代官山で器や生活雑貨を扱うアレゴリーホームツールズと母体の株式会社アレゴリーにまつわるいろいろをプレス兼水曜日当番が気まぐれに綴る裏業務日誌。

New Era

写真 2019-05-01 14 32 03.jpg

 

新しい元号が始まりましたね

 

今日は家を出るギリギリまで

剣璽等承継の儀」を見ていました

 

この数日はいろいろな人が色々な所で

平成を振り返ったり、懐かしんだりしていて

まるで大晦日の様でした

 

そして今朝、東横線のホームで

 

「もしもし?」

 

「うんうん、令和おめでとう」

 

と、年明けの挨拶のような電話をしている女の子がいたので

 

もしかしたら本当にお正月なのかな?

と思いながら出勤

 

写真 2019-05-01 16 36 07.jpg

お正月ではありませんでしたが

 

おめでたいムードに乗って

今日はクラシカルな赤い釉薬、辰砂でも

 

写真 2019-05-01 16 36 29.jpg

辰砂は「しんしゃ」と読みます

 

朱色のような少し古典的な赤

 

もとの釉薬の色は黒っぽいのですが

還元焼成という酸素の少ない中で焼かれ、鮮やかな赤い色になります

 

白や茶、呉須などの青と比べると

赤い食器ってあまり沢山は見かけませんよね

 

辰砂をはじめ、赤の釉薬は

色をきれいに出すのが少し大変だそうで

 

特別に珍しいとかではないのですが

そこまで多く流通していないのかなと

 

ちなみに名前だけで調べるとまずは鉱物が出てきますが

陶器の釉薬に使われているのは銅が多いです

 

赤の顔料として使われていた鉱物の辰砂と

色が似ているので辰砂釉、と呼ばれるようになったそうです

 

写真 2019-05-01 16 36 51.jpg

なぜ急に辰砂について熱く語っているかというと

 

先ほど御来店されたお客様が

 

「初めて買ったうつわが辰砂だったから、ちょっと特別なんです」

 

と仰っていたから

 

初めてのうつわが辰砂

良い響きです

 

ちなみにお抹茶を飲むための茶碗だそうです

 

粋ですねぇ

 

そんなお話を伺っていたら心が温かくなりまして

ちょっと書いてみました

 

あ、

 

新しい元号が始まった2019年5月は

 

写真 2019-05-01 14 34 08.jpg

 

ひっそりと弊社の10周年だったりもします

 

2009年の5月にこの場所でお店をオープンさせて

ちょうど丸10年

 

看板鳥も二代目になり

 

写真 2019-05-01 14 06 31.jpg

タメキチ部長

 

私の上司

 

近づきすぎたら

ちょっと頭でっかちに写ってしまったのは許して

 

でもって

 

OPEN当時の取材記事見たりなんかして

 

10 years ago

 

 

写真 2019-05-01 16 45 11 (1).jpg

 

こんな時代もあったんですよ

 

写真 2019-05-01 16 45 11.jpg

 

ある日お店に来たら誰もいなくて

 

15分くらい待っていても全く誰もいないので

そーっと裏を覗いたら

 

連日の工事に疲れ果てた店主が

ストックで眠っていたのを見つけたのとか思い出しますね

 

これ書いたら怒られるかな

怒られるよね

 

てなわけで

 

オープンから2日目から参加した私も11年目

うっかりAllegoryで2つの時代を生き抜いてしまいました

 

ひっそり10周年

ちゃっかり11年目

 

ニューエラもよろしくどうぞ

それではまた来週!

 

プレスかとう

- comments(0) trackbacks(0)
平成最後の

写真 2019-04-24 13 45 33.jpg

 

ご存知でしたか?

今日は平成最後の水曜日です

 

おぉーー

 

誰もいないので自分で歓声も担当

一人二役も板に付いております

 

さてさて

 

瑞浪の磁器を集めた「うつくしいうつわ展」

 

先週も概要をお伝えしましたが

 

写真 2019-04-24 13 42 12.jpg

 

ラインナップも揃い

ただいま充実しております

 

写真 2019-04-24 13 43 50.jpg

 

先週、miyamaさんのインスタグラムをご紹介したのですが

 

私としたことが

大切な部分を見落としていました

 

Allegoryでの企画展をご紹介いただいている

この日の投稿

 

文章を読み進めていくと最後の4行

 

 

個人的に

 

毎週!

 

愉しみに!!

 

とは

 

ご担当者は人間の姿をした天使ですか?それ以外考えられませんよね

 

 

ちなみに、2018年11月19日の投稿も胸が熱くなります

 

Allegoryでも長らくお取り扱いのあるトーストプレートの開発秘話

 

恐れ多くも下記一部引用致します

 

”自身のパンが好きでしょうがないと言う想いだけに従って、こんな機能が限定された皿が売れる訳がないよと言う白米好きなおじさんたちの冷ややかなプレッシャーに抗いながら、誕生にたどり着いたと言う経緯”

 

普段やらないフォントの級数アップ&斜体からも

私の胸アツ度合いを感じて下さい

 

しかも結びにこれです

 

”更に加えると、その女性スタッフが陶芸の専門学校を卒業する2003年に卒業制作として制作したのが、このトーストプレートの前身です。”

 

何なんですか、泣かせる気ですか

 

そんな経緯は露にも知らなかった私ですが

このプレートは長年愛情を持って販売してきました

 

パン好きの友人への贈り物にしたことも1度や2度ではなく

 

と、すっかり企画展の商材を超えて

miyamaさんを壮大にPRするだけのブログになってきたので話を戻しますね

 

写真 2019-04-24 13 44 33.jpg

 

今日もつやつや、むきたまご肌の磁器たち

 

このイメージフォトをコーディネートした方にも

この場をお借りして勝手にお礼を申し上げたい

 

個人的に麺類史上最強と思っているのは

夏のすだち蕎麦、冬のてんぷら蕎麦、年中鴨せいろ

 

3つ挙げてる時点で

最強という言葉を使うのは間違ってるんですが

とにかく、すだち蕎麦は最高&最強

 

つやつやの磁器にすだち

 

Q)これ以上の組み合わせがあるでしょうか

 

A)いいえありません

 

引き続き店に一人なのでまたも二役です

 

そんな訳で「うつくしいうつわ展」

 

GW中も元気に開催しておりますので引き続き宜しくどうぞ

 

あっ

 

写真 2019-04-17 14 58 13.jpg

 

先週なにやら軒先でごにょごにょとしていたお向かいさん

 

 

もっと楽しそうにして下さい!って言ったら

 

写真 2019-04-17 14 58 16.jpg

 

いいの頂きました

 

この時選んでいたものが

店内に使われているとのことで確認

 

写真 2019-04-24 12 27 29.jpg

 

 

あったあった

 

写真 2019-04-24 12 27 52.jpg

 

縦にも横にも置けるディスプレイシェルフ

 

写真 2019-04-24 13 03 25.jpg

 

これですね

 

写真 2019-04-24 12 29 15.jpg

 

あとはワイヤーのコンポートも確認

 

写真 2019-04-24 12 30 13.jpg

 

かごにベースに

色々とありがとうございます

 

今週末からはいよいよGW

代官山店へお越しの方は、ぜひおやつタイムをお向かいで

 

川崎店は同じフロアにある

箱根ベーカリーさんや丸福コーヒーさんなどでブレイクタイムを

 

ちなみに、令和1日目

5/1は何をかくそう水曜日

 

張り切ってお店番致します

パレードついでにぜひお立ち寄り下さい

 

大型連休のみなさんも、小型連休のみなさんも

お仕事のある方も

 

楽しい5月をお迎えください

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

アレゴリーつれづれ comments(0) trackbacks(0)
うつくしいうつわ展と、4月17日のアレゴリー色々

写真 2019-04-17 13 43 19.jpg

 

先週とはうって変わって

 

春です

 

これが春というものです

 

寒くもなく、暑くもなく

長袖のTシャツ一枚で過ごせる

 

なんと幸せなことでしょうか

 

と書き出したのは昼過ぎでしたが

気づいたら18時になっておりまして

 

若干の肌寒さを感じつつ、長Tのまま続きを書きます

 

先日から始まっている「うつくしいうつわ展」

について書く前に

 

開店してすぐにかわいいお二人が来店

 

写真 2019-04-17 12 42 15.jpg

 

この可愛い夫婦は

茅ヶ崎で小川売店という喫茶と軽食のお店を営んでいます

 

小川売店てなぁに?という方は以下のリンクをどうぞ

 

Good Coffee

Yahooライフマガジン

 

日常で必要なものを買いに

代官山店を利用して頂いていた小雪さん(左)は

今は売店で美味しそうなクレープを焼く職人に

 

店主の卓哉くんは、都内にいた頃よりも少し日焼けして

茅ヶ崎という土地に馴染んでいる様子

 

美味しそうな、馴染んでいるような、と表現が曖昧なのは、

残念ながら私がまだお店に行けていないからなのですが

 

今年こそ、売店でクレープを食べてビールも飲む

最後にコーヒーも飲むんだ

 

と、ここに記しておきます

 

写真 2019-04-17 13 25 37.jpg

 

2人がくれた崎陽軒のシウマイ

 

なんて気の利いたお土産チョイスなんでしょうか

ありがとう売店の2人

 

https://www.instagram.com/ogawabaiten/

 

さてさて

 

写真 2019-04-17 13 43 42.jpg

 

本題でした

 

Allegoryのフェイスブックページではお知らせをしていましたが

 

先日より、代官山と川崎両店で開催中の

 

「うつくしいうつわ展」

 

岐阜県瑞浪市の窯元

miyamaさんの美しい磁器を集めました

 

詳細は上記リンクからご確認を

 

写真 2019-04-17 13 40 46.jpg

 

昨年も開催していたので

見覚えがある子もちらほらいるかもしれません

 

写真 2019-04-17 13 43 19.jpg

この辺は、前回の展示にはなかったmizumizuというシリーズ

 

昔、水上くんという友人が

皆にみずみずと呼ばれていたのを思い出します

 

というのは全くどうでもよくて

 

磁器でこの飴色って、新鮮ではないですか?

 

写真 2019-04-17 14 54 28.jpg

 

こちらは、前回人気だったsuzuneシリーズから

 

いつものセザンヌ場で撮影したら

今日も神々しさが半端ない

 

写真 2019-04-17 14 55 08.jpg

 

なんか手をかざしたらご利益がありそうです

 

店主曰く、極めてきれいな白磁

肌でいうと赤ちゃん肌、だそうです

 

写真 2019-04-17 13 40 46.jpg

 

つやつや〜

 

磁器の軽さ、薄さ、滑らかさは

土物のぬくもりとはまた別の良さがあります

 

気温があがっていくこれからの季節に合う質感ではないかと

 

写真 2019-04-17 13 40 21.jpg

 

企画展はGWを挟んで13日(日)まで開催中

このツルツル感、ぜひ触れてみて下さい

 

https://www.instagram.com/miyama.mizunami/

 

miyamaさんのinstagram

 

ものづくりの過程を丁寧に解説された投稿は

読んでいてとても勉強になります

 

今日は暖かく、色々な方にお立ち寄り頂きました

 

写真 2019-04-17 14 58 13.jpg

 

お向かいの店長とベイカリースタッフさんが

外のストレージ売場前で何やら相談中ですね

 

続きはまた来週に

それではまた!

 

プレスかとう

 

 

 

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
耐熱陶器の簡単レシピ/ラム肉と新たまねぎのクミン炒め

写真 2019-04-05 17 54 27.jpg

 

こんにちは

今週も水曜日です

 

にしても今日の寒さは一体..

 

一度はお別れしたウルトラライトダウンに

再び手を出してしまいました

 

今年の寒暖差はなかなか手ごわいので

皆さまどうぞご自愛下さい..

 

このまま結んでしまいそうだけど

レシピ、レシピでした

 

久しぶりにロティのグリルキャセロールで

ラム肉と新たまねぎのクミン炒め

 

写真 2019-04-05 17 43 41.jpg

先週、店を閉めた後に代官山のピーコックに寄ったら

ラム肉が売っておりまして

 

しかも20%オフ

赤いシールって人を高揚させます

 

鶏や豚、牛と比べるとスーパーでの遭遇率が低いラム肉

見かけるとつい手を伸ばしてしまうのは私だけでしょうか

 

ラム肉と言えば思い出すのが

 

中国・東北地方料理を食べられる

神田「味坊」のラム肉のクミン炒め

 

それ食べたさにしばしば神田遠征する程にはファンなのですが

 

時折衝動的に食べたくなり

且つ神田へ行かれない時に発動するのが「おうち味坊」

 

完全に自己流なのでお店の味とはいかないのですが

それらしい味でもある程度の欲は満たされるもので

 

 

写真 2019-04-05 17 52 01.jpg

 

ラム肉250gに酒大1、醤油小1、塩小さじ半分くらい

紹興酒があれば入れると味が深くなります

 

あとは好きなだけクミンシードを混ぜてもみ込み

冷蔵庫に入れておく

 

クミンは大さじ1くらい

私は大さじ2杯近く入れているかもしれない

 

最低でも30分は寝かせたい

 

私は朝出掛ける時に入れておき夕飯までそのままです

 

写真 2019-04-05 18 01 54.jpg

 

たまねぎ1つは串切り

にんにくもスライスしてまとめてラップしておきます

 

ここまでしておけばあとは夜炒めるだけ

 

写真 2019-04-05 20 49 54.jpg

 

グリルキャセロールに胡麻油とにんにくを入れ

ゆっくり熱を入れます

 

写真 2019-04-05 20 54 12.jpg

 

たまねぎ投入

 

ゆっくり炒めていきます

 

写真 2019-04-05 21 05 31.jpg

 

あれ、急に完成図なぜ

 

お肉を加えて炒めている画を取り忘れました

でも大丈夫

 

たまねぎが柔らかくなったら

あとは漬けてあったお肉をいれて炒めるだけです

 

味見をしてみて、足りなければ醤油か塩で調整で

パクチーをもさっとのせたら完成

 

 

写真 2019-04-05 21 05 52.jpg

 

パクチーが多すぎてラムの存在が無ですが

ちゃんとあります

 

油跳ねがちょっとあっても、そこはご愛敬にて

 

炒め物をしたら、フライパンも洗って食べたお皿も洗って

流しが大混雑!となりがち

 

グリルキャセロールだと炒めたままをテーブルに出せる

 

当たり前なんだけど、地味に助かるのですよね

 

ちなみに

 

臭みがあるからラムはちょっと...的な意見を

たまに聞くのですが

 

クミンの香りが苦手で無ければ

これは割と食べやすいのではないかなーと

 

ラムはお肉の中でも抜群にヘルシーと言われていますよね

 

ラムの脂肪は他のお肉と比べて融点が高く

44度?まで上がらないと溶けないのだそう

 

人間の体温を平均36度としてラムは融点がそれより高いので

脂肪として吸収されにくいから、ということみたいです

 

今日覚えたてのラム知識を披露した所で今週も終わります

 

、ロティグリルキャセロール

Onlineショップから

 

最近リニューアルが完了して

お買い物がしやすくなりました

 

よろしくどうぞ

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
新元号と新生活

写真 2019-04-03 12 52 53.jpg

 

発表されましたね

 

令和

 

平成も残すところあと僅か

5月には3元号キャリアになる予定の昭和生まれです

 

今週も水曜日

張り切って参ります

 

新元号にざわめく世の中ですが

雑貨屋にとって同じくらい大切なのが新生活

 

今日は新生活レコメンドで

写真 2019-04-03 13 11 25.jpg

リユーズガラスのフラワーベース

 

お馴染みリサイクルガラスの花瓶です

 

一輪挿しの健気な佇まいも捨てがたいけれど

どん!と大きめベースの存在感もまた良きかな

 

キッチン道具からはこれ

写真 2019-04-03 12 57 57.jpg

 

楽しく食べる、楽しく作るがコンセプトの

EAトCO(イートコ)

 

EAT+COOKING だから ”EAとCO”

 

写真 2019-04-03 12 58 28.jpg

 

ステンレス製の、トングのような箸のような絶妙な菜箸

 

しっかり持てて、箸先がずれないから繊細な盛り付けにも良いし

このフチ、器やボウルに絶妙にひっかけやすい

 

これは、例えば器なんかに拘りのある方へのギフトにもかなりお薦め

 

いくつあっても便利だし、邪魔にもなりません

 

次はインテリアから

写真 2019-04-03 12 53 48.jpg

アイアンのバスケットも新生活に良い

 

タオルを入れたり、スリッパを入れたり

ソックスなんかもありでしょうか

 

先日これをお買上頂いたお客様は

 

「わたしはこれに傘を立てる!」とおっしゃってました

 

ほぉー傘を!

 

これ、しかもサイズが自由自在

写真 2019-04-03 12 53 50.jpg

 

中身に合わせてお好きにどうぞ

 

キッチンからもう1つ

 

写真 2019-04-03 17 05 00.jpg

 

泣く子も黙るWECK様

 

サイズが欠けていましたが、再入荷で充実しています

 

調味料もコーヒーも、ご飯のお供も乾物も

WECKに入れるだけでなんかいい感じになるから最強

 

最後は心休まる動物たちをどうぞ

 

写真 2019-04-03 12 56 17.jpg

どうぶつマグネット

 

アルパカの密かな人気に驚く最近ですよ

いつからこんなに市民権を得たのでしょうか

 

私のお気に入りはこのお方

写真 2019-04-03 12 56 29.jpg

 

この光の無い瞳

ドナドナが聴こえてきそう

 

見ているとじわじわ好きになってしまう謎の牛

 

うっかり公共料金を払い忘れたりしないように

これで伝票をぴしっとお留め下さい

 

という訳で

かとうの独断と偏見の新生活レコメンド

 

Reuse glass Vase

EaトCO

Iron Basket

WECK

Animal Magnet

 

縦読みすると〜?

 

それではまた来週!

プレスかとう

- comments(0) trackbacks(0)
蒸すは正義

写真 2019-03-27 9 36 23.jpg

 

新元号の発表まであと5日

みなさまいかがお過ごしでしょうか

 

本日お店へ来ましたところ

明らかに桜を意識した装いの店主が

 

 

奥に見えるさくら色の「かすみ」シリーズ

この色ですよね、着てるのは

 

弊店の春スポットとナイスなリンク

 

しかも

 

写真 2019-03-27 12 05 47.jpg

 

足元はコバルトなグリーン

ペールトーンが過ぎる

 

曰く「お向かいさんに寄せた」

 

確かにお向かいはしろといろいろ(いロいロ)さんですが

 

春だからでしょうか

春だからでしょうね

 

さて

 

写真 2019-03-27 9 11 54.jpg

 

最近、春の野菜を蒸して食べるのが地味にブーム

 

キャベツ、菜の花、マッシュルーム、タマネギ

ざくざく切ってオリーブオイルを引いたスタック鍋へ

 

写真 2019-03-27 9 15 04.jpg

 

キャベツの芯に近い部分

タマネギは下に

 

隙間を埋めるようにマッシュルームを

 

最後に菜の花で蓋

 

写真 2019-03-27 9 18 39.jpg

 

白ワイン100mlくらい1を回しかけ

 

最後に追いオリーブオイルを

 

写真 2019-03-27 9 20 00.jpg

 

この画像を見て、アッと思った方

 

違和感を覚えたならば

熱心な4th-market ファンでしょう

 

既視感を感じたならば

この裏日誌を読みこんでいるはず

 

写真 2019-03-27 12 21 42.jpg

 

右 スタック鍋

左 コセール5号鍋

 

 

両方持っている人だけが出来る

「鍋蓋スイッチ」

 

ぱっ

 

写真 2019-03-27 12 22 03.jpg

 

鍋の中身がこんもりしている時

スタック鍋にコセール鍋の蓋を使うというあれです

 

両方持っている人だけに許される贅沢

 

逆(向かって左)は今の所やったことがないですが

勿論モジュールはぴったりでした

流石の4th-marketです

 

中火で待つこと10分

写真 2019-03-27 9 36 23.jpg

 

湯気って尊い

 

塩すら振らずに

白ワインと野菜の水分のみ

 

なのになぜこんなに甘いんだろう

 

熱々は正直そのまま食べるだけでも充分なのですが

 

写真 2019-03-27 9 36 43.jpg

 

ちょっと何か付けても美味です

 

右、以前にも紹介したアルル塩

左、豆乳のタルタルにほぐした明太子を和えたもの

 

しかし「めんたい」って

言葉からまるごと博多を体現していますよね

 

 

写真 2019-03-27 9 39 42.jpg

 

春は浄化の季節

 

苦みのある野菜は

冬に蓄えた余分なものを排出してくれるそうで

 

そもそも野菜は食物繊維が豊富ですし

オリーブオイルもしっかり摂るのでお通じも良くなります

 

身体がなんとなく重いな〜と感じている方は

野菜たっぷりの献立もたまにはどうぞ

 

写真 2019-03-20 12 51 33.jpg

 

今週末は東京の桜も満開になるとか

 

ふと見上げるだけでもでも

色とりどりの花々があって心が和みます

 

お花見がてら、お散歩がてらに

どうぞお出かけ下さい

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
グレープフルーツを探して

写真 2019-03-20 12 23 45.jpg

 

グレープフルーツ色のお皿にのっているのは

グレープフルーツのエッセンシャルオイルです

 

どうもこんにちは

 

こんにちはと癖で書き始めたけれど

お陰様で今日はお店が忙しく、書き始めた今は夜の19時です

 

さてグレープフルーツ

先日お店にいましたら、お客様より

 

「グレープフルーツの何かありませんか?」とのご質問

 

ちょっと斬新ではないですか?

 

聞けば

 

「テレビでグレープフルーツの匂いで痩せるっていうのを見たの!」とのこと

 

ほうほう

何かきいたことあります私も!と盛り上がったのち

 

発見

 

写真 2019-03-20 12 58 22.jpg

 

エッセンシャルオイルがあった

 

アレゴリーで扱っている精油については以前少し書きましたね

 

 

私「こちらが当店唯一のグレープフルーツとなります」

 

お客様「じゃあそれを!!」

 

こんなやり取りのあと、お客様は無事に

"グレープフルーツの香りの何か“ を手に入れた訳なのですが

 

そう、グレープフルーツの香りには確かに

食欲を調整したり交感神経を優位にする作用があります

 

交感神経が優位になると脂肪を燃焼させて

体温が上昇しやすくなることからきっとダイエットに結び付くのでしょうね

 

嗅ぐだけで痩せる訳ではないと思うのですが

食事の前に香りを嗅ぐことで、暴飲暴食を抑えたりすることはあるのかも

 

写真 2019-03-20 13 08 09.jpg

 

精油を垂らすのは

こんなプレートやボール状のものをガラスの容器に載せて

 

グレープフルーツダイエット、とかも昔流行りましたね

どこまでが信ぴょう性のある話なのかは微妙なとこですが

 

こういうのって、信じたもの勝ちというか

 

効いてるな、って思う事で楽になったり気分が良くなるのであれば

それはそれでありなのではないかなというのが私の意見です

 

そういえば、最近読んだこの本にも

グレープフルーツの事が書いてあったんでした

写真 2019-03-20 13 13 32.jpg

 

香りはなぜ脳に効くのか

 

この中に、グレープフルーツは体温上昇に効果があるので

ならば寒い地方の人は好んで食べるのでは?

という疑問から統計を取ったものが載っていまして

 

全国で最もグレープフルーツの消費量が多いのは新潟市

最も消費量が少ないのは宮崎市だったそうです

 

おー

 

ちょっと真実味ある

 

ちなみに、消費量ベスト10も全て東北と関東

ワースト10のうち8は九州と四国だそうです

 

面白いですね

 

身体が本能的に求めるものを人は美味しいと感じる

という話を聞いたことがありますが、それに近いのかもしれません

 

話変わって、今日の朝にご来店頂いたお客様が

こんな本を見せてくれました

 

写真 2019-03-20 12 11 58.jpg

 

TOKYO PRECINCTS 

 

メルボルンから、このガイドに載っているのを見て来たんだよ!と

 

写真 2019-03-20 12 13 26.jpg

 

おおー!かなり前の店内が

 

これ8年前くらいの取材だね〜、と

丁度その場にいた店主とお客様とで、本を見ながら懐かしみました

 

朝からなんとも温かい気持ちに

これって店に立っている醍醐味のひとつだなぁと

 

さて最後にもうひとつ

 

HPの方でもお知らせをしておりますが

代官山店よりおしらせ

 

店内が混雑している時にお電話に出られない場合がありますが

営業はしておりますので宜しくお願いします

 

今週は東京でも桜が咲きそうですね

お花見がてらにぜひお出かけ下さい

 

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
春の色いろ

写真 2019-03-13 16 12 46.jpg

 

時候の挨拶はもはや、春ですねではなく

花粉、すごくないですか?になりつつある

 

3月も真ん中です

しかし今日も飛んでますね

 

花粉症の方がせめても爽やかに過ごせるように

今日は淡い色のうつわを

 

以前にも何度かご紹介した有田焼のterraシリーズ

 

好評につき色や形が欠けがちだったのですが

再入荷して充実しております

 

写真 2019-03-13 16 10 32.jpg

 

緑、青、白

控えめなのに豊かな色

 

コンセプトになっている有田の自然を想います

 

私はオーバルのプレートのブルーを使用しておりまして

 

写真 2019-02-07 10 15 39.jpg

 

って、

完全にお皿よりものっている物に目がいくやつ

 

オンザディッシュは

お向かいシロといロいロさんのフレンチトーストです

 

写真 2019-02-07 10 11 10.jpg

メープルシロップは別添え

 

これを、たらーりとかけて頂く背徳感といったら

 

 

写真 2019-02-07 10 14 35.jpg

 

お皿の話をしていたんでした

 

メープルシロップがかかっていると心が乱されるので

掛ける前の写真で精神を落ち着けます

 

そう、お皿

お皿の話をしていたんですよ

 

このオーバルがなかなか優秀でして

 

ちょっと大きめのサイズだとか

立ち上がったフチが持ちやすくて受けています

 

誰に?わたしに

 

写真 2019-03-13 16 08 50.jpg

プレートもよいのですが

最近このマグが地味に気になる

 

家で温かい飲み物や白湯時(SY)を飲む時

ちょっと大きめのマグが便利で

 

写真 2019-03-13 16 09 36.jpg

 

terraのマグは容量350ml

 

良い

 

300以上は入ると良いよねぇ、と思っていたので

50ml超えてきていて、良い

 

このブルーは、河原で拾った小石の色

 

写真 2019-03-13 16 09 45.jpg

 

個体差はあるのですが

こんな風に、本当に石のような質感なのです

 

こんなにきれいな石を拾った経験はない私ですが

名前から連想する有田の風景にはきっと

こんな石があるのだろうなと思います

 

写真 2019-02-07 10 15 59.jpg

 

フレンチトーストは厚切り

ぜひ春は涼し気な色のお皿でどうぞ

 

しロといロいロさんのパンを

春の色いろなお皿にのせて

 

ロが多めでよろしくどうぞ

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
続・続・続 花と暮らす

写真 2019-02-22 8 53 40.jpg

 

続・続・続

 

書いておきながら

2回までかなと自分で思う

 

次からはしれっとvol.4とかになるかもしれません

 

春が来ているっぽいので

フラワーベースを探している方が多いです

 

写真 2019-03-06 12 49 15.jpg

 

窓辺にずらっと

 

この少し緑がかったガラスベースは

リユーズガラス

 

Re Use (再利用)の名前の通り

リサイクルしたガラスで作られています

 

気泡が入っていたり、少し凸凹があったり

吹き竿からカットした時の小さな突起が残っていたり

 

素材の性質上、ひとつひとつに違いがあり

それが愛嬌になっているような

 

写真 2019-01-16 14 22 18.jpg

 

かとうは少し前に、この細長いタイプを購入

 

一輪挿しよりも少し容量が多くて

長めに切った花や枝をばさっと入れられる

 

まっすぐな形のベースが欲しいなあと

予てからふんわり探していたのですが

 

あった

 

かなり身近に

 

リユーズガラスだとこちらも人気

 

写真 2019-03-06 12 50 52.jpg

 

あれですね、水耕栽培が出来るやつ

 

写真 2019-03-06 12 51 09.jpg

 

ここに球根を乗せるんですよね

 

しかも

写真 2019-03-06 12 51 45.jpg

 

球根入れ(仮名)を外せば

ふつうにフラワーベースとしても使えるっていう

 

お得感ある2way

 

もうひとつ、個人的なお薦めを

 

写真 2019-03-06 12 53 22.jpg

 

ぐにゃーん、と自由な形のボトルたち

 

曲がり方がどれも違うので

好みの形を探してみて下さい

 

 

花のある暮らし、なんてよく耳にしますが

やはり部屋に生花があるのって大事と思う

 

花屋さんで少し長めに切っておいてもらい

水を替えながら毎日ちょっとずつ短く切っていくと

同じ花瓶に挿していても花の見え方が変わっていきます

 

細長いベースに生けていたお花が

段々短くなってきたのを小さな瓶に差し替えたり

 

まとめて生けていたのを小分けにしたり

 

なので、大小、長短

いくつか好きなガラスベースがあると良いと思う

 

写真 2019-03-02 12 46 46.jpg

 

 

ちなみに、生けていたアネモネが独自進化して

だいぶシュールなシルエットに

 

写真 2019-03-02 12 47 10.jpg

 

散った花びらも美しい

片付けは少々大変でしたが....

 

写真 2019-03-05 9 00 23.jpg

 

今はチューリップ

頭が重たくてごろーんと垂れているの愛おしい

 

先日、消えてなくなる物にはお金を払わない

という価値観の話を聞きまして(詳しくは割愛しますが)

 

ふーん、そうかなぁと

 

形で残らなくても、自分がその時間をどう過ごしたか

その蓄積っていつかどこかに出てくるんではないかなぁと

 

いろいろな価値観を否定はしませんけれど

 

枯れてしまう生花だったり、揮発する香りだったり

蝋燭に揺れる灯りだったり

 

形は無くなっても

自分の中では意外と残っていることを

私はふとした時に知ったり思い出したりします

 

Master Card風に言うと、プライスレス

マスター持ってないけど

 

というわけで

 

花を愛でる時間は無形ですが

花瓶はちゃんと、形に残ります

 

それではまた来週!

プレスかとう

 

かとうのつれづれ comments(0) trackbacks(0)
耐熱陶器の簡単レシピ/白菜とあおさの酒粕豆乳スープ

写真 2019-02-27 9 12 33.jpg

 

明日で2月も終わり

3月の気配と共に花粉が飛んでいますね

 

今日は久しぶりに耐熱陶器の簡単レシピ

 

先日、M久保さん執筆による

四日市日出張の時の記録が完結しまして


4th-marketをめぐる旅 2019【1〜4】

http://shop-allegory.jugem.jp/?eid=454

 

4th-market熱、耐熱陶器熱が局所的に高まっているところで

 

写真 2019-02-27 8 40 45.jpg

 

お馴染みのこちら

ささっと食べられるスープでも

 

用意するものはこんな感じ

写真 2019-02-27 8 37 53.jpg

 

酒粕、豆乳、白菜

味付けは味噌や出汁、白醤油などお好みにより

 

それとあおさ少々

 

私は味噌をベースに少し出汁を入れています

 

冬は白菜を良く食べていたのですが

芯に向かっていくうちに大体ちょっと余る

 

写真 2019-02-24 12 08 17.jpg

 

うちの近所の八百屋さんは

男は黙って丸ごと派なのでカット売りはしない

 

さすがにこれだと冷蔵庫にすら入らないので

お願いお願い!と拝み倒して半量を買う

 

それでも食べきるのは大変なわけで

 

なので、残りそうな時は細かく刻んでタッパーに入れておく

今日はそれを使います

 

写真 2019-02-27 8 45 02.jpg

 

酒粕は、板状のものなら1枚(50gくらい)

 

ちぎってスタック鍋に入れて豆乳200mlを注ぎます

 

写真 2019-02-27 8 48 11.jpg

蓋をして1.5分

 

久しぶりの電子レンジ撮

相変わらず上手くは撮れない

 

なんのことか分からない方は

こちら参照にて

 

豆乳が温まり、酒粕が柔らかくなったら

そのまま火にかける

 

レンジで下ごしらえ→調理

ここがスムーズなのが耐熱陶器の良きところ

 

ぐつぐつして来たら白菜を入れます

 

写真 2019-02-27 9 03 48.jpg

 

酒粕と豆乳200mlだけだと

スタック鍋でちょうど半量くらいなのですが

 

白菜をズサーッと入れると大体満量に

水分も出ますのでね

 

白菜が柔らかくなってきたら

水で戻したあおさIn

 

写真 2019-02-27 9 05 17.jpg

 

事故発生

 

お味噌汁に入れる分を一緒に戻していたあおさ

ぼんやりしていたら全量を入れてしまっておりました

 

ラーメン的に言えば海苔マシマシ

好きなので問題ないですが

 

白菜とあおさのスープが

あおさのスープ白菜入り、くらいに逆転はしている

 

良い子は常識的な量でどうぞ

 

写真 2019-02-27 9 10 58.jpg

 

あおさ強めなスープがこちら

 

酒粕って少し酸味がありますよね?

同じく白菜にも酸味が

 

なので、見た目ほどもったりこってりでは無くて

味は割と爽やか目です

 

味噌を小さめのおたまで軽く1程度溶いたぐらいが好み

 

写真 2019-02-27 8 58 34.jpg

 

味噌だとコクがでてしっかりした味

白だしはもう少しあっさりですかね

 

使った酒粕はこれ

写真 2019-02-27 10 10 58.jpg

 

近所のお店で買いましたが

会津若松の大和川酒造という酒蔵のものでした

 

検索したら美味しそうな日本酒ずらり

そちらも気になる

 

以前に甘酒を飲めるようになった話を書きましたが

酒粕も、昔は苦手で全く興味のなかったもの

 

年齢を重ね体質も嗜好も変わり

自ずと欲する物が変わってきたのでしょうか

 

酒粕は自然由来の乳酸菌が豊富な発酵食品

 

発酵食品には免疫力を上げる効果があり

乳酸菌は花粉症を緩和するという説もありますね

 

鼻がムズムズしてくるこの季節

苦手なはずの酒粕を手に取ったのは

身体が必要だと欲しているからなのかと

 

写真 2019-02-27 9 12 50.jpg

ポートレードモードにて

緑は白菜ではなくあおさの色であることがポイント

 

苦手だった酒粕をこうして美味しく食べる日が来るとは

 

ちなみに、もっとさかのぼると

コーヒーを克服した話が出てくるのですが

 

裏日誌は私の味覚変貌の記録でもあるような気がする

 

興味の無かったものや苦手だったもの

それがふとしたきっかけで自分にフィットすることがある

 

食べ物に限らずそれって悪くないなぁと

 

好き嫌いも個性だとは思いつつ

嫌いなものが少ない方が、楽しめることが増えますよね

 

沢山手元にある酒粕をあれこれ料理に使いながら

 

あとは少し前に紹介した

エッセンシャルオイルなんかの力も借りたりしながら

 

今年の花粉症と向き合おうかなと

 

お薦めの酒粕レシピがあればぜひご一報を

それではまた来週!

 

プレスかとう

 

商品 時々レシピ comments(0) trackbacks(0)
<< | 4/47 | >>