうっかり飲み込んでしまい

 

今のなし!今の絶対なーし!!!

と叫びたかった

 

会いに来てくれてありがとう

 

仕事では離れても

縁がゆっくり続いていくのは嬉しいことです

 

袖振り合うも多生(他生?)の縁

振りあって生きて参りましょう

 

それではまた来週!

プレスかとう

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
うららかな3月の終わり

E713B4F8-9C21-4D78-8BBB-16CC855714E0.JPG

 

急に暖かくなり、すっかり春です

皆様いかがお過ごしでしょうか

 

私はというと

 

花粉という見えない敵と戦っているうちに3月が終わってしまいそう

 

さて、代官山店ではお馴染みの鳥かご

 

いつもと少し様子が違うのに気づきますでしょうか

 

IMG_3530.JPG

 

 

新しいおもちゃ(手前)が入った....?

 

それもあります

 

IMG_3537.JPG

 

ちょっと髪型変わった?

(フクロウっぽくないですか)

 

それもある

 

もっと根本的で大切なことですよ

IMG_3526.JPG

 

 

・・黄色い方(ソメキチ)が...居ない( ꒪⌓꒪)

 

 

 

( ꒪⌓꒪)!?

 

 

通りすがりに店内を覗き込みながら

近所の常連さんが

 

「黄色い鳥ちゃんがいない。。。」と呟くのが聞こえたり

 

店内に入っていらしたお客様が

鳥かごを見るなりみるみる悲しいお顔になったり

 

「もう1匹はどこへ行ったのですか!!」

とダイレクトに聞かれることもしばしば

 

 

悲しいことがあったわけではありません

 

黄色いほう(ソメキチ)は

先日、その大きく膨らんだお腹から

 

”おめでた?おめでたですか?!”と鳥病院へ行ったところ

 

 

医師の診断は

「肥満です」

 

 

ただの肥満...

 

googleで

 

「インコ 妊娠 どうする」

とか調べてたのに

 

先走って

 

「インコ 卵 孵化するには」

とかも勝手に調べてたのに

 

現在は店主の自宅にてダイエット生活中

 

じきに帰ってきます

 

 

鳥たちの健康の為

 

小松菜の水耕栽培始めました

 

芽も出てきた

 

ダイエットに成功してお店に戻ってくる頃には

小松菜も伸びているはず

 

ダイエット成功と無事の帰還を願いつつ

青いほうは今日も元気に店番しています

 

さてさて

 

先週は雪が降ったというのに

今日はTシャツの人もいる

 

季節の移ろいが激しめですが

まもなく4月

 

新しい季節です

 

新生活にちょっとオススメなものを1つだけ

 

IMG_3538.JPG

 

ガラスの砂時計です

 

3分、5分の小さなサイズもあるのですが

お気に入りは15分(Lサイズ・右)30分!(LLサイズ・左)の大きいサイズ

 

IMG_3539.JPG

LLサイズ(30分計)はこんな感じ

高さ18cmほど

 

30分あったら色々できますよね

 

簡単な朝食を支度して普段よりゆっくり食べるとか

軽く掃除をしてコーヒーを飲むとか

 

本も30分あれば結構読み進められる

 

朝、少し早く起きるでも

眠る前の時間でも

 

忙しい時、慣れない環境に身を置く時ほど

自分の為の30分をどうぞ、と

 

これから新生活を始める人へ何か、、と迷っている方は

 

インテリアとしても楽しめて

ちょっとしたメッセージも込められる

 

砂時計のプレゼントはどうかなぁ、なんて

 

自分用にも勿論どうぞ

 

奮発して2つ買うと

両手に持ってマラカス風に楽しむこともできます

 

30分測りながら振り続けたら

けっこうな運動量ではないかと

 

肥満にも一定の効果があるかもしれません

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
王子の卒業

IMG_2899.JPG

 

3月14日

 

今日はホワイトデーですね

 

写真はスタッフの羽鳥くんから

バレンタインのお返しに頂いたタルト

カモミール伊予柑

 

見た目も味も

乙女心が満載です

 

組み立てられない恐竜のチョコを

(先週の裏日誌参照)

女性スタッフ一同から連名で贈ったのに

 

個別でお返しを用意してくれる律義な彼

 

「けっこうしんどかったす」と本人

 

女性6人いるからね(男性は2人)

IMG_2897.JPG

彼のもうひとつの顔といえば

 

店内随所にある細やかな商品説明POP

これを素早く美しく製作してくれる

POP職人でもあります

 

POP王子という呼び名はここから

最近はもうただの”王子”になってるけど

 

IMG_1163.JPG

 

ある日の王子

 

ニット帽と丸メガネ

 

vsco-photo-1.jpg

 

たまに店主と格好が被る

 

 

(ニット帽と北欧風のセーターがドレスコードなのかな...)

 

 

IMG_1164.JPG

 

はにかむ

 

そんな王子がアレゴリーを卒業するので

みんなでお肉を食べに行きました

 

IMG_2690.JPG

 

肉の遊園地 http://89bal.com/ (ヤクバル)

 

国産のお肉にこだわった隠れ家風BAL

恵比寿駅から広尾方向へ向かって5分ほど

 

アレゴリーでお皿やカトラリーなどを納入させて頂いているお店です

 

IMG_2691.JPG

 

席についてすぐ

 

あ、カトラリーレストが、、とか

フォークは○○のですね、とか

 

すぐそういう話になる器屋の飲み会

 

IMG_2889.JPG

このカトラリーレストは

Allegoryがオリジナルで製作しているもの

 

シンプルな文鎮みたいな形

銅・真鍮・ステンレスの無垢

 

ありそうで見つからないので作りました

 

IMG_2700.JPG

 

次々に運ばれてくるお肉

 

IMG_2698.JPG

 

 

目力を強くすると二重になります

 

キリッ

 

IMG_2697.JPG

 

この技は思春期の頃に会得したそうです

 

お肉を手に嬉しそうな王子

 

IMG_2703.JPG

野菜は嫌い

(特に茎が苦手と推測される)

 

これからは好き嫌いしないで食べてね

 

送別会の場で知ったのですが

 

王子は学生時代にバンドでギターを弾ていたらしい

 

他にもトロンボーン(森久保)ドラム(加藤)など

楽器経験者が多い我らがアレゴリー

 

 

バンドやろうぜ!

いや、バンドを本職にして器屋は仮の姿にしようぜ

 

盛り上がる一同

 

目指すのか武道館

凱旋公演はリキッドルームかUNITか

 

ライブを開催する際にはぜひご声援をお願いします

 

王子お疲れ様さま

これからもどうか爽やかで優しくいて下さい

 

IMG_2874.JPG

 

話は変わって

 

今日はお店で映画撮影があった為

開店が遅くなりましてご迷惑をお掛け致しました

 

たまたま撮影に出くわした男子高校生2人組が

主演の女優さんの横を通り過ぎた後に

 

「女神!!まじ女神!!!」

 

と、漫画に出てきそうな感動リアクションだったのが今日のハイライト

 

 

まじで女神でした

 

来年公開の映画なので

また近くなったらお知らせします

 

劇中でもそのまま、AllegoryHomeToolsというお店として登場する予定なんですよ

 

そうぞお楽しみに

 

王子と女神

なんとなく格調高めな裏日誌になってしまった

 

来週の祝日・21日水曜日はお休みを頂きます

それではまた、再来週!

 

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
万能すぎる木蓋

 

お馴染み、WECKのオプションパーツ

ゴムパッキン付きの木蓋

 

私も保存容器としてWECKを使う際に愛用しております

 

先日、アレゴリーの社内SNSにこんな投稿が

 

IMG_2602.JPG

 

アウトレットのグラスに

WECKの木蓋がシンデレラフィットです、 from矢野

 

 

シンデレラフィット!!

 

 

雑貨の接客でこんな用語が出てくるとは

 

このSNS

主には業務連絡をやり取りするものなのですが

 

それほどでもない、というスレッドには

 

ちょっと気づいたこととか

スタッフが服装かぶったとか

誰誰がお店に遊びに来ましたとか

 

そんなことが何気なく投稿されます

 

IMG_2603.JPG

 

スタッフからのバレンタインチョコ(組み立て式の恐竜のやつ)

 

組み立てられなかった店主からの懺悔なども

 

(チョコは川崎の阿部店長セレクトでした)

 

そんな風に使われている「それほどでもない」に

それほどでもなくない投稿が

 

アウトレットのグラスとはこちら

 

IMG_2569.JPG

 

白とグレーのスモーキーなグラス

500円也(安い)

 

これに、WECK木蓋のMサイズを合わせると

 

IMG_2587.JPG

 

確かに

 

元々こういうキャニスターなんじゃないかというフィット感

 

IMG_2588.JPG

 

発案者からも笑みがこぼれます

 

お客様との会話の中で

この蓋、あのグラスに合うんじゃない??と発見したそうで

 

どなたか存じ上げませんが

発案者のお客様にもお礼を

 

弐匹目のどじょうを探して社内をパトロール

 

同じガラスならどうか

IMG_2571.JPG

窓辺のフラワーベース

 

春にむけてお花を飾る方が増えたからか

手に取るお客様がとても多いです

 

まず、リユーズガラスのフラワーベースにフィット

 

IMG_2573.JPG

 

木蓋はLサイズです

 

ある時はフラワーベース

ある時は保存容器に

 

なんて便利なんだ

 

IMG_2572.JPG

まさかのこちらにもFIT

 

オブジェ感すらある

これはMサイズの木蓋

 

陶器はどうですかね

 

IMG_2577.JPG

 

竹内俊太郎画伯の蕎麦猪口

相撲柄がコアなお客様に人気

 

こちらにまさかのFIT

 

IMG_2576.JPG

 

力士も心なしかドヤ顔に見えます

 

何に使うかはわからないけれど

なんとなく蓋閉めたくなる

 

これもMサイズ

 

ほかに蓋の合う子はいねが〜

(なまはげ調)

 

IMG_2578.JPG

 

 

お馴染み4th‐market では

コクシリーズに発見しました

 

 

IMG_2581.JPG

 

 

湯呑みです

 

 

IMG_2579.JPG

 

個体差はあるけれどいける

 

ちょっと残っちゃったおかず

蓋をして冷蔵庫にいれておくとか便利すぎる

 

少し前に紹介したディスカ

 

IMG_2586.JPG

 

FITが止まらない

 

矢野さんと私のニヤニヤも止まらない

 

こういう

 

生きていく上で

知らなくても全く困らないけれど

知ってるとちょっと嬉しい

 

みたいなことが大好きです

 

ともすれば何事もなく過ぎて行く毎日に

些細な愉しみを見つけられるのは才能だと、思います

 

木蓋はWECKの純正なので

今日ご紹介したものはあくまで応用で

 

ガラスも陶器も、個体差により

微妙に口径と合う合わないはあると思うので

 

スタッフにお尋ねいただけましたら

”フィッティング”いたします

 

シンデレラフィットの喜びをぜひ

 

それではまた来週!

の前に1つ大切なお知らせ

 

来週の水曜日3月14日は

お店で撮影がある為15時頃のオープン予定となります

 

また、その翌週21日(祝)は

勝手ながら店番のお休みを頂きます

 

とはいえ、所用でアレゴリーのすぐ近くにおりますので

知人の方はお声がけ下さいませ

 

諸々のご連絡でした

 

それではまた来週!(15時頃に!)

プレスかとう

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
耐熱陶器の簡単レシピ/鯖とトマトのフジッリ

IMG_2275.jpg

 

耐熱陶器で簡単レシピ

 

今回はノーチェ8インチ耐熱シチュー

和えるだけフジッリ

 

さて

豆苗は何度収穫できるのか?

 

地味に検証を続けていたら2月が終わってしまいそうです

 

このお皿、暫く見てないなと思ったら

 

IMG_2140.JPG

まだ豆苗栽培してたんでした

だから台所に無かったのか

 

しかし3ラウンド目ともなると

まばらな生え方、成長の遅さも顕著

 

”そろそろ勘弁して下さい”というムードを感じずにはいられない

 

豆苗3度までという世論は

どうやら本当のようです

 

この小さなうつわの中で

水と光だけで2回も収穫させてくれてありがとう

 

さて、最後の収穫を終え

無事にキッチンへ戻って来たノーチェ

 

この8インチシチューは深さもあるので

汁ものやカレー、パスタなどにも良いサイズ

 

一人でさっと昼食を済ませたいという時にも便利

 

IMG_2265.jpg

 

暫く前に興味本位で購入していた

グルテンフリーのフジッリ

 

小麦ではなく玄米から作ってあると聞いて

気になっていたのでした

 

あとは冷蔵庫にあったトマト2つ

好き過ぎてリピートしたオイル鯖ディンで

 

IMG_2271.jpg

 

オリーブオイルを中火で温めて

小口に切ったトマトを潰しながら炒める

 

にんにく入れても良さそうですが

あいにく切らしておりましたのでノーガーリックで

 

同時進行でお湯を沸かし

フジッリを茹でる

 

IMG_2269.JPG

 

ザルにあけて湯を切っておく

 

後でソースと絡めるので固めでOK

茹で時間も2、3分程です

 

お米が原料だけあって

確かに艶がうどんのそれに似ている

 

IMG_2272.JPG

 

トマトに火が通ったら

オイル鯖ディンを半量くらい投入

 

味がしっかりしているので

1人前なら缶の半量で充分かなぁという感じ

 

馴染んできたらフジッリを入れ

よく混ぜたら完成

 

IMG_2275.jpg

胡椒を振ってどうぞ

横に見えるのは豆苗(3ラウンド目)

 

最初に食べた豆苗と比べると

味も色も確かに薄いような気がしましたね

 

IMG_2274.jpg

 

ピントが・・

 

二度も収穫させてくれたのに

こんな写真でごめん

 

さてこのフジッリ

やはり小麦のものと比べて

食後のお腹が軽いというか

 

小麦のモチッ、ズシッ、とした食感も

それはそれで好きなのですが

 

今日は少し軽めが良いな、という時に良さそうです

 

次の日は

残りの鯖ディンを豆乳で伸ばして

 

卵の黄身を割り入れたカルボナーラ風

 

IMG_2280.jpg

 

豆乳は飲むのも好きなのですが

 

土鍋でゆっくり火にかけ

出汁で割ったり、味噌を溶き入れたり

 

以前にレシピを載せた常夜鍋なんかも

よく豆乳で作ります

 

ホワイトソースもトマトソースも

いちから作ろうとするとなかなか手間ですが

 

一皿で完結するシンプルなレシピでも

ひと手間かけて、暖かいうちに食べれば十分満足

 

この器は昨年末に購入して

直火でタフに使用中(たまに豆苗を栽培していますが)

 

裏は火に当たってこんな感じに

IMG_2415.jpg

 

耐熱陶器を使うようになり

もう10年近く経ちますが

 

私自身はちょっとした食事も自分で作ることが格段に増えました

 

手間暇を考えたら

買って済ませた方が時間もお金も節約できるのかもしれませんが

 

短い時間でも台所に立ち

野菜を切り、少し炒め

温かいうちに食事をして洗い物をする

 

日常の些細な積み重ねが

人を前に進ませていくような気がしています

 

大げさかもしれませんが

日々の家事の時間

そんなことを割と本気で考えています

 

今日で2月も終わり

明日からは3月ですね

 

何か調理道具をひとつ加えて

春を迎えるのも良いのではないかと

 

新しい生活にむけて

または新しくない生活の方もぜひ

 

それではまた来週!

プレスかとう

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
今日もどこかで

E0D40AAD-9D9F-4DA0-B901-01B70A8BD4B8.JPG

 

少し前にごはんを食べに行ったお店にて

ケールのサラダにそっと添えられたこの子に遭遇

 

そう、泣く子も黙るゆびさきトング

 

サーブ用にこれ採用している時点で

食べる前から満点確実です

 

5109BA17-0824-471D-89B2-0D7FCCA95B8D.JPG

 

前にも言いましたが

 

私にはどうもイルカショーに見えます

愛おしさ

 

そしてケールのサラダは勿論美味しかった

 

序盤から私の心を温めたのち

 

前菜が載って出てきたお皿にも

見覚えがあるような ないような....

 

2B2D7CA9-D387-46EB-A336-DAD2D5D0DE50.JPG

 

うーん

 

あれに似てる

 

最近釉薬をリニューアルした

4th‐marketのディスカ

 

IMG_2237.JPG

 

釉薬変更の為に暫くお休みしていましたが

 

白はライチ、黄色は洋梨、青は葡萄

それぞれ果物をイメージした色になりました

 

IMG_2240.JPG

 

前菜のプレートは

和洋が気負わずに混ざった感じで

やちむん的な小皿が載っていたのですが

 

(中に入っていた塩麹トマトがまた良いお味で)

 

食欲を減退させると敬遠されがちな青のお皿も

 

クレソン、トマト、レンコンと

力強い野菜の色が載るとぐっっ!と映える

 

勉強になります

 

さっそく真似て

店内にあった似たサイズの小皿を乗せてみる

 

67955D89-1AD0-4725-8C55-1861B671B770.JPG

 

うーん似ている

 

そして、このプレート

和陶にも確かによく合う

 

IMG_2250.JPG

載せていたのはこれ

 

自分では思いつかなかった組み合わせ

 

いや、そもそもあのお皿が

ディスカじゃないかもしれないんですけれども

 

E34E7142-4A01-40F2-A012-4B23BB6EA89C.JPG

 

その後に鹿のソーセージを頼んだら

ディスカ(仮)アゲイン

 

どうだろうか

見解を募集(社内向け)

 

ディスカ(かもしれない)お皿で

更にテンションを上げつつ夜は更けていきました

 

プレートに小皿をON

という提案は今までもしていましたが

 

色々な人の使い方をみることは

やはり重要だなぁと改めて

 

人の使い方、といえば

先週オータさんが小皿を大人買いしていました

 

C31E19B4-1821-4592-B1D7-DC7333C2F74C.JPG

 

さすがのセレクトです

 

ちなみにオータさんと私のやり取りを聞いていた

別のお客様が後から

 

「横で聞いていたら私も欲しくなっちゃいました」と

右上の小鉢をお買上げ

 

小さなお店あるある

 

セールストークは店内全域に有効

 

翌日にはオータさんのinstagramを見た方が

同じものを買いにいらしたらしい

 

多大なる影響力

ありがとうございます

 

てなわけで、今日も日本のどこかで

アレゴリーの器を使っている人がいる

 

いい日旅立ち風にまとめたところでまた来週!

 

プレスかとう

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
水曜担当、土鍋を買う

IMG_2157.JPG

 

裏日誌を読んでいただいている皆様に

折入ってご報告があります

 

というか

タイトルが全てなんですが

 

ついに土鍋を

 

土鍋を購入致しました

 

選んだのはこちら

IMG_2168.JPG

 

4th‐market 籠鍋(かごなべ)の黒

 

持ち手のないカゴのような形

だから籠鍋

 

これデザインだけでなく

ぐるりとふち全体が持ち手になっていて

どの方向からでも掴みやすいのです

 

IMG_2169.JPG

 

買い替えを構想すること5年

 

遡るとこの時すでに

「今年は土鍋を買い替える」と宣言している

 

2013年11月でした

 

冬季オリンピックでいうとソチより前ですね

 

季節はめぐり

 

間もなく平昌が始まるというタイミングで

ようやく心を決めました

 

オリンピック全くのこじつけですが

(ただ平昌と言いたかった)

 

さていったい

何をそんなに悩んでいたのか

 

理由は2つ

 

1、シーズンになると

店内の土鍋がどうしても品薄になりがちで

入荷する傍から売れていくのを眺めつつ

つい買いそびれて春が4回も来ていた

 

2、買い替えますと断言した直後

10代の頃から持っていた土鍋を処分したものの

 

コセール5号スタック鍋

自分的ツートップがあれば大体こと足りていた

 

これに尽きる

 

本当に足りていたのです

 

ではなぜ今になって買ったのかというと

これも理由は2つ

 

1、ごはんを炊いていたご飯釜が寿命を迎えた

 

2、冬が終わる前に大きな鍋でせり鍋をしたかった

 

なければ無いで間に合っていたものの

 

ごはんを「食べたい」

せり鍋を大きな鍋で「食べたい」

 

私の食べたい欲が

5年の沈黙をあっさりと破り

ついぞ購入と相成ったのでした

 

 

IMG_2167.JPG

あれこれ考えた末

買うなら籠鍋の黒と心に決めてはいたものの

 

昨年入荷してきた新色の赤銅が

なかなか魅力的な肌でして

 

IMG_2162.JPG

錆びた銅のみたいな

赤みのあるブラウン

 

この茶色が

 

これまで鍋という鍋を

頑なに黒で揃えてきた私の心を

ゆさゆさと揺さぶったのでした

 

自分の中にも揺れる乙女心が存在したのを確認

 

IMG_2103.JPG

 

(結局やはり黒にした)

 

さっそく目止め処理をして

いざ、せり鍋

 

せり鍋とは根っこをよく洗ったせりを

丸ごと入れて味わう仙台の郷土料理

 

お肉は鶏だったり鴨だったりですが

我が家は一度フライパンで焼き付けた鴨肉を入れています

 

(自分的に)美味しく頂いた後で

初せり鍋を体験した人に感想を求めたところ

 

「せり以外は美味しかった」と一言

 

オーマイガ

それただの鴨鍋ですね

 

あの根っこが甘くて美味しいんだけどと思いつつ

 

せりが思いのほか万人受けしない事実を受け入れるなど

 

そんな訳で始まりました私の籠鍋ライフ

簡単レシピなども考えたいなと思っております

 

話変わって

 

今日はバレンタインデー

 

お店に来たら

昨日出勤していた矢野さんからギフトが

 

IMG_2165.jpg

 

天使かな

天使なのかな?と

 

美味しく頂戴しました

 

しかも

 

IMG_2166.jpg

なんか似てるし

 

あげる方ばかりに気を取られていましたが

うっかり頂くと嬉しいものですね

 

皆さまもどうぞハッピーなバレンタインを

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
豆と苗

IMG_1998.JPG

 

少し前に、あのお方がInstagramに投稿していた

豆苗とサバ缶を和えたおつまみ

 

あまりに美味しそうだったので

いそいそと真似っこ

 

家に丁度こんなものがあったのです

IMG_1990.JPG

 

オイルサーディンならぬ

オイル鯖ディン

 

燻製した鯖のオイル漬けだそうな

 

IMG_1992.JPG

こんな感じ

 

確かにスモーキーな香りがしました

 

味見したらそのままで美味しくて

勢いで全部食べてしまいそうになりつつ

 

ここは、と自分を律して豆苗を刻む

 

細かく刻んだ1束分の豆苗と

この缶詰の半量を、ひたすら混ぜるのみ

 

最後にレモンをぎゅっと絞ると美味しいよ

と教えて貰っていたのでその通りに

 

IMG_1998.JPG

 

和えた後に2時間くらい冷蔵庫で休ませていたので

しっとり味が馴染んでいました

 

箸休めにおつまみに

さっぱりしていてペロッと食べられます

 

これは良いです

リピート決定

 

そしてリピートといえば

 

IMG_1994.JPG

 

豆苗の再生

 

ノーチェのシチュー皿が

苗を入れるのに丁度いいサイズであがる

 

シチュー皿と名付けられたこの器で

ひっそりと豆苗を育てているとは窯元も思うまい

 

毎日水を替え、光の当たる所に置くこと1週間

 

IMG_1981.JPG

無事に再生

 

水と光だけでなんと立派なことか

今年は野菜が高いですしね

 

部屋に思いのほか馴染んでしまい

食べるのを少しためらう程

 

食べましたけども

IMG_1982.JPG

 

どこの世界にもはみ出し者がいるように

豆苗界にも野生児はいる

 

IMG_1983.JPG

 

他の2倍ほどの長さに成長した者、約1名

味は同じでした

 

育てついでに栄養価なども調べていましたが

ビタミンC,やEも豊富、抗酸化作用に優れていると

 

やるじゃないか豆苗

 

しかし「豆苗」って

よく考えるとすごい名前

 

豆と苗

 

え、何の・・

って聞きたくなるの私だけじゃないと思う

 

エンドウ豆でした

 

育ったさやごと食べるとさやえんどう

未成熟の実を食べるとグリーンピース

そして芽の状態が豆苗

 

由来を知りすっきり

 

 

昨年、春にはなぜ苦みのあるものを食べると良いか

 

について書きましたが

 

豆苗のような発芽植物も

種から芽を出す時のエネルギーが

そのまま高い栄養価を生み出すことから

 

春を迎える今の季節に食べるのは

身体にとって意味のある事なのだとか

 

冬の間に体内に貯めていた毒素を出して

新しい細胞を作り出す為の準備

 

芽が再生するように

身体も生まれ変わるのですね

 

ちなみに

 

豆苗の再生 何回まで?

を検索したところ

2回はいけるという噂

 

果たしてもう1度収穫できるのか

結果はまたの機会に

 

あと、豆と苗で思い出しましたが

 

アレゴリーのご近所の

「空と麦と」というパン屋さんは美味しいです

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
金物の道具

IMG_1898.JPG

 

ひっそりこっそりと

 

金物の道具の棚が充実しております

 

日々の台所仕事のモチベーションを左右する

小さくも重要なキッチンツール達

 

今日はこの棚からいくつかご紹介を

 

まずこちら

新潟・燕三条の両面計量スプーン

IMG_1899.JPG

ステンレス(銀色)¥867

銅(金色)¥1117

 

表と裏がそれぞれ

大さじ小さじになっています

 

長いこと気になりつつも

昔から使っていた物があるしナァと

替え時を見失い続けてはや数年

 

自宅で使っているのは

大さじ小さじそれぞれ1本づつのタイプ

 

1本で済むならその方が良いですよね

洗うのも楽ですし

 

IMG_1900.JPG

 

横から見るとこんなふう

 

(小さなフライパンに見えなくもない)

 

通常はまあるくなっている底が

えくぼのようにへこんでいます

 

このくぼみが小さじ

 

クルリと手首を返しながら

鮮やかに調味料を計れるというわけです

 

と、”良さは感じつつも持ってはいない”

アイテムの1つだったこちら

 

なぜ急にこれの話をするかというと

 

先週お店番をしていたらですね

ある女優さんがふらりと来店されまして

 

そう、ここは代官山

芸能のお仕事をされている方の往来は

普段から多いにしても

 

にしても

”ほんとにいるんだ!”

みたいな方っているじゃないですか

 

雲の上過ぎて

実はロボットなんじゃないかっていう

 

(個人的な思い入れの多さもあるんでしょうが)

 

そんな方が

 

便利そうですねぇと

この両面計量スプーンという

超、現実的なアイテムを手にして

 

ほ、ほれてま(略)

 

久々に自分の中のチャンカワイも出た

地面に穴を掘って叫ぶ気持ち今なら少しわかる

 

そして心の中でそっと誓うのでした

私も(やっと)これ買いますと

 

なんだただのミーハーか

という話でした

 

随分と話を引っ張ってしまったのですが

 

もうひとつこれ

IMG_1902.JPG

 

マッコリカップ(¥432)

 

入荷したなと思うと

いつも気づけば無くなっている

 

おうちでマッコリを飲む方が

結構な数存在するということなのか

 

先日も、入店されてすぐこれを見つけた女性が

 

「あ、マッコリカップある。これ買お」

と光の速さで購入を決めたのを目にしました

 

知らなかったです

みんなそんなにマッコリが好きだなんて

 

(私はビールが好きです)

 

002.jpg

確かに、本場韓国でよく見かける

このスタイルで飲んだら気分上がりそう

 

やかんと同じ色・素材

だから懐かしいというか

見たことある感があるのか

 

432円という価格も後押しして

2つ、3つと購入される方もいて

 

ちょっと何かを混ぜてとか

調理中にボウルとして使ったりもできそうだし

 

フックに掛けておける形でもある

軽く丈夫だからアウトドアにも?

 

実際には別の用途で購入されている方も多い

マッコリカップなのでした

 

店内、レジ前の金物コーナー

他にも色々な道具が並んでいますよ

 

1月も今日で終わり

明日からは逃げる2月です

 

小さな道具をブラッシュアップして

もう少し続く冬を楽しみたいですね

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
SYとの毎日

IMG_1680.JPG

 

こんにちは、今週も水曜日です

 

週の始めは東京にも雪が降りましたね

交通も混乱していましたが、皆さまご無事でしたでしょうか?

 

私はというと

 

雪と風の強まった夕方18時頃

仕事でどうしても移動を(しかも徒歩)しなくてはならず

 

ほぼ滑り台のようになっている下り坂を

生まれたての小鹿のようにプルプルと歩き(滑り)ながら

 

すぐ横でスリップしまくるタクシーに

後ろから四駆が追突する場面に出くわして

 

動揺したのち自分も転ぶも、受け身で事なきを得る

 

と、ある意味東京の雪を満喫したと言える1日を送っておりました

 

さてさて

 

寒さも本番な今日この頃

皆さまが朝に起きてまず飲むものは何でしょう

 

以前この質問にタレントのDAIGOさんが

 

SY(エスワイ)

 

あ、白湯です

 

と答えていたのがとても好きなのですが

もれなく私も朝は白湯派

 

今日は朝のSYに良さそうなカップをいくつか

お薦めしたいと思います

 

IMG_1679.JPG

まずは最初の画像で手に持っていた

 

美濃焼 白柚子天目くびれカップ ¥1242

 

ころんと丸い形ですが

垂れた釉薬と下部の黒で印象はシャープ

 

容量も300ccとたっぷりサイズ

 

個人的にはこういう湯呑型のもので

片手を横、片手は底に当てたクラシックスタイルで飲むのが好きです

 

次はこちら

IMG_1677.JPG

 

有田焼 kuppi 湯呑¥2160

 

すとんと筒形で形は湯呑だけど

北欧陶器のような印判手が特徴です

 

このシリーズには図柄がいくつかあるのですが

 

このpotion(左)とsasa(右)のモチーフは

有田の田清窯に古くから眠っていた印判を使い新しく表現したもの

 

IMG_1678.JPG

磁器のつるっとした肌が特徴の有田焼ですが

このシリーズは半マットな質感で陶器のような感じ

 

でもきちんと磁器

レンジ、食洗器対応です

 

あまり量は飲まないかな?という方は

こちらをどうぞ

 

容量は240cc

いわゆるコップ1杯の水、くらいのサイズです

 

IMG_1681.JPG

 

お馴染み、かいらぎシリーズも

白湯がよく似合います

 

美濃焼 かいらぎ湯呑 各¥1296 

 

丸型も筒形もあるのでお好きにどうぞ

 

IMG_1682.JPG

 

初めの白柚子天目カップより一回り小さいです

 

いわゆる”湯呑”というやつですね

お茶に白湯にと日常使いにぴったり

 

容量は210cc

 

オープンから長く扱っているかいらぎですが

 

釉薬や窯の温度などの些細な変化で

錆の入り方や貫入の大きさが変わります

 

入荷の度に違う表情を見せてくれるので

面白いなぁといつも思っています

 

さて、そんなSY(白湯)

アーユルヴェーダに基づいて作るには

 

きれいな水(水)ガスで沸かす(火)換気扇を回す(風)

 

と、水・火・風の3つのエレメントを揃えると良いらしい

 

詳しい方法はgoogle先生にお任せして

(この中のかんたん!白湯の作り方、というのが分かりやすい)

 

 

白湯を作るのにちょうど良いケトルもありました

 

IMG_1683.JPG

 

朝日を纏って神々しいね君たち..

ここは前にも書いたことのあるアレゴリーのセザンヌ場

 

何が白湯に良いかというと

 

蓋が

IMG_1685.JPG

このように蝶番で繋がっているのですが

 

沸騰したらやかんの蓋を開け風を入れる

という作り方にちょうど良いのではと

 

アーユルヴェーダ的ケトル

(言ってみたかっただけです)

 

人間の身体って魔法瓶のように出来ていて

 

朝起きてすぐに取り込むものが温かければ

それが胃や腸を温め、1日湯たんぽのように保温してくれるのだとか

 

では朝に冷たいものを飲むと

...想像に容易いですね

 

夜だけでなく、勿論寝る前のSYも良いとのこと

 

確かに眠る前に飲むと

お腹がほかほか温かくてリアル湯たんぽのよう

 

朝は慌ただしくて、、という方も

まずはお休み前SYから始めても良いかもしれません

 

しかし書いていて気づきましたが

白湯ってそのまま言った方がラクですね

 

皆さま良い白湯ライフを

 

それではまたRS(来週)!

プレスかとう

 

- comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/40 | >>